お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

小牧で育まれたものづくりの技術

小牧ジャンクション、名古屋(小牧)空港、尾張小牧ナンバー。 みなさんは「小牧」というまちを耳にしたことがありますか? 小牧市は、愛知県北西部、濃尾平野のほぼ中心に位置する人口約15万人のまちです。 市内には県営名古屋空港や東名・名神・名古屋高速道路、中央自動車道を有しているため多方面からのアクセスに非常に優れています。 この利点を生かし積極的な工業誘致に取り組むことで、県下有数の産業都市へと成長してきました。

きらっと光る、MADE in komaki

小牧市で技術を培った企業や事業者のこだわりの逸品をご紹介します。

■三菱パジェロのシートと言えば丸菱工業株式会社

ーすべてはお客様に最幸(最高の幸せ)を提供するために—

ーすべてはお客様に最幸(最高の幸せ)を提供するために—

1964年の創業以来、私たち丸菱工業はこの言葉を胸に技術力を磨き、最高レベルの安全性と快適性を兼ね備えた自動車シートを製造してきました。
実に170以上の国や地域の人々がハンドルを握ってきた4WDの名車「三菱・パジェロ」のシートは100%丸菱工業製。私たちの確かな技術は、世界中のお客様から高く評価されています。

私たちが技術力と同時に磨いているのが開発力。半世紀以上かけて培ってきた高い技術力をバックボーンに、新しいものを創造する力を蓄えてきました。新しい自動車に合わせた新しいシートはもちろん、自動車に乗らない方々の生活に密着した新たな製品をいくつも世に送り出しています。

自動車シートメーカーが追求した最幸の座り心地「スポッとクッション」(6色から選択)[023M01]

25,000円以上の寄付でもらえる

データが証明する「最幸の座り心地」。
自動車のシートメーカーが人間工学にもとづき、感覚ではなく正確な測定から最幸の座り心地を追求しました!
体圧分散性に優れた立体形状の座面により、長時間座っても疲れにくく、座る姿勢を改善させ、腰の負担を軽減します。

■110年余りの老舗義肢装具メーカー 株式会社松本義肢製作所

「信頼感から生まれる、使い心地のよさを求めて」

「信頼感から生まれる、使い心地のよさを求めて」

私たちは1世紀余に亘って培ってきた技術と経験で、一つひとつ丁寧に製品を仕上げています。
医師の処方に従い、身につけるお客様の気持ちになって採寸・採型し、オーダーメイドで義肢・装具をつくりあげていきます。

110年余りの老舗義肢装具メーカーが開発した「足」に関する数々の品。

義肢や装具づくりにおける110年余りの歴史と卓越された技術力を有する老舗義肢装具メーカーのノウハウがこれを可能にしました。老舗義肢装具メーカーの医療のノウハウと元アスリートの経験則から生まれた「FUSION-FLEXI」は、競技力の向上とケガの予防に効果を発揮。そのすぐれた機能が国内や世界を舞台に活躍する数多くのプロアスリートから高い評価を受けています。

ゴルフ用スポーツインソール「フュージョンフレキシーforG」[030M05]

20,000円以上の寄付でもらえる

「外側への安定感を求める競技の大きな支え」
足裏の形状やゴルフの動きに合わせて柔軟にフィットする反発力のある材料を採用し、安定性を向上、反発を活かした無駄のないスイングをサポートします。また、ゴルフ専用モデルとして左足では左側を、右足では右側を高くしているので、”スイング中の壁”を感じる構造になっています。さらにクッション性を増すことで疲労とケガのリスクを軽減し、最後までパフォーマンス力を維持します。
ゴルフだけではなく、あらゆる外側への安定性が求められる競技(バスケットボール、バドミントン、トレイルラン等)や、捻挫やO脚等外側への不安定性を抱える競技者に対しても大きな支えとなります。

■本物のレースと見間違える程の独自技術を持つ、株式会社トーワ

ー素材の可能性を切り拓くー

ー素材の可能性を切り拓くー

トーワは、1971年、塩ビレースのテーブルクロスの製造工場としてスタートしました。そのテーブルクロスで培った高い技術とノウハウをベースに生まれたのが、各種の塩ビマット。

現在、この2つの製品を柱に事業を展開。高い技術と品質へのこだわりから生まれた製品は、日本のみならず世界各国に流通ルートを拡大。世界中の皆さまに感動と満足をお届けしています。

◆こだわり①【ダイヤレース】
トーワのレースは「ダイヤレース」の愛称で呼ばれ、世界中の女性たちの憧れのブランドに。「置くだけでお部屋の雰囲気が素敵に変わる」と、大好評をいただいています。

◆こだわり②【ダイヤマット】
トーワの高い技術力が生み出す合成樹脂マットは、紫外線や雨水、温度変化など、自然環境による変質・変色や劣化に耐える「耐久性」に優れ、コンクリート通路の足音、振動の響きを吸収し、「防音」「防振効果」を発揮します。

お手入れ簡単!ビニール製レーステーブルクロス(2種類から選択)[036T01]

10,000円以上の寄付でもらえる

本物のレースの優雅さ、繊細さを見事に再現した塩化ビニール製のレーステーブルクロスです。
汚れたらさっとひと拭きで綺麗になるビニールのクロスは、子育て中の方や、介護に携わる方々の強い味方。
また、上にかけるだけで大切なテーブルを衝撃や汚れから守ることができます。

■造形師自らの手でお届けするフィギュア 株式会社STUDIO24

ー最高の情熱と共にあなたのお宅にお届けしますー

ー最高の情熱と共にあなたのお宅にお届けしますー

愛知県小牧市のご当地キャラクター「こまき山」を、小牧市出身の造形師、稲坂浩臣によってガチンコの立体化!!

普段は主に『キン肉マン』のフィギュア製作などに関わり、2017年には『ドラゴンボール』の造形を競う「造形天下一武道会」にミスター・サタンで参加し、優勝。

造形だけでなく、フィギュアの量産も自ら行うフィギュア界の異端児。
フィギュアの原型から彩色、生産、時にはパッケージングまで行うことで、最高のフィギュアを皆様に届けるべく日々奮闘しています。

造形師として一貫製作にこだわります。

フィギュアができるまでには、原型を作る、色を塗る、組み立てるなど様々な工程がありますが、今はそのほとんどが分業で、別々の場所で別々の人の手で作られています。

私は造形師として、”フィギュアが作り手を感じられるアート”として商品になるすべての工程に携わることを理想としています。
その思いを叶えるべく立ち上げたSTUDIO24の工房では、粘土の原型から金型を作り、塗装し、組み立て、箱に詰めるまで手がけています。

こまき山ソフビフィギュア(彩色版)[033S01]

20,000円以上の寄付でもらえる

愛知県小牧市のご当地キャラクター「こまき山」を、小牧市出身の造形師、稲坂浩臣によってガチンコの立体化!!

ゆるきゃらと言ってもあなどるなかれ。立体としての質感や動きそうな筋肉のディテール、体の丸みや手のしわなど細部にまでこだわり作り上げました。こまき山に生命を吹き込んだ逸品です。

■織田信長公のオリジナルジュエリーが豊富な宝飾工房K'sCRAFT

ー「小牧山城」の歴史的価値をたくさんの方に知って頂きたいー

ー「小牧山城」の歴史的価値をたくさんの方に知って頂きたいー

史跡小牧山の麓で、小牧市のシンボルロードでもありますハナミズキ通りにて、工房&ショップを構えます当店は、1997年にこの地で開業いたしました。ご婚約、ご結婚に関するオーダーメイドジュエリーを始め、お客様の思い出の詰まった掛け替えのないジュエリーのリフォームや修理などにデザインと技術で日々お応えいたしております。

近年、小牧山で行われております発掘調査の成果により、織田信長公が初めて自ら築いた石垣の城「小牧山城」の姿が徐々に明らかになりつつあります。
この「小牧山城」の歴史的価値をより多くの皆様に知って頂きたいとの想いから、当店では約8年前より信長公の家紋をモチーフにいたしましたオリジナルジュエリーをデザイン、制作いたしており、お城ファンや歴史ファンに高いご支持を頂いております。
また、数年前より信長公が小牧山城築城時より使用した「麒麟の花押」をモチーフにデザイン、制作いたしました各商品も販売を始めており、こちらは当時の信長公の思想に触れる事が出来る特別なアイテムとして多くの信長公ファンにご愛用頂いております。

織田信長公 麒麟の花押タイタック[016K02]

35,000円以上の寄付でもらえる

織田信長公が小牧山城在城時より使用しておりました「麒麟の花押」をモチーフにデザインいたしましたスターリングシルバー製タイタックです。
こちらの花押は天下泰平の世にしか姿を見せないといわれる古代中国の想像上の動物「麒麟」の「麟」の字が象られています。麒麟の花押に込められた信長公の想いをぜひ感じてみて下さい。

\そのほかにもまだある、小牧市自慢のモノ/

【寄附金の使い道】6つのコースからお選びいただき、事業活用します

皆様からいただいた大切な寄附金はお選びいただいたコースに合わせて各種基金に積み立て、翌年度以降の事業に活用しています。

1.こども夢・チャレンジ、教育応援コース
2.お年寄りや障がい者にやさしいコース
3.環境にやさしいまちづくりコース
4. 文化の薫るまちづくりコース
5.スポーツに親しむまちづくりコース
6.市長におまかせコース

以下は活用事業の一例です。
【JFAこころのプロジェクト「夢の教室」開催事業】
JFAこころのプロジェクト「夢の教室」(日本サッカー協会)のカリキュラムにより、様々なスポーツ選手が「夢先生」となり「夢の教室」と題した90分の授業を市内小学5年生を対象に全45クラスで実施。自らの体験をもとに、「夢や目標を持つことの素晴らしさ、その夢や目標に向かって努力することの大切さ、フェアプレーや助け合いの精神の育み」などを講義と実技を通して子どもたちに伝えることで、子どもの人格形成を支援する事業費の一部に使用しました。