お知らせ安全にふるさとチョイスをご利用いただくため、2018/6/21よりセキュリティ強化(TLS1.0/1.1 の無効化)を行います。必要に応じてブラウザのバージョンアップ等のご対応をお願い致します。詳しくはこちら

清流と人が織りなす活力あるまち~岐阜県川辺町特集~

2016年、お礼の品をリニューアルしました!

岐阜県川辺町のお礼の品が、2016年元旦にリニューアル‼
人気の熟成本みりんなどに加え、新たにA5等級の飛騨牛や、名物「鶏(けい)ちゃん焼き」、さらには「ギタリストのための椅子」といった個性的なものも…♪
ぜひチェックしてみてください!

C-2 飛騨牛A5等級 サーロインステーキ 3枚(540g)

B-2 飛騨牛A5等級 しゃぶしゃぶ用(肩ロース) 500g

A-13 味楽苑の塩ホルモン

  A-14 川辺の鶏ちゃん

F-1 ギタリストのための椅子

  A-7 福来純三年熟成本みりん

 白扇酒造

A-4 岐阜・かわべ どん百姓米(コシヒカリ玄米10kg)

 Kei’sファーム

A-3 いちごのコンフィチュール(苺ジャム)

 平岩いちご農園

A-1 地酒

 平和錦酒造

・純米酒「のんでみてちょ」
オール好適米で造った自慢の純米酒。香りの高さ、まろやかな味の深さ、
そして後味スッキリ飲みごたえがあります。

・本醸造酒「白珠(しらたま)」
優雅な芳香とまろやかな味わいを楽しめます。

お寄せいただいた寄附金の使いみち

皆様から頂いたご寄附は、子供たちが安心して暮らせるまちづくりなどに活用させていただきます。

岐阜県川辺町はどんなまち?

ボート王国 かわべ

岐阜県川辺町は、町域の約7割を山林が占め、町の中央を飛騨川が南北に流れる山と水の町です。

まちづくりの核となるダム湖は、ボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、周辺の散歩道や公園は多くの人の憩いの場となっています。

毎年、飛騨川で開催されるマリンスポーツフェスティバルにはたくさんの人が訪れ、楽しまれています。


岐阜県川辺町の伝統行事をご紹介!

桜、花、ホタル、祭り、花火、山と森、雪化粧。
川辺町では四季の移ろいを感じることができます。

川辺おどり・花火大会

真夏に開催されるこのイベントは、町で一番ホットなお祭りとして毎年3万人以上の見物客が訪れます。ダム湖の中央に浮かべられた数基のイカダから豪快な花火が打ち上げられます。45分間で約3,000発打ち上げられる花火は、3分間隔でスターマインが上がり見物客を飽きさせません。

さらに、川辺名物「水中スターマイン」は、移動する2艘の船から次々に水中に落としてクジャクの羽のように広がるもので、目の前で開く花火の豪快さに見物客は度肝を抜かれます。

太部古天(たべこてん)神社祭礼

毎年4月の第2土曜日、日曜日に中川辺の太部古天神社で行われます。

蠅追い男やだんじり車などの行列が、笛や太鼓もにぎやかに、栃井神社から太部古天神社までの道を練り歩きます。

境内では獅子舞も奉納され、祭りムードを盛り上げます。

阿夫志奈(あぶしな)神社祭礼

毎年4月の第3土曜日、日曜日に上川辺の阿夫志奈神社で行われる祭りです。

猿田彦の面に赤栗色の装束をまとった神男が、無病息災を祈って、参拝者の背中を榊の枝で打って回る、「蠅追い」神事が有名です。

酒買い儀式

ここは美濃路と飛騨路を結ぶ要路に位置する神社で、江戸時代から伝わる珍しい神事が行われます。

天神様の使者である沛王(ハイオウ)が獅子を伴い地元の造り酒屋へ御神酒を買いに行く儀式「酒買いの儀式」は、すべてパントマイムで行われるユーモラスなもの。

桶がわ祭り(別称:こじき祭り)

毎年4月1日に行われる下麻生の県神社の例祭。地域の方が扮した 「こじき」の頭に赤飯をかぶせるという珍しい祭りです。
「こじき」は神の使者とされてきた古い信仰に由来します。

岐阜県川辺町のふるさと納税の取り組みをご紹介

■ ふるさと納税に対する考え方(スタンス)

川辺町は、飛騨川ダム湖の両側に広がる人口1万人ほどの大きな事業所や産業はありませんが、自然豊かな閑静で住みやすい町です。

今、日本全国どこの市町でも問題になっているのは高度成長期からバブル期に作られた公共施設の更新と東日本大震災を教訓にした安心安全な町づくり、高齢化社会による社会保障に係る費用の増加です。当町も同様の状態であり、自主財源が少ないこともあり、財政的にとても厳しい状況です。

ふるさと納税については、様々な意見があります。中には、本来のふるさと寄附と趣旨が違うのではないかとの否定的な意見もあります。しかし、川辺町に住み、働く私としては、ふるさと納税は、財政豊かな市町から財政の厳しい市町への温かな贈り物ととらえており、その温かな贈り物を次世代を担う子ども達が安心して暮らせる町づくりに活用したいと考えます。また、ダム湖という恵まれた環境のなか、ボート競技において2020東京オリンピックで活躍できるような選手の育成にも取り組んでいきたいと考えています。

■ 地域に与える影響

町内産業の活性化につながっている。(地域という視点から日本全国という視点への変化)○全国への情報発信の場が生まれた。○町と事業者のコミニュケーションが以前より密接になった。

■ 地域の生産者・事業者の声

岐阜県川辺町の合同会社Kei’sファームです。有機肥料を主体に農薬の使用をできるだけ抑えた稲作を中心に、私たちが作ったお米の加工品販売にも取り組んでいます。

どん百姓のお米を加工した写真の「自家製ポン菓子」は、老若男女問わず大人気で、地元直売所でも沢山ご購入いただいております。ふるさと納税のお客様からリピート注文をいただくこともあります。加工品「米粉めん」(加工外部委託)は、無塩・無添加・無小麦粉です。

お客様からは「ふるさと納税で米粉麺をいただきました!ありがとうございます。子供たちが小麦粉アレルギーなので助かります。この麺を使ったレシピがあればご紹介いただけますか?ラーメンにしたら美味しかったです。」といったご連絡をいただき、手持ちのレシピをお送りしたところです。

~ 寄附者からの声 ~

◇ みりんをいつも愛用している。名前もステキで縁起がよい。今後も上質なものづくりに適した自然環境やまちであることを願います。岐阜は水がきれいで素敵な所です。

◇ 昨年もいただき、とても美味しかった。町の活性化にも是非役立てて下さい。

◇ 白扇酒造のみりんが素晴らしい。その他も豊かな地域に興味を持った為。

◇ 岐阜県出身です。地元応援しています。

◇ 町のますますの発展を祈念いたします。

◇ 関市のとれった広場で川辺町のポン菓子を購入した。すごく美味しかった。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む