日本最大の生産量を誇る三州瓦!愛知県高浜市の鬼師の技が光る瓦特集

300年も前から瓦が作られ続けている愛知県高浜市。中でも、作り手が魂を分け与えるような気持ちで制作する「鬼瓦」は、知恩院や平安神宮、熊野神社などの神社仏閣でも用いられています。また、高浜市のご当地グルメ「とりめし」が味わえる品なども充実。

日本三大瓦のひとつ、日本最大の生産量を誇る「三州瓦」とは?

三州瓦とは、愛知県西三河地区の旧国名「三河」を意味する「三州」を冠にした粘土瓦のことで、石州瓦、淡路瓦とともに日本三大瓦として全国に知られています。高浜市は古くから瓦に適した粘土が掘れたこと、船便による運送が容易な場所であったことから、瓦産業が発達してきました。
昔は全国各地にいた鬼瓦職人「鬼師」ですが、現在日本で活躍する鬼師はおよそ150人ほど。その半分以上が西三河で活躍しています。熟練した専門技術が必要な鬼師への道は険しいものですが、伝統的な三州瓦を守ろうと若手鬼師たちも活躍しています。

伝統を守る!愛知県高浜市の鬼師が作る瓦

ご当地グルメも盛りだくさん!まだまだある高浜市のお礼の品!

【寄附金の使い道】活力あるまちづくりのために活用

寄附金の活用方法を選択していただき、ご寄附いただいた方の意向を市政に反映させていきます。

1. 活力あるまちづくり事業(地域コミュニティの再生、地域の活性化)
2. 未来を担う人づくり事業(子どもの健全育成、生涯学習及び教育の振興)
3. 健康で生きがいのあるまちづくり事業(高齢者や障がい者の福祉の増進)
4. 安全・安心なまちづくり事業(防災・減災・防犯、地域の安全・安心なまちづくりの推進)
5. その他市長がふさわしいと認める事業(芸術・文化・スポーツの振興、環境、産業振興、観光、行政改革など)

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む