日本製って、やっぱりいいよね!燕市のものづくり特集

中小企業がものづくりをがんばっている街、燕市。職人技と最新の技術が融合した製品は、日本中の家庭で愛用されています。燕市が誇るこだわりの返礼品から、もう一度、日本のものづくりのよさを見直してみませんか。

製造業のまちを支えているのは、中小企業のひたむきさです。

みなさんが使っている様々なキッチン用品、生活雑貨や家電製品は、意外と燕市が関係している品物が少なくありません。燕市は中小零細企業数の割合が国内有数の製造業のまち。どの事業者も得意分野を持ち、相互に支え合いながら一つの製品を形にし、世に送り出しています。江戸時代から受け継がれている職人技と先進的な技術を融合させ、常に新しい“ものづくりのまち”として進化し続けています。多くの従業員とその家族、友人、応援者達に支えられ、縁の下の力持ちとして影ながら日本のものづくりを支えています。

【寄附金の使い道】ものづくり、環境整備、教育などへ。

ものづくりの発展や伝統技術の伝承、自然・住環境の整備、子ども達の教育や市外の方に燕市を知ってもらい、応援してもらうための事業などに充当いたしました。6月以降に燕市のホームページで詳細をお知らせいたしますが、その中の一つとして、お礼の品の一つである「シルキータンブラーL 24金仕上げ」を製造している研修施設の運営に充当し、研修生が磨き上げた製品を寄附のお申し込み時に選択された人々にお届けすることができました。研修生もそれを励みに、技術力の向上に努めていますので引き続き応援をいただければ幸いです。

職人の心と、お礼の心が宿っています。

品切れ中

属研磨のスペシャリスト集団の磨き屋シンジケートのタンブラーです。
薄く削り込み美しく磨き上げた飲み口は心地よくスッキリとした口当たり。
350mlのビールが1本入るスタンダードサイズのタンブラーとハイボールなどの炭酸系カクテルもひと味変わるタンブラーを合わせました。

品切れ中

燕市の金属洋食器は日本国内シェア90%を超え、海外からも高い評価を得ています。ノーベル賞の晩餐会で使用されるカトラリーやデンマーク王室ご用達として、北欧をはじめ世界各国で愛され続けているカイ・ボイスンのカトラリーもその一つで、発売から50年以上、品質の良さとシンプルなデザインが海外の人々を魅了しています。

磨き上げた技を、もっとあなたの暮らしへ。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む