生産者こだわりのおいしい新米特集

米どころ新潟・柏崎市から平成30年産新米をお送りします! 刈羽三山に囲まれ、豊かな自然で育った柏崎のお米はおいしく、毎年多くのお客様から好評をいただいています。

そんな柏崎のお米を作る生産者の皆さんは、おいしさだけでなくその安全性にもこだわり、丁寧にお米づくりを行っています。大事に育てたお米が実り、今年も収穫の時期になりました。
「毎日食べるものだからこそ、安全でおいしいものを」そんな生産者の思いと一緒においしい新米をぜひ食べてみてください♪

【受付終了まで残りわずか!お米の定期便】

~毎日食べるお米だからこそ「安全安心」なものを~

コシヒカリ(無洗米)

[D514] 【定期便】重ちゃんが愛情込めて作ったコシヒカリ(無洗米5㎏×毎月5回)おまけ付き

50,000円以上の寄附でもらえる

新潟県認証特別栽培コシヒカリ無洗米5㎏を5回(毎月)お贈りします!定期便をお申し込みいただいた方へは毎回おまけとして無洗米2合ボトルを1本お付けします♪

コシヒカリ(白米)

【生産者ごとにご紹介】

山波農場

~稲とお友達!稲との対話、徹底した品質管理でよりおいしく新鮮なお米を提供~

山波農場は、過疎化の進む集落の農業を守り続けるために大規模農場として米づくりを行っています。現在のお米づくりは機械化が進み、作業効率が昔に比べ格段によくなっています。山波農場では効率のよくしてできた時間を稲との対話の時間にし、一株、一穂、一粒に至るまで管理を徹底し、細部まで気を使って米づくりを行っています。
その徹底した管理は収穫後も続きます。一番おいしい時期に収穫したお米をできるだけ傷めず、おいしさを逃さず精米します。
また、玄米の管理は、お米に一番負担がかからない温度、湿度を保ち、約1年経っても新鮮な状態を保っています。
そんなお米をさらに新鮮な状態で食べていただくために、真空パッケージでお送りしています。

●山波農場のお米をPick Up!

【生産者コメント】

【生産者コメント】

『過疎化の進む集落の農業を守っていくために、日々お米づくりに励んでいます。一株、一穂、一粒に至るまで大切に育てたお米をぜひ味わってみてください!』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
創業者である山波家希さんは、長きにわたり柏崎市農業委員会会長として地域農業発展に貢献していることや、中山間地域における土地利用型農業の大規模経営のモデル的農業者であることから、平成26年に皇室新嘗祭献納者に選ばれています。

現在では、息子さんである山波剛さんが社長として思いを引き継ぎながら新しい取り組みにも積極的にチャレンジしています。自家栽培・自社加工の米粉を使用したクレープは市内の様々なイベントで大人気です♪

重野農産

~稼げる農業を目指し、積極的に挑戦する若手農家~

重野農産のお米は、農薬と化学肥料の使用量を慣例の「50%以下」に抑えたに新潟県認証の特別栽培米です。
使用する有機肥料にこだわり、その割合や投入するタイミングについても稲の発育状態に合わせて調整しています。
こうして大切に育てられたお米の質は高く、米粒の大きさやタンパク質の割合などのバランスを評価するJA柏崎主催の「お米の食味コンテスト」で受賞しています。
また、若手農家だからこそ、そのパッケージにもこだわり、おしゃれなパッケージでお送りしています。特に冷蔵庫で保管しやすい2合ペットボトルタイプは大人気で、使い終わったボトルにまたお米を入れて再利用する方や、ドレッシングの容器として再利用している方もいるそうです!

[B178]重ちゃんが愛情込めて作った無洗米コシヒカリ(2合ボトル×10)

10,000円以上の寄附でもらえる

使いやすいし、冷蔵庫にも保管しやすいとご好評いただいております。
お米をとぐのは大変、時間がないというあなた!手軽においしいご飯が食べられます。
さらに2合詰めのボトルは1回使い切りができ、ボトル型なので冷蔵庫で保管ができます。

●重野農産のお米をPick Up!

【重野農産コメント】

【重野農産コメント】

『人と同じことはしない!をモットーに日々色々なことにチャレンジしています。大事に育てたお米を自分の手で売っていくために、お米の質はもちろんのことパッケージデザインにもこだわっています。こだわりの「重米」をぜひ食べてみてください!』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
代表の重野貴明さんは、高齢化によりリタイアする米農家が増え、生まれだった土地の農業が衰退していくことに危機感を覚え就農を決意しました。
自動車整備士だった前職の経験を活かし、自ら農機具のメンテナンスを行いながら農業の技術を学んでいます。

徳永農園

~環境にも人にもやさしい農業を目指し、育苗からこだわる~

徳永農園のある柏崎市西山町浜忠(はまつだ)は、海と山に囲まれ、恵まれた環境です。
そんな環境のもと、徳永農園では、農薬の使用回数及び化学肥料の使用量を慣行栽培の5割以下に削減した「新潟県認証特別栽培」を行っています。育苗には、病原の発生が極めて少ない「プール育苗」を取り入れ、できるだけ農薬をカットしたお米づくりを行っています。
また、徳永さんは、若者の農業離れが進む現状を打破するためには会社員と同等の待遇を受けられることが理想と考え、法人経営を行い、若者雇用にも力を入れています。

[A018]徳永農園の無洗米コシヒカリ2kg

5,000円以上の寄附でもらえる

★平成30年産新米をお送りします★
新潟県特別栽培農産物で栽培しています。無洗米で精米しています。1kg毎に真空包装していますので賞味期限は3ヶ月間大丈夫です。

●徳永農園のお米をPick Up!

安全でおいしいお米を作るために、育苗から大切に育てています。ミネラル豊富な雪解け水で育ったお米をご賞味ください。

【徳永農園コメント】

【徳永農園コメント】

『安全でおいしいお米を作るために、育苗から大切に育てています。ミネラル豊富な雪解け水で育ったお米をご賞味ください。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
徳永農園では、安心・安全なお米を提供するために、プール育苗という方法で苗を育てています。プール育苗とは、平らにした地面に木枠で囲いをつくり、シートを張って中に水を入れ、その中に苗箱を並べて潅水させ、苗を育てる方法です。

プール育苗をすることにより、田植え後と同じ環境を作ることができ、育苗中の病害の発生を抑制し、健康な苗を育てることができます。入水のタイミングや水の深さ、温度などしっかりとした管理が必要な方法ですが、これにより元気な苗を育てることができています。

中村農研

~土壌に必要な栄養を補い、人と自然に優しい農法にこだわる~

中村農研では、本来の自然の姿を取り戻すべく、土壌に必要な栄養を補い、人と自然に優しい農法で美味しいお米を作っています。「毎日食べるものだから、安全なお米を。」そんな思いで日々、お米作りに取り組んでおります。

「中村農研」で使用している有機肥料は㈱ウオロクとの提携によって生まれた肥料で「元気ゆうき君」という名前の有機肥料です。廃棄される食物を肥料に再利用し、それを生産者である私たちへ。そこから作られたお米を店頭で売らせていただく。こうして「リサイクルループ」が出来上がるのです。

[B239]無洗米コシヒカリ・無洗米ミルキークィーンセット(各2kg)

10,000円以上の寄附でもらえる

有機資材での土づくりを行い、有機肥料で栽培したコシヒカリとミルキークィーンのセットです。
ミネラル豊富で自信をもっておすすめできるお米です。
ぜひ、異なる品種のおいしさの違いを楽しんでください。

●中村農研のお米をピックアップ

【中村農研コメント】

【中村農研コメント】

地域高齢化と共に近隣から田んぼを譲り受けることが多くなり、平成10年より専業農家として活動を始める。
米作りを行う中で化学肥料を大量に使用する従来の農業について違和感を覚え、独学で勉強を重ねて有機質を使用した循環型農業にたどり着く。
腕試しとして挑戦したお米のコンテストでは、続々と賞を受賞。
こだわりの栽培方法によって育てた自慢のお米で、毎日の食卓に幸せを届けたい。

中村農研 代表 中村寛美

JA柏崎

~産地と栽培方法の違う3つのブランド米を提供~

JA柏崎では、産地や栽培方法の異なる3つのブランド米を提供しています。

十一屋

~お米マイスターの選ぶおいしい柏崎産コシヒカリ~

[B199]越の銀めし(柏崎産コシヒカリ)無洗米 5kg

10,000円以上の寄附でもらえる

研がずに炊ける無洗米コシヒカリ。精米後米表面に残る「肌ぬか」を特別な方法で取り除きます。そのため米袋に約2%多く米粒が入っています。つまり手間が省け、節水になり、更にちょっぴりお得です!

松村商店

~ホタルの里鵜川(うかわ)地域の美しいお米で育つコシヒカリ~

[B157]柏崎鵜川の里コシヒカリ

10,000円以上の寄附でもらえる

10月中旬以降 平成30年産新米を発送いたします。
ゲンジホタル、ハッチョウトンボが生息する鵜川の里で、ブナ林がろ過したきれいな水で育てたコシヒカリです。

ガバメントクラウドファンディング挑戦中!

新潟県柏崎市では現在、ふるさと納税を活用したクラウドファンディング「ガバメントクラウドファンディング」に挑戦しています。
柏崎の水球の歴史は、1964年の第19回新潟国民体育大会で柏崎が水球競技の会場地に選定されたことから始まりました。

現在は、国内最大のクラブチーム「ウォーターポロクラブ柏崎」が小学校から社会人まで、一貫した選手の育成・強化に取り組んでいます。2016年のリオ大会では、クラブから4名の日本代表選手が出場し、その活躍は市民にたくさんの元気と感動を与えてくれました。
今度は柏崎が水球を元気にします。クラウドファンディングを通じて、選手の育成・強化と次を担う子どもたちにとって水球が身近なスポーツとなるための取組をさらに進めます。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む