平成30年は長岡開府400年!記念イベント&返礼品をご紹介!

開府400年とは


長岡市は、平成30(2018)年に、初代長岡藩主・牧野忠成(ただなり)が長岡城主になった元和4(1618)年の長岡開府からちょうど400年の節目の年を迎えます。 「次の百年へ 新しい米百俵」をキャッチフレーズに、郷土長岡の歴史や文化、まちづくりの精神を、次の100年に活かす未来志向の事業を展開していきます。

一家の基礎は初代にあり、一社の基礎は創業者にありといわれます。
長岡藩一藩の基礎である長岡藩風は、
藩祖・牧野忠成公によって築かれ、培われました。
戦国時代を生き抜いた三河武士の威風を汲む
「常在戦場」の精神は、幕末までの250年間、
長岡藩を律する精神的規範すなわち藩精神となりました。
長岡開府以来、江戸時代をとおして250年間、
譜代大名・牧野家が長岡藩を治めました。
この歴史が長岡のまちに残したものはきわめて大きく
「常在戦場」の藩精神は、明治維新以降も、近代長岡の市民性に
深く根をおろすものとなりました。
それはときに長岡人特有の「負けじ魂」となり、
戦災や自然災害に立ち向かう「復興の精神」となり、
また、未来市民への投資である「米百俵の精神」となって、
いまなお長岡のまちを支えています。




開府400年を記念した返礼品

ふるさと納税のお礼の品にも、開府400年を記念した品物ぞくぞく登場。
長岡の歴史・伝統を感じながら、味わってみてはいかがでしょうか。

開府400年記念パッケージ「風味爽快ニシテ」

「風味爽快ニシテ」は、麦芽100%のしっかりとした旨み、新潟の食にあう爽やかなのどごしが特徴の新潟県限定のビールです! 「長岡開府400年を記念した限定ラベル」でお届けします♪

5/27(日)には、記念式典を開催いたします!

人気の「お米」と「お酒」の定期便も受付中です!

【数量限定】「長岡まつり大花火大会観覧チケット」も受付中です!

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む