都市から生まれる自然の恵み

都心から25km圏内に位置しながら、なんと市役所ではちみつがとれてしまうぐらい自然に恵まれた街、東京都清瀬市。
武蔵野の原風景を色濃く残しており、多様な緑や水のある空間に彩られ、はちみつ以外にもにんじんやトマト、青パパイアといった美味しい野菜が採れます。中でも人参は生産量東京都内一!
今回は、清瀬市の名物「はちみつ」と清瀬産の野菜を用いたおいしいお礼の品をご紹介いたします。



カロテンたっぷり ベータキャロット

ルビーのように美しく真っ赤に熟したにんじんで作ったキャロットジュース&ジャムセット「赤い魔法」は、「きよはち」に並ぶ大ヒット間違いなし!!



「赤い魔法」 ベータキャロットジュース&ジャムセット

清瀬にんじんスキンケア化粧品

「赤い魔法」 ベータキャロット100%ジュース12本セット





樹で熟して収穫されるCOCOTOMATO

COCOTOMATOは関ファームが「滋味」を追求したこだわりのブランドトマトです。皆様の食卓に近い、東京都清瀬市という立地条件を活かし、樹熱(樹で赤くさせる)で収穫する事によりたっぷりと栄養を吸収し、旨味・酸味・コクが一体となった美味しいトマトが出来ました。

COCOTOMATO JUICE 





清瀬産の青パパイア



青パパイア万能ソース6本セット

青パパイアソース&スキンケアセット





はちみつも採れるエコプロモーション

みつばちは自然環境のバロメーター、様々な環境保全に取り組む清瀬市では平成26年度から市役所の屋上で養蜂事業を始め、採れたはちみつを「きよはち」としてふるさと納税の返礼品に活用して、実は今ひそかな人気となっています。

市役所でとれたはちみつ「きよはち」

★5,000円以上の寄附でもらえる
・清瀬市役所でとれたはちみつ「きよはち」1ビン(80g)



東京都清瀬市はどんなまち?

市民参加で選定された「清瀬10景」

平成2年の市政施行20周年を契機に、市民参加による選定委員会を設置し、清瀬10景を定めました。 市内の美しいまちなみや風景などの中から、特に清瀬にふさわしいものとして選定された「清瀬10景」。 ふだん何気なく見過ごしている風景の数々は、私たちの心に安らぎと潤いを与えてくれるばかりでなく、ふるさと意識をも育んでくれているのです。

【清瀬10景】
●けやき通りと郷土博物館 ●志木街道 ●東京病院の桜の園と社会事業大学付近
●清瀬金山緑地公園 ●柳瀬川とさくら並木 ●空堀川と中里緑地保全地域
●松山緑地保全地域 ●日枝神社・水天宮 ●中里富士山 ●円通寺

文化の香り漂う清瀬のアートストリート

約300本のけやきが立ち並ぶけやき通りでは、日本を代表する作家の彫刻たちが出迎えてくれます。

けやき通り沿いに位置する郷土博物館では、先人たちの営みを体験できるスポットがたくさん用意されていて、小さな子どもでも楽しみながら学ぶことができます。

岸辺の桜と水鳥に人々が憩う

清瀬を代表する川、柳瀬川は、荒川へと続く全長約20キロの川です。都市を流れる川のほとんどがそうであったように、柳瀬川も一時は、魚も小鳥もそして人も寄り付かないほど、汚れた川だった時期がありました。

それだけに、水辺に鳥や魚の姿が見られ、清流を取り戻しつつある今の柳瀬川の姿には、川を愛し、自然を愛する人々の願いが込められているようです。 川沿いの台田運動広場には、サイクリング道路が造られ、緑をぬうようにして、サイクリングや散歩を楽しむことができます。

郷土博物館では開館30周年!きよせ郷土カルタ!

清瀬市の郷土博物館では開館30周年を記念し、市内の文化財、民話、施設、景観、特産品等を題材として選定し、制作委員会委員長で武蔵野美術大学名誉教授の根岸正先生に44枚の絵札の原画を描いていただいた、「きよせ郷土カルタ」を制作しました。

きよせ郷土カルタ

★5,000円以上の寄附でもらえる
・きよせ郷土カルタ

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む