長野県駒ヶ根市の「おすすめ返礼品」特集

長野県駒ヶ根市は、長野県の南にある伊那谷のほぼ中央に位置し、アルプスに囲まれた自然豊なまちです。 今回はそんな駒ヶ根市ならではのお礼の品や、B1グランプリでも人気のソースかつ丼などバラエティ豊なお礼の品をご紹介いたします。

かつ丼と言えば「ソースかつ丼」の駒ヶ根市

駒ヶ根ソースかつ丼はご飯の上に千切りキャベツを敷き、その上に秘伝のソースにくぐらせた「カツ」を載せた丼です。シンプルな料理ながら、熱々のカツと冷たいキャベツの歯ざわり、それらに絡む甘辛味のソースが絶妙です。昭和のはじめから駒ヶ根市内で提供されていた丼で、以来駒ヶ根では「カツ丼」というと、この「ソースがかかったカツ丼」を指すようになりました。今でも駒ヶ根市内では、一般的な「カツ丼」=「卵でとじたカツ丼」は、特別に頼まないと(「煮カツ丼」や「卵とじカツ丼」と言わなければ)出てきません。

【駒ヶ根ソースかつ丼9か条】!?

【其の一】 器は丼に限定する。
【其の二】 ソースかつ丼の肉は豚肉のロースを基本とし、120グラム以上とする。
【其の三】 かつはパン粉を付けて揚げたものでなければならない。
【其の四】 キャベツは細かく切って水に浸してから水分を切って丼の飯の上に載せる。
【其の五】 かつを揚げる油については油脂は自由としても良いが、
     揚げかすは必ず取り、汚れた油では揚げない
【其の六】 ソースはソースかつ丼会で作ったものを最低基準とし、
     これに工夫することが望ましい。
【其の七】 かつを揚げてソースを潜らせる時、ソースも温めておき、
     揚げたてのかつをそのままソースに潜らせて切って飯に載せても、
     切ってからソースに潜らせて飯の上に載せても自由とする。
【其の八】 海苔等はソースかつ丼に載せない。また、キャベツ以外の野菜は載せない。
【其の九】 蓋は自由とする。

ソースかつ丼の作り方

材料

材料

豚肉(ロースまたはヒレ)150g  塩こしょう 少々  パン粉 適量  小麦粉 適量
卵 1個  揚げ油 適量  キャベツ 適量  ご飯 お好みで  旨みソース 適量


1.まず、キャベツを千切りにして水にさらし、水分をよく切っておきます。
2.丼にご飯を盛り、キャベツをその上に敷きつめます。その時に旨みソースを大さじ1杯振りかけておきます。
3.豚肉に塩こしょうをし、衣をつけて揚げます。
4.揚げたてのカツを食べやすい大きさに切り、旨みソースを潜らせます。先ほどのキャベツをしいたご飯の上に盛り付けます。この時お好みで旨みソースを上からかけます。
5.美しく見た目を整え、蓋をかぶせて完成!

[№5659-0324]駒ヶ根ソースかつ丼旨味ソース

10,000円以上の寄附でもらえる

駒ヶ根ソースかつ丼の基本的な味を家庭でも食べていただこうと、駒ヶ根ソースかつ丼会が開発。食の安心・安全が叫ばれる中、食品添加物(カラメル色素・増粘剤・化学調味料・甘味料)を加えることなく、素材本来の自然な甘みが引き立つソースにしました。

[№5659-0019]駒ヶ根ソースかつ丼セット

20,000円以上の寄附でもらえる

信州産の豚ロースは鮮度を保つため、真空パックで発送。同梱のソースで揚げてソースかつ丼にも、焼いてソテーにしても美味しくいいただけます。ソースは駒ヶ根ソースかつ丼会が開発。食の安心・安全が叫ばれる中、食品添加物(カラメル色素・増粘剤・化学調味料・甘味料)を加えることなく、素材本来の自然な甘みが引き立つソースにしました。

ご一緒に駒ヶ根市自慢のビールはいかがですか?

長野県駒ヶ根市にあるブルワリー「南信州ビール」は、長野県につくられた小規模醸造ブルワリー第1号。中央アルプス駒ケ岳山麓標高800mの地に醸造所を構えており、とりわけリンゴをはじめとする、南長野の特産物である果物を使ったビールづくりを得意とします。「ゴールデンエール」は、中央アルプスの雪解け水を豊富に含んだ良質の地下水を使った、華やかな香りとスッキリした口当たりが特徴です。

[№5659-0087]南信州ビール12本 4種飲み比べセット 5ヶ月連続お届け

100,000円以上の寄附でもらえる

中央アルプス駒ケ岳山麓標高800mの地に駒ヶ岳醸造所は位置します。 長野県第1号の地ビール会社として、地ビールをひたすら探究してきたからこそうまれたこの「南信州ビール」。中央アルプスの雪解け水を豊富に含んだ良質の地下水を使った「南信州ビール」の定番4種類を飲み比べてください!

その他にもこだわりの詰まったお酒

早太郎温泉

霊犬早太郎伝説とは?


市内の名所光前寺では、霊犬早太郎の伝説に触れることができます。早太郎伝説の由来については諸説ありますが、 市内では早太郎の名がついたスポットも多々あり、現在でも市民の間では地域を救った名犬として親しまれています。 早太郎温泉に関するお礼の品をご紹介いたします。

[№5659-0362]早太郎温泉「二人静」別邸一花一葉<露天風呂付特別室> 4名様宿泊券

800,000円以上の寄附でもらえる

南信州・駒ヶ根高原の高台に位置し、宝剣岳・千畳敷カールを背に、南アルプスを正面に望む、雄大な景観に抱かれし宿「二人静」。南アルプスから昇る朝日や、夕陽に染まるその絶景、刻々と変わる美しき山々の表情が、お部屋から存分にご覧頂けます。傍らに流れる清流・太田切川の水の音も、景色と共にお楽しみください。 和創匠 松葉 啓氏プロデュースの別邸「一花一葉」露天風呂付特別室はステンドグラスや照明など洗練された和モダンのしつらえは、お部屋ごとに少しずつ違った印象に。山景に目を癒し、川の音に耳を傾けながら、露天風呂を気ままにのんびりお楽しみ頂けます。

【寄附金の使い道】豊かなまちづくりのための7つの事業に活用

○懐かしいふるさと、育てたいふるさとを全ての分野で応援
○登山道や遊歩道、山小屋などの施設を設備し、山岳・山麓の環境を保全する事業
○自然や景観を守り育てる事業
○子どもたちが社会性を身に着ける事業
○ふるさとに暮らすお年寄りや子どもたちの安心安全をすすめる事業
○ふるさとの人を育て文化をはぐくむ事業
○青年海外協力隊のあるまち、世界を見つめ外国人とともに生きるまちづくり事業

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む