みんなが自然と結びつく~長野県白馬村特集~

ジャンプ大会の存続を目指してGCF開始!

白馬村では、次世代スキージャンパーを育てる「サマーグランプリジャンプ白馬大会」の存続を目指すGCF(ガバメントクラウドファンディング)をスタートいたしました。

長野オリンピックで金メダルを獲得した感動の舞台、白馬ジャンプ競技場。
国内では数少ないラージヒルの国際ルールに適合する競技場として、毎年8月に国内外のスキージャンプのトップ選手を迎え「FISサマーグランプリジャンプ白馬大会」が開催されています。

世界レベルの戦いを間近で観ることによって、次代を担う子供たちがよりスキージャンプに関心を持ち、競技人口の拡大と五輪選手の育成にもつながっています。
しかし、補助金の減額やスポンサーの減少によりこの大会が存続の危機に瀕しています。

世界を目指す次世代ジャンパーを育てる「白馬ジャンプ大会」の存続のため、皆様のご支援をお願いいたします。

長野県白馬村ってどんな村?

北アルプス山脈の雄大な自然に囲まれた、マウテンスポーツの聖地 白馬村

白馬村の最大の魅力は類希な山岳環境です。村の西側には3,000m級の北アルプスが間近にそびえ立ち、街から観る山の迫力は多くの人々を魅了しています。夏は登山やトレッキング、冬はパウダースノーを目当てに、国内外から多くの観光客が訪れる国際山岳観光地です。近年はオーストラリアを中心に外国人観光客とともに外国人の定住者も増加しており、多文化・国際性をまちづくりや教育に活用しています。また、上村愛子選手や渡部暁斗選手など多くのオリンピック選手を輩出してきた歴史と伝統を継承するべくスキー選手の育成にも注力しています。

四季折々の表情を見せる街、白馬村

雄大な北アルプスの懐で、四季折々の表情を見せる街、白馬村。ここにしかない風土と歴史、文化が奏でる観光スポットは、まさに大自然を堪能できる場所。
春は可憐な花たちが雪解けを告げ、深緑に包まれる夏は高山植物が咲き誇る。秋には山々が黄金色に輝き、冬は一変して真っ白な世界へと姿を変える。北アルプスの懐ならではの豊かな自然と、ここにしかない景色を。

地域高校としての白馬高校の魅力化・国際化と存続に関する事業

スキーの高校として名が知られている白馬高校ですが、生徒数の減少により存続の危機にあります。村では、住民に愛される地域高校として存続させるだけでなく、増加する外国人や特出した自然環境などの地域資源を活用した魅力づくりを進めています。

具体的には、キャリア教育や地域学に注力する国際観光科の新設と生徒の全国募集(H28.4~)、生徒の学力保証・進学実績向上を図る公営塾の運営(H27.9~)、全国から集まった生徒を受け入れる教育寮の運営(H28.3~)などに取組み、平成28年度は新生白馬高校元年として、第1期生と新たな歴史を刻み始めます。

長野県白馬村のオススメのお礼の品をご紹介!

白馬産米4種40kg

はくばの豚セット

八方アルペンライン往復乗車券

白馬EXアドベンチャー入場券

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む