全国にその名を馳せる「沼津のひもの」

沼津のひもの作りの始まりは。江戸末期から明治初期と言われています。

当時は漁師さんたちが、売れ残ったさかなを自家用にひものにしていたそう。

この特集では、沼津で干物が特産物になった理由とイチオシの干物をご紹介。

どうして沼津でひものが特産物になったのでしょう!?

沼津でひものが特産物になった理由①

日照時間の長さや適度な浜風など、ひもの作りに適した自然条件が整っているから。
※沼津にははれ男・女が多いといわれています。

沼津でひものが特産物になった理由②

ひもの加工技術に優れているので、
神泉で質の良いあじが全国から沼津に集まってくるから。

沼津でひものが特産物になった理由③

各事業者が独自の味の追及をした結果、量・質ともに日本一になりました。
ひものを作る過程で使われる塩汁(しょしる)液に天然の緑茶抽出液を使う会社や、
水は海洋深層水だけ、岩塩は決まった産地のものしか使わないなど
各事業者が切磋琢磨をしているから。

沼津のふっくらジューシーなひもの

沼津市おすすめお礼の品!

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む