お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

南房総市は台風被害に負けません!復興を見守り、応援してください

台風15号では、暴風による被害が多く、中学校の体育館の外壁が崩れ落ちたり、道の駅の屋根が吹き飛ばされるなど、大きな被害が発生いたしました。 さらにその後の長期にわたる停電や、停電によりに浄水場で浄水ができず断水が起き、市民生活に大打撃を与えました。 停電中に、修復が終わっていない屋根にはブルーシートが張られ、さらに雨に降られることで屋内が浸水し被害が増えていきました。 そこから復旧してきた事業者、お礼の品を見守り、応援してください。

令和元年台風15号復興支援をいただいた皆様にお礼申し上げます

思いやり型返礼品(災害復旧支援型) ※お礼の品はありません

思いやり型返礼品(災害復旧支援型)は、お礼の品はお送りせず、その分の寄附金を特定の事業者・生産者への災害復旧支援金に充てさせていただくものです。
通常のふるさと納税は、1万円のご寄付をいただくと3割程度の価格の「お礼の品」をお届けしますが、被災しお礼の品がお届けできなくなった事業者を支援していただくための「返礼品」です。
お礼の品(特産品)の代わりに、事業者からお礼状(手紙)を送らせていただきます。

東安房漁業協同組合

東安房漁業協同組合(伊勢海老・あわび)への【思いやり型返礼品(災害復旧支援型)】 [№5651-0759]

10,000円以上の寄附でもらえる

【東安房漁業協同組合の被災状況】
台風の暴風により、施設の屋根が破壊されました。
それよりも深刻なのは長期にわたる停電によるものでした。当然、非常電源は常備していましたが、想定外の停電日数の長さによる被災が多くありました。
伊勢海老を備蓄しておく海水プールに、海から直接海水を汲み上げ温度調整を行っていますが、長期にわたる停電で温度調節ができなくなり、伊勢海老が全滅してしまいました。販売できるはずの伊勢海老の損益のほか、死滅した伊勢海老の掃除など多額の費用がかかります。
アワビをストックしておく水槽も同様に被災しました。
これらの被害に対し、皆様からの応援お願いいたします。

ふるさと納税のお礼の品に関する台風15号による損害額
イセエビ 2,400万円
アワビ 2,000万円
サザエ 1,000万円
アワビの稚貝 1,000万円
建物 3,000万円

※画像:イセエビが死んでしまった生簀。

東安房漁業協同組合から皆様へのお礼申し上げます

復旧状況

来年の漁期には海産物をお届けします

あわびは5月から、伊勢海老・さざえは8月から漁期を迎えます。
それぞれ旬な時期にお届けする先行受付を開始しました!

裕成園(ゆうせいえん)

東安房漁業協同組合(伊勢海老・あわび)への【思いやり型返礼品(災害復旧支援型)】 [№5651-0759]

10,000円以上の寄附でもらえる

【裕成園の被災状況】
ふるさと納税のお礼の品で、トマトやレインボーカーネーション、キンカンなどをお送りしています。
今回の台風は、来年用のトマト苗を植えようとした矢先のことでした。
ビニールハウスが潰れ、復旧までは時間がかかりそうです。
被害の少ないハウスの作物に水をかけようにも、停電によりモーターが動かず井戸水を使うことができません。
幸い、水道は使えたので飲料用の水道で水をかけていますが、かなりの費用が必要になると思います。
早くハウスを建て直し、また皆様に甘いトマトや、レインボーカーネーションをお届けできるよう頑張ります。
ブドウもお送りできるよう数年前から木を育てていましたが、今回の台風でもう少し先になってしまいそうです。

※画像:全壊してしまったビニールハウス。

裕成園から皆様へのお礼申し上げます

復旧状況

キンカンが実を付け始めそうです!

思いやり型返礼品で皆様からご支援いただいた事業者の魂の一品!

現在は店舗営業や道の駅のテナント出店など、ほぼ従来の営業に戻った事業者も、被災直後は「思いやり型返礼品(災害復旧支援型)」でたくさんの事業者が勇気をいただきました。
その事業者が皆様に感謝を込めてお届けする「魂の一品」をご紹介します!

ガバメントクラウドファンディングに挑戦しています!

南房総のアワビ漁を復活!台風被害に負けず、これからもアワビを全国の食卓へ届け続けたい!

千葉ブランド水産物に認定され、全国の市場で取引されている「房州黒アワビ」。
奈良時代から続くアワビ漁を未来に残すため、南房総では漁獲を安定させることを目的とした「育てる漁業」に漁業協同組合と協同で取り組んできました。

しかし令和元年、台風15号をはじめとした度重なる台風被害。南房総は2度の暴風・大雨被害により、これまで育成してきたアワビが全滅してしまいました。

全国から愛されてきたアワビをここで終わらせるわけにはいかない。
アワビ漁を未来に残し、全国、世界に誇る房州のアワビを、これからも皆さまの食卓に届け続けるため、ガバメントクラウドファンディングに挑戦しています。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む