お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

福井の美味しい越前がにをお届けします!

福井県で水揚げされる越前かには、皇室にも献上される由緒正しい福井が誇る名産品で、解禁は毎年11月6日と決まっており、この日を境に福井県はかに一色に染まります。漁期は翌年の3月20日までで、蟹の漁期が終わると福井に春が訪れます。福井のおいしい越前かにをぜひ、この機会にふるさと納税を通じてお申込みください!

目次

越前かにの解禁について

安土桃山時代から食べられていた蟹

越前かにという愛称は、すでに安土桃山時代、公家である三条西実隆の日記に書かれていました。江戸時代になると北陸地方の各藩の書物にその名称が見られ、「越前国福井領産物」にも「ずわいがに」と書かれています。大正や昭和時代を知る方は「蟹はおやつだった」と語り、それだけ福井県ではよく食べられていた蟹だったのです。地元でよく食されているということは、それだけ美味しい食べ方を知っているということ。茹で蟹だけではなく、焼き、刺身、酢の物など蟹を使った調理法はそれぞれで、伝承料理にもなっています。

皇室にも献上されている『 越前がに 』

「越前かに」とは、福井県の漁港に水揚げされる雄のズワイガニ(標準和名)のことです。越前かにというと蟹の種類の一つのように聞こえますが、実はそうではありません。松葉がにや加能がにもズワイガニです。同一種でも水揚げされる漁港、漁場によって食味が異なることからそれぞれの県でブランド名をつけています。明治43年(1910年)年元旦の新聞には、当時の福井県知事が、四ケ浦村(現:越前町四ケ浦)で獲れた蟹を東宮御所に献上したと書かれています。献上蟹は今日まで続き、全国各地にある蟹の中でも越前かにのおいしさに優るものはなく、皇室に献上されている唯一の蟹です。

目印は「黄色いタグ」

黄色いタグは、他県産と区別するために、越前町漁業協同組合が1997年から雄に「黄色いタグ」を付けたことがはじまり。1999年から、福井県内に水揚されるすべての雄ガニに黄色いタグを脚につけています。2007年から雌のセイコガニにも付けるようになりました。その後、兵庫県が青(松葉かに)、石川県が薄青(加能かに)、京都府(松葉かに)が緑となっています。ちなみにこれらのタグは一度使ったら二度と使えない、不正に使用できない構造になっています。

肉厚でふくよかな甘さが身上。きっと忘れられない味になる。

日本海の荒波で育ち、福井県で水揚げされる越前かにの身は肉厚で、一口食べると口の中いっぱいに潮の香りと甘みが広がります。

蟹の美味しさは味噌にあり。濃厚な味と肉厚の身のハーモニー。

越前かにの美味しさは、足の部分だけでなく甲羅の中にある味噌も最高のごちそうなのです。
絶妙な塩加減でゆで上がった蟹味噌は、濃厚なクリームのよう。熱燗がとても合う逸品です。
まずは味噌だけを食べ、その後蟹身と一緒に食べてください。
身だけの味わいよりもより深い感動に包まれるはずです。

836 【成前特選】甲羅盛 越前かに(400~500g)×2杯(2月発送)

59,000円以上の寄付でもらえる

越前かにを余すところなく全部丸ごと盛り込みました。繊細な甘みの身と濃厚なかに味噌を一緒に味わうことのできる、極上の甲羅盛です。
何より、そのままお箸で召し上がって頂ける食べやすさ。
越前かにの全てをそのままお楽しみ頂けます。

922 【成前特選】越前かに(1.1~1.2kg)×1杯(2月発送)

87,000円以上の寄付でもらえる

肉厚でふくよかな甘さの蟹身。皇室にも献上されている越前かに。
確かな品質と、越前かにである証拠を示す黄色いブランドタグ付きです。
日本海の荒波で育ち、福井県で水揚げされる越前かにの身は肉厚で、一口食べると口の中いっぱいに潮の香りと甘みが広がります。
越前かにの足に付けられた黄色いタグは確かな品質の証です。

704 かど七厳選 越前がにわけあり詰め合わせ(A)(2021年発送)

97,000円以上の寄付でもらえる

福井の冬の味覚の王者「越前がに」。
黄色いタグがブランドがにの証です。
全国各地にあるカニの中でもとりわけ美味しいと評判で、明治時代から皇室に献上している「献上がに」としても有名です。
また、長い脚にぎっしりつまった身は、繊細でやさしい甘みがあり、多くの旨み成分を含み、味わい深いのが特徴です。
少し小ぶりのズワイがにで、サイズや足折れの程度は、こちらにおまかせになりますが、味は保証いたします。
また、複数杯の詰合せでお値打ちです。
新鮮な越前がにをボイルしてお届けいたします。
ぜひ一度ご賞味ください。

701 かど七厳選 越前がにオス(大)1kg以上×1杯(2021年発送)

97,000円以上の寄付でもらえる

福井の冬の味覚の王者「越前がに」。
黄色いタグがブランドがにの証です。
全国各地にあるカニの中でもとりわけ美味しいと評判で、明治時代から皇室に献上している「献上がに」としても有名です。
また、長い脚にぎっしりつまった身は、繊細でやさしい甘みがあり、多くの旨み成分を含み、味わい深いのが特徴です。
新鮮な越前がにをボイルしてお届けいたします。
ぜひ一度ご賞味ください。

919 まっ田の浜ゆで越前がに(2021年発送)

65,000円以上の寄付でもらえる

冬には大人気の「まっ田せいこ丼」を手がけるまっ田の越前がにです。

メディアにも多数紹介され、冬には大人気の「まっ田せいこ丼」を手がけるまっ田の越前がにです。
港に水揚げされる越前がにの中から良質なかにを選び、特製釜で浜ゆでします。長年の経験と職人としての感性でオリジナルの越前がにをお贈りします。

1185 【市場直送】茹で越前がに 大1杯【2021年発送】

110,000円以上の寄付でもらえる

福井のブランド蟹「越前がに」濃厚なミソとたっぷり肉厚な身は格別!
市場で茹で上げ、全国に直送いたします。
水揚げ期間は11月6日~翌年3月21日までとなります。

726 【蟹問屋 越前田村屋 究極の逸品】越前がに小(活0.5-0.6kg)1杯【2021年発送】

47,000円以上の寄付でもらえる

福井県がほこる特産ブランド越前ズワイ蟹。
特に越前港で水揚げされる蟹が最上とされています。
活きた蟹を発送当日に茹であげて送ります。

730 【蟹問屋 越前田村屋 究極の逸品】越前がに中(活0.9‐1.0kg)1杯【2021年発送】

90,000円以上の寄付でもらえる

福井県がほこる特産ブランド越前ズワイ蟹。
特に越前港で水揚げされる蟹が最上とされています。
活きた蟹を発送当日に茹であげて送ります。

731 【蟹問屋 越前田村屋 究極の逸品】越前がに大(活1.0‐1.1kg)1杯【2021年発送】

104,000円以上の寄付でもらえる

福井県がほこる特産ブランド越前ズワイ蟹。
特に越前港で水揚げされる蟹が最上とされています。
活きた蟹を発送当日に茹であげて送ります。

蟹は大勢で食べるほうが美味しい

皆さまで取り分けて冬の味覚を堪能してください。食事は大勢で食べる方が美味しい。蟹はもっと美味しい。贅沢な晩餐をお楽しみください。

924 【成前特選】越前かに(1.2~1.3kg)×2杯(2月発送)

201,000円以上の寄付でもらえる

オスの越前かにの立派な身、メスのせいこがにの芳醇な内子、甲乙つけがたい美味を両方食べたい! という欲張りな方にお得なセットをおすすめします。
越前かにだけのセット、せいこがにだけのセットに加え、両方が詰め合わせになった満足できるセットがございます。

皇室献上級の越前かに

特別なお客様のみに贈る、ワンランク上の越前かに。

越前かにはさまざまな基準でランク付けされており、通常の越前かによりもワンランク上、最高級の越前かに『極』にもっとも近い品質の蟹が存在します。

1223 【2021年発送】かど七厳選 皇室献上クラス越前がに

134,000円以上の寄付でもらえる

福井の冬の味覚の王者「越前がに」。
黄色いタグがブランドがにの証です。
全国各地にあるカニの中でもとりわけ美味しいと評判で、長い脚にぎっしりつまった身は、繊細でやさしい甘みがあり、多くの旨み成分を含み、味わい深いのが特徴です。
また、明治時代から皇室に献上している「献上がに」としても有名です。
毎年皇室に献上されるズワイガニは、1月からの極寒の福井沖で水揚げされるものです。
一度の競りで数杯しか確保できない貴重なものを、更に吟味した加減で茹で上げてお届けします。
ぜひ一度ご賞味ください。

923 【成前特選】越前かに(1.3~1.4kg)皇室献上級×1杯(2月発送)

118,000円以上の寄付でもらえる

特別なお客様のみに贈る、ワンランク上の越前かに。
越前かにはさまざまな基準でランク付けされており、通常の越前かによりもワンランク上、最高級の越前かに『極』にもっとも近い品質の蟹が存在します。
日本海の荒波で育ち、福井県で水揚げされる越前かにの身は肉厚で、一口食べると口の中いっぱいに潮の香りと甘みが広がります。
越前かにの足に付けられた黄色いタグは確かな品質の証です。越前かには皇室にも献上される、由緒正しい福井が誇る名産品です。

もはや幻。これ以上ない越前かに。それは『極(きわみ)』

越前かにの最上級ブランド「極(きわみ)」
「茹でる前の重さ1.5kg以上、茹でた後の重さ1.3kg以上。甲羅幅14.5cm以上。爪幅3cm以上」
さらに姿かたち、甲羅の硬さ、生きているかどうかなど、厳しい基準をクリアした越前かにのみ与えられる称号
巨大で偉大なこの越前かには、感動以外の言葉はなし。

越前かにの黄色いタグと「極」の文字のダブルタグが最高級の証

厳しい審査をくぐり抜けるから日本最高。認められたのは、年間水揚げ量のわずか0.2%!
越前海岸沖の漁場は、蟹にとって最高の生息環境ではありますが、大きくなるまでに長い年月を必要としています。
『極』ほどの大きさまで育った蟹が揚がること自体が奇跡のようなもので、厳しい審査をくぐり抜け『極』の称号を得た蟹は、2015年の年間漁獲量のわずか0.2%! 幻の蟹とも言えるでしょう。

735 【蟹問屋 越前田村屋 究極の逸品】越前がに極(活1.5kg up)1杯【2021年発送】

667,000円以上の寄付でもらえる

福井県がほこる特産ブランド越前ズワイ蟹。
特に越前港で水揚げされる蟹が最上とされています。
活きた蟹を発送当日に茹であげて送ります。

407 【成前特選】越前かに極×1杯(2月発送)

840,000円以上の寄付でもらえる

越前かにの最上級ブランド「極(きわみ)」
「茹でる前の重さ1.5kg以上、茹でた後の重さ1.3kg以上。甲羅幅14.5cm以上。爪幅3cm以上」
さらに姿かたち、甲羅の硬さ、生きているかどうかなど、厳しい基準をクリアした越前かにのみ与えられる称号。
巨大で偉大なこの越前かには、感動以外の言葉はなし。