お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          赤と黒のものがたり

          京都・丹波の特産といえば、丹波大納言小豆と丹波黒大豆。ともに丹波のブランド食材として知られています。京丹波町は、この丹波ブランド食材・丹波大納言小豆と丹波黒大豆の栽培が盛んな地域です。丹波大納言小豆は、古くから丹波地方で栽培される高級品種の小豆。煮ても皮が切れないことから、切腹をしない公家の大納言に例え「丹波大納言小豆」と呼ばれています。高級和菓子メーカー等からも高い評価を得ています。 また、丹波黒大豆も、全国市場では高値で取り引きされる高級品。「黒豆」は「苦労豆」と呼ばれるほど、種まきから収穫・選別までに大変な手間がかかりますが、丹波高原の自然の恵みを受けて、生産者が手間暇かけて大切に育てた丹波黒大豆の、ふっくら、もっちりした味わいは絶品です。「赤いダイヤ」と称される丹波大納言小豆と「黒いダイヤ」丹波黒大豆。「赤と黒のものがたり」と題して、2つのブランド食材そのものの魅力と、それらをつかったお菓子や惣菜を特集します。

          京丹波のブランド小豆「瑞穂大納言」

          丹波大納言小豆の生産地・京丹波町の中でも、京丹波町瑞穂地区で栽培されているのが「瑞穂大納言小豆」。瑞穂地区は古くから小豆の栽培が盛んな地域で、地域農家の努力もあり、瑞穂大納言小豆の種をずっと守り続けてきました。
          高級和菓子にも使われている瑞穂大納言小豆。色つやの良い俵型の小豆で、しっかりとした小豆の香りが残るため、良質のあん作りができるとあって、高級和菓子メーカーからも高い評価を受けているブランド小豆です。丹波高原の豊かな恵みと農家の惜しみない努力が生み出した瑞穂大納言小豆の上品な甘みと豊かな風味をぜひ一度、味わってみてください。

          古くから高品質な丹波大納言小豆を生み出す産地。

          京丹波町は小豆栽培に最適な気象条件や土壌に恵まれ、古くから高品質な丹波大納言小豆を生み出す産地となっています。生育期間が長く、手作業が多いため、栽培にはかなりの労力を要しますが、その分、品質においては日本一の座を守り続けています。

          「赤いダイヤ」を食す。

          小豆の餡は、京丹波の郷土食。旬の料理、ハレの日の料理として、小豆は「おはぎ」や「ぜんざい」、「よもぎ餅」など様々な料理で食されています。また、地元の和菓子店でも、小豆をふんだんに使ったお菓子が作られています。京丹波町ふるさと納税のお礼の品でもある「和餅(なごみもち)」や「鹿の爪(かのつめ)」などは、小豆の餡の滑らかな食感と、しっかりとした小豆の香りが楽しめる、地元住民からも愛され続けている定番の和菓子です。

          【おいしいレシピ】
          最高級の小豆なので、美味しく炊くのに特別な工夫もコツもいりません。

          【おいしいレシピ】
最高級の小豆なので、美味しく炊くのに特別な工夫もコツもいりません。

          ◎煮方1
          ①小豆は、洗って水につけ、1晩おきます。(アクを抜くため。)
          ②小豆をざるに上げてかけ水をし、厚手鍋に入れ、小豆の5割増しの水を加えて中火で煮ます。沸騰したら、小豆の半分の水を注ぎます。再び沸騰したら、ざるに上げてかけ水をします。(この作業を2~4回くらい繰り返します。)
          ③②の小豆に新しい水をたっぷり加えて中火にかけ、3時間くらい煮て火を止め、そのままさめるまでおきます。(これが、ゆで小豆です。)

          ★粒あん
          ゆで小豆に、少量の煮汁を加えて再び加熱し、小豆がつぶれる程度に煮詰めてから、お好みの甘さまで砂糖を2~3回に分けて加え、最後に塩を加えて仕上げます。(小豆を煮詰めていく際は、鍋に焦げ付かないように、こまめに混ぜながら炊いてください。)
          ★こしあん
          ボールの中にざるを入れ、この中にゆで小豆を煮汁ごと移し、時々水をかけながらよくつぶします。(ざるに残った皮や、ボールの中の上澄みは捨てます。)
          つぶした小豆は、こし袋に入れ、よく絞りだします。これにお好みの量の砂糖と塩を加えて練り上げます。

          ※砂糖の分量は、少し甘めにする場合は小豆の分量×0.8(小豆300gなら240g)、甘さ控えめなら×0.6~0.7くらいが目安です。砂糖はざらめ糖やきび糖を使うのがおすすめです。

          ◎煮方2
          ①洗った小豆を圧手鍋に入れ、たっぷりの水を加えて沸騰させます。
          ②沸騰したらざるに上げて、かけ水をし、アクを除きます。(①~②の作業をもう一度繰り返します。)
          ③煮立った小豆を煮汁ごとポットに注ぎ入れ、フタをして1晩おきます。(これでゆで小豆ができます。)
          赤飯やおこわ用に最適な柔らかさになります。長時間保管する場合は、必ず冷蔵庫で保管してください。

          京都・京丹波町産のブランド小豆「瑞穂大納言小豆」 1kg [010KK005L]

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          京丹波町瑞穂地区のブランド小豆「瑞穂大納言」。京丹波町は小豆の産地ですが、中でも瑞穂地区では「瑞穂大納言」の種を守り続けています。高級和菓子にも使われている瑞穂大納言。大粒で色つやが良く、薄皮で煮詰めても型崩れしない特徴があり、有名和菓子店や料理店からも高い評価を受けているブランド小豆です。生産量が少なく、市場に出回ることがほとんどない瑞穂大納言小豆の豊かな風味を一度味わってみてください。

          丹波大納言小豆Lサイズ1kg [010NA004]

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          丹波大納言小豆は古くから丹波地方で栽培される高級品種の小豆です。丹波の小豆は、煮ても皮が切れないことから、切腹をしない公家の大納言に例え「丹波大納言小豆」と呼ばれています。色艶よく、粒が大きく、甘みと風味豊かな極上の逸品です。

          京丹波町和知地区の銘菓 「和餅(なごみもち)」 [010SF002]

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          もちもちとした生地の中には、丹波大納言小豆の大粒の食感が楽しめる粒あんがぎっしりと詰まっています。その豊かな風味と小豆本来の上品な甘みを味わえる和菓子です。

          地元で愛され続ける老舗和菓子店の名物「鹿の爪(かのつめ)」 [010SF005]

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          京丹波町和知地区の老舗和菓子店が手作りする栗入りもなか「鹿の爪(かのつめ)」。ぎっしり詰まった京丹波産丹波大納言小豆のつぶあんは、小豆本来の甘みがしっかりと感じられ、さらにつぶあんの中に入っている丹波くりの風味を引立てます。京丹波産の大粒小豆のつぶあんと栗の入った極上もなかです。

          黒いダイヤ・丹波黒大豆

          丹波黒大豆の特徴は、大粒、粉ふき、食味の良さ。お正月のおせち料理などに最適です。「食のまち・京丹波町」が誇る大粒でコクと甘み豊かな極上の黒大豆・和知黒の風味をぜひ味わってください。

          大粒に凝縮された豊かなコクと甘み。

          丹波黒大豆がおいしい訳。それは丹波高原の気候・風土にあります。秋が深まる頃、寒暖差の大きい丹波高原には「丹波霧」と呼ばれる濃い霧が発生します。この丹波霧の冷却効果により、大粒の中にコクと甘みが凝縮され、豊かな風味の丹波黒大豆がはぐくまれています。
          また、「黒豆」は「苦労豆」と呼ばれるほど、種まきから収穫・選別までに大変な手間がかかりますが、生産者の高い生産技術と惜しみない努力が、最高級の丹波黒大豆を生み出しているのです。手間暇かけて大切に育てた丹波黒大豆の、ふっくら、もっちりした味わいは絶品です。

          「黒いダイヤ」を食す。

          黒大豆は、一般的にはお正月のおせち料理に登場する食材ですが、地元・京丹波町ではお正月以外にも昔から各家庭で煮豆などにして食している身近な郷土食です。ふっくらと炊いた大粒の丹波黒大豆。しわが無く、煮ても型崩れしにくい丹波黒大豆を口にすると、もっちりとした食感と、濃厚な黒大豆の甘みと香りが広がります。京丹波町ふるさと納税のお礼の品でもある「黒豆煮」や「黒豆パン」「黒豆おからのしっとりケーキ」などは、丹波黒大豆のふっくらもっとり食感と黒豆の風味が楽しめる逸品です。

          【おいしいレシピ】
          丹波黒大豆の煮方

          【おいしいレシピ】
丹波黒大豆の煮方

          (材料)
          丹波黒大豆   カップ2杯
          砂糖      カップ2.5杯
          食塩      小さじ1/4杯
          重曹      小さじ1/4杯
          濃口しょうゆ  大さじ2杯
          古くぎ     大3本
          50~60℃の湯  カップ5杯

          ①黒大豆をきれいに洗って、大きめの鍋に入れ、上の材料全部を入れて1晩おきます。(古くぎはタワシで洗ってガーゼに包んでから使います。)
          ②①を中火にかけて煮ます。(落し蓋をして豆がおどらないようにします。強火にしないように。)
          ③沸騰したら水カップ1/2杯の差し水をします。
          ④弱火にして、泡をすくいとりながら4~5時間煮ます。(ここで古くぎをを除きます。)
          ⑤豆が浸るぐらいの煮汁になれば、火を止め、煮汁につけたまま(落し蓋をして)おきます。
          (長期間保管する場合は、必ず冷蔵庫に入れて保管してください。)

          京丹波産 丹波黒大豆 2L 500g (数量限定 60セット限定) 令和2年度産 [010KK006]

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          丹波黒大豆の特徴は何と言っても粒の大きさ。「食のまち・京丹波町」が誇る逸品です。大粒でコクと旨味豊かな極上の黒大豆の風味をぜひ、味わってみてください。

          京丹波町和知地区の逸品黒大豆「和知黒」2Lサイズ500g [010NA003]

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          丹波黒大豆の中でも京丹波町和知地区で栽培されたものは「和知黒」と呼ばれ、生産地域が限られたさらに希少な存在。和知黒は大粒、粉ふき、食味の良さが特徴です。

          京丹波産の丹波黒大豆使用 黒豆煮 [010SA002]

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          丹波黒大豆の素材本来の風味を味わっていただくため、甘さ控えめに自然の甘味を引き出し、じっくりと、ていねいに仕上げています。そのままお召し上がりになるも良し、ケーキや和菓子のトッピングとしてもお召し上がりいただけます。

          京丹波産の黒豆100%使用 手づくり 黒豆みそ 3個セット [010HS001]

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          地元で採れた丹波黒大豆だけを使って、地域の女性たちが丹精込めて仕込んだ郷土の伝統食「黒豆みそ」。全国の市場でも高値で取り引きされる京都・丹波の名産「丹波黒大豆」だけで作る黒豆みそは、コク深い、贅沢な味わいです。

          京丹波・黒豆おからのしっとりケーキ詰め合わせ [011KA001]

          11,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          京都丹波の黒大豆のふっくらとした食感とコクのある風味を存分に味わっていただけるケーキが。丹波黒大豆の一大生産地である京丹波町において唯一、黒豆豆腐を作り続けている名店・小畑豆腐店の黒豆おからと京丹波産・丹波黒大豆を贅沢に使用したケーキ「京丹波黒豆おからのしっとりケーキ」と、黒豆おからとドライフルーツ、ナッツで作るカップケーキ「黒豆おからとドライフルーツのケーキ」の詰め合わせです。

          京丹波町産黒大豆を贅沢に使った黒豆食パン4種セット [010KP001]

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          ミニ食パンなので、気軽におやつ感覚でお召し上がりいただけるサイズです。しかも、通常の菓子生地のほか、麦の風味がシンプルに味わえる「麦穂」や菓子生地に抹茶を練りこんだ「抹茶」風味、柚子を練りこんだ「ゆず生地」の4種類の味の黒豆パンをお楽しみいただけます。
          京丹波黒豆のパン屋さんが作る黒豆パンは道の駅でも人気の商品です。黒豆パンの魅力は何と言っても使っている黒豆の量。そして黒豆パンというシンプルさも選ばれる理由の一つでしょう。