お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

「幻のカニ」間人(たいざ)ガニ

日本海で獲れる松葉ガニの中でも、丹後半島にある間人(たいざ)漁港で水揚げされたもの、かつ船上で漁師自らが厳しくチェックをし、「たいざガニ」のブランドタグをつけられたものだけが銘打つことのできる、希少価値の高い最高級のカニです。

ブランドタグとは?身分証明書⁉

 松葉ガニにはいくつかのブランドがありますが、その地域で獲れたカニとそうではないカニを区別するために、身分証明書の代わりに各漁港のプラスチックタグが付けられており、 
間人ガニには緑のタグがついています。これは、船に揚げられてすぐ、厳しいチェックの後漁師たちの手によって付けられたものです。
 緑色のブランドタグは、身詰まりや大きさ、重さ、キズや色つや、形の良し悪し、成長の度合いなど、厳しい条件を満たした間人ガニの証となっています。

毎年 11 月 6 日、丹後半島間人港ではズワイガニ漁が解禁となります。

 間人港で水揚げされる間人ガニは、京都府の最北端経ヶ岬の沖合いという、港から日帰り操業が可能な近場に好漁場があるため、群を抜く鮮度を誇っています。
この抜群の鮮度に加え、船上で漁師の厳しいチェックを受けてから間人港に水揚げされる間人ガニは、極上の肉質、身詰まり、味等全てが最高級と言われ、多くの方に愛されています。

間人ガニはなぜ最高級と言われるのか

 間人ガニの漁場は、水深約 230 ~ 300mの海底にあり、この海底にはカニの餌となる生物やプランクトンが豊富に生息しているため、間人ガニはたっぷりの栄養に恵まれて育ちます。
 そして、その間人ガニの漁をする漁師たちは、敬意を払うように、細心の注意と真心をもって大切に漁をします。漁が終わった後も、間人ガニは活きたまま港へ運ばれ、競りが始まる直前まで海水の入った水槽に入れらることで、鮮度が維持されます。

「幻のカニ」と呼ばれる所以

 間人ガニは、5隻の小型底曳網漁船で操業されています。
日本海の冬のカニ漁は、寒さも揺れも私たちの想像を遥かに超えるほど厳しく、小型漁船でのカニ漁はまさに命がけ。
 また、冬の日本海は海が荒れることも多く、漁に出られない日も少なくありません。そのため、間人ガニは漁獲量が少なく、とても希少価値が高いことから「幻のカニ」とも呼ばれています。




ふるさと納税で間人ガニをご堪能いただけます!

間人ガニ以外にも美味しいカニがございます!ぜひ、お楽しみください!