お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

福井の美味しい越前がにをお届けします!

福井県で水揚げされる越前かには、皇室にも献上される由緒正しい福井が誇る名産品で、解禁は毎年11月6日と決まっており、この日を境に福井県はかに一色に染まります。漁期は翌年の3月20日までで、蟹の漁期が終わると福井に春が訪れます。メスのせいこがには、オスの越前かにと解禁日は同じですが、資源保護のため漁期が短く、12月31日までとなっております。越前かにと同じくらい人気を博してきている、濃厚な卵が絶品のせいこがにが食べられるのは非常に短い期間ですので、大変貴重な蟹となっています。福井のおいしい越前かにをぜひ、この機会にふるさと納税を通じてお申込みください!

目次

越前かにの解禁について

安土桃山時代から食べられていた蟹

越前かにという愛称は、すでに安土桃山時代、公家である三条西実隆の日記に書かれていました。江戸時代になると北陸地方の各藩の書物にその名称が見られ、「越前国福井領産物」にも「ずわいがに」と書かれています。大正や昭和時代を知る方は「蟹はおやつだった」と語り、それだけ福井県ではよく食べられていた蟹だったのです。地元でよく食されているということは、それだけ美味しい食べ方を知っているということ。茹で蟹だけではなく、焼き、刺身、酢の物など蟹を使った調理法はそれぞれで、伝承料理にもなっています。

福井人はむしろこちらを選ぶ『 せいこがに 』

オスより小さく、お腹に卵を抱えている「せいこがに」。地元の人はむしろこちらを好んで食べています。その理由は「内子」、「外子」と呼ばれる卵がたっぷりあるから。知る人ぞ知るせいこがには、全国の食通を唸らせる絶品蟹として密かな人気を博しています。また、せいこがにの漁期は、資源保護のため、11月6日から12月末までと非常に短くなっています。つまり期間限定の非常に貴重な味覚なのです。是非この機会を逃さずに味わってください。

食通も唸る蟹味噌と卵に感動

内子とは、未成熟の卵のことです。 濃厚な味はよく熟成されたチーズのようだと例えられたりします。“海のチーズ”をお楽しみください。外子は産卵直前の成熟した卵のことで、プチプチとした食感が大変好まれています。当店特製のかに酢につけて食べるとまた違った味わいになります。

786 【成前特選】甲羅盛 せいこがに中×3杯(12月発送)

31,000円以上の寄附でもらえる

オスより小さく、お腹に卵を抱えています。濃厚な蟹味噌と赤い卵(内子)、つぶつぶの卵(外子)は通をうならせます。
資源保護のため漁期は11月~12月下旬まで。2ヶ月弱の限定漁となります。

787 【成前特選】甲羅盛 せいこがに大×3杯(12月発送)

42,000円以上の寄附でもらえる

オスより小さく、お腹に卵を抱えています。濃厚な蟹味噌と赤い卵(内子)、つぶつぶの卵(外子)は通をうならせます。
資源保護のため漁期は11月~12月下旬まで。2ヶ月弱の限定漁となります。

385 【成前特選】せいこがに中×5杯(12月発送)

46,000円以上の寄附でもらえる

オスより小さく、お腹に卵を抱えています。濃厚な蟹味噌と赤い卵(内子)、つぶつぶの卵(外子)は通をうならせます。
資源保護のため漁期は11月~12月下旬まで。2ヶ月弱の限定漁となります。

389 【成前特選】せいこがに特大×2杯(12月発送)

40,000円以上の寄附でもらえる

オスより小さく、お腹に卵を抱えています。濃厚な蟹味噌と赤い卵(内子)、つぶつぶの卵(外子)は通をうならせます。
資源保護のため漁期は11月~12月下旬まで。2ヶ月弱の限定漁となります。

918 香の箱 せいこがに甲羅盛り 4ヶ入(年内発送)

メディアにも多数紹介され、冬には大人気の「まっ田せいこ丼」を手がけるまっ田のせいこがにです。
せいこがにを丁寧に身出しし、甲羅に盛りました。付属のだし汁と一緒に炊くと、風味豊かなせいこがにのかにめしのできあがりです。

702 かど七厳選 越前がにメス(せいこがに)200g前後×5杯(年内発送)

福井の冬の味覚の王者「越前がに」。
黄色いタグがブランドがにの証です。
メスのせいこがにはオスに比べると小型ですが、甘みのある身が味わえます。
また、赤いダイヤと呼ばれ、濃厚な内子や、プチプチした食感の外子など、いろいろな味が楽しめるのもメスのせいこがにならではです。
新鮮な越前がにをボイルしてお届けいたします。
ぜひ一度ご賞味ください。

皇室にも献上されている『 越前がに 』

「越前かに」とは、福井県の漁港に水揚げされる雄のズワイガニ(標準和名)のことです。越前かにというと蟹の種類の一つのように聞こえますが、実はそうではありません。松葉がにや加能がにもズワイガニです。同一種でも水揚げされる漁港、漁場によって食味が異なることからそれぞれの県でブランド名をつけています。明治43年(1910年)年元旦の新聞には、当時の福井県知事が、四ケ浦村(現:越前町四ケ浦)で獲れた蟹を東宮御所に献上したと書かれています。献上蟹は今日まで続き、全国各地にある蟹の中でも越前かにのおいしさに優るものはなく、皇室に献上されている唯一の蟹です。

目印は「黄色いタグ」

黄色いタグは、他県産と区別するために、越前町漁業協同組合が1997年から雄に「黄色いタグ」を付けたことがはじまり。1999年から、福井県内に水揚されるすべての雄ガニに黄色いタグを脚につけています。2007年から雌のセイコガニにも付けるようになりました。その後、兵庫県が青(松葉かに)、石川県が薄青(加能かに)、京都府(松葉かに)が緑となっています。ちなみにこれらのタグは一度使ったら二度と使えない、不正に使用できない構造になっています。

肉厚でふくよかな甘さが身上。きっと忘れられない味になる。

日本海の荒波で育ち、福井県で水揚げされる越前かにの身は肉厚で、一口食べると口の中いっぱいに潮の香りと甘みが広がります。

391 【成前特選】越前かに(800~900g)×1杯(12月発送)

105,000円以上の寄附でもらえる

肉厚でふくよかな甘さの蟹身。皇室にも献上されている越前かに。
確かな品質と、越前かにである証拠を示す黄色いブランドタグ付きです。

400 【成前特選】越前かに(1.3~1.4kg)皇室献上級×1杯(12月発送)

186,000円以上の寄附でもらえる

肉厚でふくよかな甘さの蟹身。皇室にも献上されている越前かに。
確かな品質と、越前かにである証拠を示す黄色いブランドタグ付きです。

725 【蟹問屋 越前田村屋 究極の逸品】越前がに小(活0.4-0.5kg)1杯(年内発送)

30,000円以上の寄附でもらえる

福井県がほこる特産ブランド越前ズワイ蟹。特に越前港で水揚げされる蟹が最上とされています。
活きた蟹を発送当日に茹であげて送ります

732 【蟹問屋 越前田村屋 究極の逸品】越前がに大(活1.1-1.2kg)1杯(年内発送)

114,000円以上の寄附でもらえる

福井県がほこる特産ブランド越前ズワイ蟹。特に越前港で水揚げされる蟹が最上とされています。
活きた蟹を発送当日に茹であげて送ります

919 【先行予約分】まっ田の浜ゆで越前がに(2020年発送)

65,000円以上の寄附でもらえる

メディアにも多数紹介され、冬には大人気の「まっ田せいこ丼」を手がけるまっ田の越前がにです。

703 かど七厳選 越前がにオス(中)600g以上×1杯(年内発送)

福井の冬の味覚の王者「越前がに」。
黄色いタグがブランドがにの証です。
全国各地にあるカニの中でもとりわけ美味しいと評判で、明治時代から皇室に献上している「献上がに」としても有名です。
また、長い脚にぎっしりつまった身は、繊細でやさしい甘みがあり、多くの旨み成分を含み、味わい深いのが特徴です。
新鮮な越前がにをボイルしてお届けいたします。
ぜひ一度ご賞味ください。

もはや幻。これ以上ない越前かに。それは『極(きわみ)』

越前かにの最上級ブランド「極(きわみ)」
「茹でる前の重さ1.5kg以上、茹でた後の重さ1.3kg以上。甲羅幅14.5cm以上。爪幅3cm以上」
さらに姿かたち、甲羅の硬さ、生きているかどうかなど、厳しい基準をクリアした越前かにのみ与えられる称号
巨大で偉大なこの越前かには、感動以外の言葉はなし。

越前かにの黄色いタグと「極」の文字のダブルタグが最高級の証

厳しい審査をくぐり抜けるから日本最高。認められたのは、年間水揚げ量のわずか0.2%!
越前海岸沖の漁場は、蟹にとって最高の生息環境ではありますが、大きくなるまでに長い年月を必要としています。
『極』ほどの大きさまで育った蟹が揚がること自体が奇跡のようなもので、厳しい審査をくぐり抜け『極』の称号を得た蟹は、2015年の年間漁獲量のわずか0.2%! 幻の蟹とも言えるでしょう。

408 【成前特選】越前かに極×1杯(12月発送)

【毎月5杯限定】
越前かにの最上級ブランド「極(きわみ)」
「茹でる前の重さ1.5kg以上、茹でた後の重さ1.3kg以上。甲羅幅14.5cm以上。爪幅3cm以上」
さらに姿かたち、甲羅の硬さ、生きているかどうかなど、厳しい基準をクリアした越前かにのみ与えられる称号
巨大で偉大なこの越前かには、感動以外の言葉はなし。

735 【蟹問屋 越前田村屋 究極の逸品】越前がに極(活1.5kg up)1杯(年内発送)

500,000円以上の寄附でもらえる

福井県がほこる越前がにの最高級ブランド極。特に越前港で水揚げされる蟹が最上とされています。
活きた蟹を発送当日に茹であげて送ります。

【寄附金の使い道】地区のまちづくり活動を応援!

福井市内の各地区では、それぞれのまちづくり組織が「地域の未来づくり推進事業」を実施し、住民主体の特色あるまちづくりを行っています。
ゆかりのある地区、訪れたことのある地区、気になる活動をしている地区を選んで年末までにふるさと納税していただくと、次年度のまちづくり活動への補助金が増額され、より充実したまちづくりが行われます。
応援よろしくお願いします!

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む