お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

三重県志摩市は真珠養殖業発祥の地です!

 真珠養殖で有名な御木本幸吉氏らは養殖の試験場として英虞湾の入り江を選びました。プランクトンが多く、潮の流れがよい穏やかなこの湾がアコヤ貝の生育に適していたからです。先人たちの技術は、今もなお、三重県志摩市の職人たちに受け継がれており、この地でつくられるアコヤ真珠の品質は世界的にも名高く、今なおファンの心を掴んで離しません。

アコヤ真珠は自然の中で養殖人の手によって生まれます。その1粒1粒の色・形・光沢・巻き厚は同じでは無く、時にはエクボや変形などもあります。それもまたアコヤ貝の中から生まれた個性であり、本物の証です。

~一粒の真珠が生まれるまで~

真珠は、貝類の体の中でつくられる真珠層が核となる物質を包み込むことで作られます。
真珠を育てるアコヤ貝の育成を含め、3~4年をかけて、ようやく一粒の真珠が生まれます。
養殖に使うアコヤ貝は、水温が10℃以下になると死んでしまうため養殖業者は、冬の間は暖かい南の海へ移動させます。
暖かくなったら、アコヤ貝に、メスを入れ、貝殻を丸く削った「核」を入れます。
アコヤ貝の傷を癒すために、波の穏やかな漁場で一週間ほど安静させたあと、沖合の真珠筏に移して本格的に真珠の育成が始まります。
養殖業者は、真珠の育成の7か月~1年6か月の間も、海の水温・酸素量・比重・プランクトン量など、漁場の環境変化、赤潮の発生や台風など自然災害も多いため油断は出来ません。
また、アコヤ貝には様々な生物が付着するため、頻繁に掃除することも必要です。
丹精込めて育てた真珠をアコヤ貝から取り出す「浜揚げ」は、12月~2月にかけて一斉に行います。
この時期は水温が低下して、きめ細やかな真珠層が形成されるので、真珠の表面が最も美しく仕上がります。
一粒の美しい真珠は、豊かな志摩の海と養殖業者の努力により生み出されます。

志摩市には魅力的な真珠の返礼品がたくさんあります!

akoya PrincessⅡネックレス

あずきチェーンシャンク編み仕立てで丁寧にひと粒ひと粒編み上げた特別なオリジナルジュエリー。
着け心地にこだわり、繊細な手作業にてひとつひとつ丁寧にお仕立てしています。

三重ブランド ロングネックレス

御木本幸吉翁が志摩市でアコヤ真珠を産出してから120年余、伝統の技術を脈々と受継いだ真珠職人が丹精込めてお作りしました三重ブランド第一号認定のアコヤ真珠をお届けします。

愛でるあこや真珠

今から半世紀以前の昭和40年台に「英虞湾」で養殖され、職人が「自分の誇り」として大切に保管していた珠で、
穴もあけず、加工も行っていない、貝から取り出したままの姿です。
手のひらで転がし、「あこや真珠」の柔らかな輝きをお楽しみください

老舗の真珠専門店・花珠級アコヤ真珠ネックレスセット

テリ・艶・色・巻き全て高品質の鑑別書付、アコヤ真珠ネックレスセットです。冠婚葬祭から普段使いまで、どのような場面でも格式高く演出してくれます。

志摩産アコヤ真珠・ステンレスワイヤー玉入りネックレス

カジュアルに使っていただける様に、ステンレスワイヤー(ブラックカラーコーティング)に大小のアコヤ真珠を散りばめたスタイリッシュなネックレス。金具部分(アジャスター)で、長さ調節が可能です。

アコヤ真珠 イヤーカフ

綺麗なホワイトピンクのベビー真珠です。最高の色で赤みの差すとっても深みのあるあこやならではの輝きです。
枠は18金無垢のダイヤ輝くシンプルな最新デザインのイヤーカフです。

プチパールペンダント

使い勝手の良い全長45㎝の長さ調節可能なチェーンを通して胸もとに軽やかなリズムを表現したプチパールペンダント。
返礼品限定としてご紹介しております。
※クロまたはピンクのいずれか一つをお選びください。

あこや真珠ペンダント

志摩の美しい海で育てられたあこや真珠を次の世代にも繋いでいきたい。
大切なあなたと真珠を「結ぶ」
伊勢志摩と世界を「結ぶ」
真珠をもっと身近に・・・・・そんな想いを込めて出来たオリジナルデザインブランド「結~Yui~」のペンダントです。