はじめての方でも安心!確定申告ガイド
お礼の品掲載数 申し込み自治体数 選べる使い道数 ふるさと納税サイトNo.1

※1 2017年12月8日~11日 調査委託先:マクロミル ※2 2017年11月2日自社調べ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

いいね!いぬやま 愛知県犬山市特集

写真

犬山市ってどんなまち?

愛知県北西部に位置する犬山市は、国宝犬山城をはじめとした歴史文化と、清流木曽川と東部丘陵に囲まれた、歴史・文化・自然・ひとに恵まれたまち。

市の西部は、濃尾平野の一部をなし市街地、農地、工業地として利用され、市の北を流れる木曽川の一帯は名勝に指定され、1300年の歴史を誇る伝統的な鵜飼も行われています。東部の丘陵地は、緑豊かな里山が広がり、国天然記念物のヒトツバタゴ自生地や人工池の入鹿池が所在します。

 

国宝犬山城

写真

木曽川のほとりにそそり立ち、別名「白帝城」とも呼ばれる「犬山城」は、天文6年(1537年)に織田信長の叔父信康が築城しました。国宝に指定されている天守は、現存最古と言われ、天守最上階からの眺めはまさに絶景です。

 

博物館明治村

写真

明治時代を中心とした建造物を移築・保存する野外博物館。動態展示では日本最古のSL体験乗車、当時の味を再現・アレンジしたグルメも楽しめる。

 

入鹿池

写真

国内2番めの大きさを誇る人造湖。平成27年10月に世界かんがい排水委員会の「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

 

国史跡 東之宮古墳

写真
全長67mの前方後方墳。3世紀後半に築造され、昭和48年の発掘調査で三角縁神獣鏡など200点の副葬品が発掘された。この鏡の鏡面に太陽光を反射させると裏の文様が映し出される「魔境」現象が見られることが話題になりました。

 

木曽川うかいについて、もっと知ろう!

犬山市が受け継ぐ伝統漁法

写真
 

木曽川うかいとは?

写真
この木曽川で1300年以上前から続く古代漁法「木曽川うかい」。鵜飼舟に乗った鵜匠が鵜(海鳥の一種)を訓練し、川魚を捕らせます。鵜飼舟にはそれぞれ鵜匠と船頭が乗り込み、1人の鵜匠が操る鵜は10羽。鵜の首に手縄をつけ、鵜匠の巧みな手縄さばきに促され、鵜たちは水中へ潜り、鮎をはじめとする川魚を捕らえます。

写真
鵜が魚を捕まえて水面に上がってくると、鵜匠は手縄を引っ張り、鵜が捕らえた魚をはき出させ、それを何度も繰り返すことで漁を行います。「ホーウホーウ」と威勢のよい鵜匠のかけ声、水中と鵜匠の手元を何度でも行き来する鵜。1300年前から続く歴史絵巻が、ここ犬山市で受け継がれています。

 

ガバメントクラウドファンディング実施中!

写真

先人から受け継がれてきた1300年の伝統漁法を未来に伝承するため、そして多くの皆様に、この夏の古典絵巻を楽しんでいただくため、皆様のご支援をお願いいたします。皆様からの寄附金は、鵜匠と船頭の育成、鵜の飼育管理と教育、鵜舎や鵜舟の修繕など、「木曽川うかいの存続」のために大切につかわせていただきます。

犬山市のお礼の品をご紹介!

E-03_名鉄犬山ホテルご宿泊券2名様分(㈱名鉄犬山ホテル)

100,000円以上の寄附でもらえる
100,000円以上の寄附でもらえる
国宝犬山城を望み、温泉を有するホテル。四季折々の味覚を味わう夕食と、日本庭園「有楽苑」もお楽しみください。宿泊は1泊2食、有楽苑の入苑券付。

【内容】全て2名様分
【宿泊券(平日利用)】1泊2食、夕食はレストランにて旬の食材を使った料理、朝食は和洋バイキング料理。※除外日があります。
【有楽苑入苑券】国宝茶室「如庵」を有する日本庭園「有楽苑」の入苑券と抹茶とお菓子の呈茶付。
使用期限:半年

 

B-14_フレンチ創作料理なり多ランチペア食事券(フレンチ創作料理なり多)

20,000円以上の寄附でもらえる
20,000円以上の寄附でもらえる
文化財奥村邸内のフレンチレストランです。旬の素材を使用したランチです。ペアソフトドリンク付きのお得なチケットです。

【内容】ランチペアチケット 1枚(シェフモード2名様分)
有効期限:発行日より1年間

 

C-03_飛騨牛サーロインステーキ(㈲肉の小川)

30,000円以上の寄附でもらえる
30,000円以上の寄附でもらえる
1頭買いの職人が厳選する【特選飛騨牛】!きめ細かく柔らかで旨みたっぷりの牛肉をご賞味ください。

【内容】飛騨牛サーロインステーキ 約200g×3枚

 

A-08_金しゃちビール 受賞飲みくらべセット(盛田金しゃちビール㈱)

10,000円以上の寄附でもらえる
10,000円以上の寄附でもらえる
【アジアビアカップ】、【インターナショナルビアコンペティション】など多数受賞した金しゃちビール5銘柄の飲みくらべセットです。

【内容】青ラベル(ピルスナー)、赤ラベル(アルト)、IPA(インディアペールエール)、プラチナエール(ホワイトビール)、名古屋赤味噌ラガー(発泡酒) 各330ml瓶(計5本)

 

D-02_ベビーカー hugme mini ボーダーG

50,000円以上の寄附でもらえる
50,000円以上の寄附でもらえる
子育ては、もっと事由に、もっと快適へ。ハグミーミニでこそだてを楽しみましょう!カトージでは、「ママが楽しいベビーグッズを」という企業コンセプトをかかげています。この他にも、赤ちゃんの必需品が揃っています。

【サイズ】使用時:W48.5×D80×H104cm、折りたたみ時:W34×D45×H104cm
【重量】約8.1kg
【対象】生後1ヶ月~18kg
【付属品】アームバー、ヘッドサポート、肩ベルトカバー、リストラトル、レインカバー、日除けカバー、タイヤカバー

 
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

ふるさと納税で東京のスポーツを応援する

  • ふるさと納税で東京のスポーツを応援する
    【東京都世田谷区】東京大会まであと2年!アメリカ選手団を受け入れ、馬術競技の開催地となる世田谷区の運動場を、誰もが利用できる施設へと整備します。

スタッフ厳選!注目の特集

こだわりのうなぎ特集
お国自慢の日本酒特集
期間限定特集
こだわりのパン特集
厳選!全国のお肉特集
スイーツ特集
スタッフオススメ特集
初めての方にもおすすめ!1万円の寄附でもらえるお礼の品特集
北海道夕張市 ReSTART

ガバメントクラウドファンディング

ふるさと納税で地域の課題解決を応援

  • 年間10,000頭以上が殺されています~日本で殺処分される犬を”ゼロ”に~
    【広島県神石高原町】これ以上ワンコを殺処分させない。戌年の今年は「犬の殺処分ゼロ」を広島県から全国へ広げます。
  • 三鷹市山本有三記念館の改修工事にご支援を!
    【東京都三鷹市】築90年を超える指定有形文化財を後世に残したい!多くの文学ファンに愛されてきた「三鷹市山本有三記念館」を末永く守ります。
  • 日本一さくらんぼの里に地域初の病児保育施設をつくろう!
    【山形県寒河江市】人口減少に歯止めを!地域発の病児保育施設を建設し、地場産業で働く親世代を支えるプロジェクト。
  • 三陸海岸の霊峰・五葉山に「安全な避難小屋」をつくり、人の命を守りたい!
    【岩手県大船渡市】自然の驚異を目の当たりにした東日本大震災から7年。大船渡市の美しい自然を愛する人々の命を守るため、避難小屋を改築します。

災害支援

  • 草津白根山噴火
    【緊急・群馬県草津町】草津白根山噴火における災害支援寄附受付フォームを開設しました。皆様のご支援をよろしくお願いします。
  • 極上黒毛和種 宇部牛焼肉用カルビ肉

    焼肉用カルビ肉が800g入っています。美味しいお肉に会話も弾み、よりいっそう楽しい時間が過ごせること間違いなしです。
    2017年10月20日(金)11時05分
  • 冬にはあったか 佐世保牛もつ鍋セット
    2018年1月19日(金)11時02分
  • 実力派いちご「さがほのか」期間限定で募集中!!
    2018年2月9日(金)14時20分
  • 北海道産【食べ比べ】しっとりジューシー!「特製ポークセット」
    2018年2月19日(月)16時57分
  • 森のアワビ!対馬の椎茸!
    2017年12月28日(木)16時29分
北海道夕張市 ReSTART
Areal Japan
Areal Japan
「ふるさとチョイス」のオススメ情報からトラストバンクオフィスの日常まで、様々な情報を発信します。

「ふるさとチョイス」公式SNS

公式Facebook 公式Twitter 公式LINE 公式Instagram

GCFへの応援メッセージ

2017年12月24日 22:42
東之宮古墳史跡公園の整備事業を応援します。
2017年12月24日 14:52
伝統守るのは大変だと思いますが、頑張ってください!
2017年12月20日 0:17
木曽川うかい今年初めて体験しました。とても幻想的で非日常を味わえました。来年以降も行きたいと思っていますので、後世に残す事業として、今後ともよろしくお願いします。
2017年12月19日 0:26
昨年に引き続き参加します。
前回は「鵜にとって幸せかどうかわからないけど、、」とメッセージに書きましたが、紹介ページの中の「鵜にとって幸せ?」を読みました。
自分の中のもやもやが解消され、今回も参加したいと思えました。
一件一件メッセージを読んで下さってるのだなと感動しました。
頑張って下さい。
2017年12月14日 20:16
ロマンあふれる東之宮古墳を多くの方に体感してもらいたいです。
私なりに最大限協力させていただきます。
2017年12月13日 1:30
愛知県民として地元の伝統文化を応援する為に、僅かではありますが寄付させて頂きます。
テレビでしか鵜飼は見たことない為、いつか現地で見たいと思います。
2017年12月10日 23:11
貴重な史跡が犬山市の発展に役立ちますように
2017年12月8日 16:35
女性の方も頑張ってみえて、ステキだと思います。
伝統を継承して行ってください。
2017年12月6日 11:18
応援しています。
2017年11月29日 21:19
頑張ってください!
2017年11月26日 9:39
犬山市で生まれ、現在離れていますがこんな凄い古墳があるとは知りませんでした。完成を楽しみにしています。是非、頑張ってください。
2017年11月20日 0:50
祖父母と一緒に鵜飼を見た、思い出の地。昨年に引き続き、ふるさと納税させていただきます。伝統を守っていくことは大変だと思いますが、少しでも足しになれば幸いです。
2017年11月10日 13:17
地味なお仕事ですが出来上がり楽しみにしています
2017年11月4日 7:58
これからも頑張って下さい。
2017年11月1日 0:51
家紋が同じでご縁を感じ参加させていただきました。。
2017年10月27日 17:33
愛知県で生まれ育ち、高校生のころから古墳に興味がありました。
上京後なかなか愛知へ里帰りもできませんが
故郷近くに有名な古墳がほぼ手付かずで残っているのであれば、なんとか綺麗なまま保存し後世に残していければ、と思い、わずかですが協力させていただきます。
誰が眠っているんだろう~(笑)
2017年9月25日 15:08
頑張ってください。
2016年12月16日 9:24
犬山城は、2回行きました。春に宿泊もしてみたいと思いました。鵜飼いを岐阜長良川でみましたが、木曽川でもある事を知りました。絶やさないように応援します。
2016年12月14日 23:44
鵜にとって幸せかどうか判断に困るけれども、これによって鵜の生きる場所が保証されるならば頑張ってほしいです。
2016年12月12日 16:05
存続させることはすごく大変だと思いますが、頑張って下さい。
2016年12月8日 17:27
妻と一緒に見に行きました。あれだけしっかりと存続させているのは素晴らしいことと思います。ぜひこれからも継続してください。夫婦それぞれで寄付させていただきました。
2016年12月8日 17:18
うかいの船に乗りました!公務員の方がやっているのですね。びっくりしました。女性の鵜匠も大変なお仕事だと思いますが、続けていってください!応援しています!
2016年12月2日 23:45
うかい存続の為に寄付致します。国宝の犬山城や無形文化遺産の犬山祭りと犬山市の観光につなげて下さい。
2016年11月29日 21:58
愛知県出身者です。うかい自体は実は見たことがありませんが、地元の文化がこれからも継承していきますように。応援しています。
2016年11月23日 21:32
学生のとき住んでいました。当時は犬山橋で電車が併走してきて本当にびっくりしました。木曽川鵜飼は存続してもらいたいです。
2016年11月23日 17:11
幼い頃、両親に鵜飼いに連れていってもらったのは、よい思い出です。伝統の技を町ぐるみで残そうとしていることは、ふるさと納税で初めて知りました。まだまだ知らない人もたくさんいると思います。少しでも多くの方に、ご苦労を知っていただき、プロジェクト基金が集まることを祈ります。
2016年11月21日 16:26
お隣の各務原市に住む者です。昨日ちょうど犬山に紅葉を見に行きました。木曽川や犬山城、山の風景を見て、改めて犬山はいいところだなと思いました。岐阜にも鵜飼がありますが、お隣同士、これからも、伝統的な鵜飼、その風景を守っていってほしいです。
2016年11月20日 18:16
昔、祖父がうかいを見に連れて行ってくれたことを思い出しました。ささやかですがご協力させていただきます。これからも頑張ってください。
2016年11月3日 17:51
今年10月に犬山に行く機会が有ったので、鵜飼船に乗ろうとしましたが、満員で予約が取れませんでした。しかし、川岸からも鵜飼の様子が見ることが出来て、楽しませて頂きました。また行く機会があれば、今度は是非船に乗りたいです。この伝統ある鵜飼をいつまでも存続して頂きたいと思います。
2016年11月3日 1:25
地域の文化継承に少しでもお役に立てれば幸いです。

ページ内の一番上へもどる