お待たせしました!長岡花火観覧席チケット受付開始!

長岡まつり大花火大会は、「厳選!有名花火師が選ぶおすすめ花火大会2016年版」や「全国の美しい花火10選」第1位など多くの方から評価いただき、「長岡と言えば花火!」というくらいにその知名度も上がってきました。

市街地の中央を流れる信濃川の河川敷という圧倒的に恵まれたロケーションでの約2時間のプログラムは、名物「正三尺玉」、光と音の妙技「花火 この空の花」、圧巻の「復興祈願花火フェニックス」などの大型花火で構成され、見ごたえ満点です。

 長岡花火については、「長岡花火」公式ウェブサイトをご覧ください。

 

【数量限定】長岡まつり大花火大会観覧チケットをご用意しました!

JR長岡駅から徒歩で行ける人気の"右岸席"を確保しました。

1万円以上の寄附で「右岸ベンチ席」(1名様分)

毎年売り切れ必至の人気席。緩やかな斜面にゆったりと腰を下ろせるベンチ席です。
すべて指定席のため、打ち上げ間際の会場入りでも余裕なのでおススメです!!




6万円以上の寄附で「右岸マス席」(6名様定員)

花火の打ち上げに一番近い席「マス席」。まさに花火が降ってくる・・・そしてズーンと伝わる打ち上げの振動・・・。長岡花火の醍醐味を味わっていただきたくてご用意したおススメのお席です。

180センチ×180センチごとに区切られたスペースは6名様までお入りいただけます。少人数なら寝転がっての夢のような観賞も。



長岡花火に込められた、市民の願い

1945年8月1日午後10時30分から1時間40分もの間にわたった長岡空襲。市街地の8割が焼け野原と化し、燃え盛る炎の中に1486人の尊い命が失われました。長岡花火には長岡空襲で亡くなった人への慰霊、復興に尽力した先人への感謝、恒久平和への願いが込められています。慰霊と平和への願いを込めて打ち上げられている日本で唯一の花火大会です。

平和を願い、未来を想う花火を、世界中であげていきたい。

長岡市とホノルル市は、太平洋戦争終結から70年の節目を迎えた2015年8月15日、長岡ホノルル平和交流記念事業の一環として、両国の戦争犠牲者の慰霊と世界の恒久平和を願う花火を打ち上げました。

長岡市は将来を担う若い世代のさまざまな交流を通して、そして将来、長岡花火が平和の代名詞となって世界中に花火に込められた想いが届いてほしい。そう願っています。

 

長岡まつり大花火大会に行くならダウンロード!!

長岡まつり大花火大会の最新情報をいつでも簡単・手軽に♪

 iPhoneをご利用の方はこちらからダウンロード

 Androidをご利用の方はこちらからダウンロード

【寄附金の使い道】ご希望のふるさと活性化に活用

皆様からのご寄附は、未来を担う若者と子どもたちのために、「日本一のふるさと長岡」をつくるための重点施策に使わせていただきます。

1 若者が活躍する元気な長岡のまちづくり
2「米百俵のまち」長岡の人づくり
3 世界に誇る長岡の魅力発信と交流人口の拡大
4 市長におまかせ

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む