400年受け継がれる「匠の技」 燕市のものづくり

みなさんが使っている様々なキッチン用品、生活雑貨などは、燕市が意外と関係している品物が少なくありません。 燕市は、中小零細企業数の割合が国内有数の製造業のまち。どの事業者も得意分野を持ち、相互に支え合いながら一つの製品を形にし、世に送り出しています。 江戸時代から400年脈々と受け継がれている職人技と先進的な技術を融合させ、常に新しい“ものづくりのまち”として進化し続けています。 燕市のものづくりは、日本のものづくりを支えており、その品質の高さは世界でも認められるものになっています。

目次

【贈りものにも】職人の技術が詰まっています。



【日常に彩り】日常を豊かにする品物が揃っています。



【寄附金の使い道】ものづくり、環境整備、教育などへ。

ものづくりの発展や伝統技術の伝承、自然・住環境の整備、子ども達の教育や市外の方に燕市を知ってもらい、応援してもらうための事業などに充当いたしました。
その中の一つとして、IT教育を推進するため、市内小・中学校に、児童生徒用タブレットPC800台と教員用タブレットPC40台を導入し、さらに無線LAN環境の整備も行い、ICT機器を活用した授業を始めています。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む