お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          房州びわ特集~初夏の味覚びわ、ぶどう、メロン、ブルーベリー~

          令和元年台風15号は南房総地域に甚大な被害を与えました。 多くのびわの木が倒れ、令和3年現在も農家さんや農協など関係者が全力で復興に向け取り組んでいます。 暴風雨から奇跡的に被害を受けなかったびわの木から収穫されたびわをふるさと納税のお礼の品としてお届けします。

          房州びわ270年の歴史

          千葉県の特産果樹である「房州びわ」は、唯一の献上品で果実が大きく美しいことが特長となっており、全国2位の生産量を誇っています。
          びわ栽培は、宝暦元年(1751年)に始められたと言われており、皇室への献上は、明治42年(1909年)に始められ105回を数えます。

          台風被害を受けなかった木から収穫する奇跡のびわ

          房州びわをお届けする生産者・事業者をご紹介します

          道の駅とみうら枇杷倶楽部

          【数量限定】房州びわ(露地)12粒入2Lサイズ以上1箱【5月下旬からお届け】[№5651-1032]

          15,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          300セット限定の商品です
          南房総は枇杷の日本二大産地のひとつで、なかでも富浦町は代表する産地です。
          明治42年以来、天皇・皇后陛下に100年以上献上が続いている最高級の果実です。
          露地栽培のびわは酸味と甘みのバランスが良く、瑞々しいのが特徴です。

          株式会社房総スカイファーム

          房州びわ きしの屋

          山田びわ園

          びわの産地からお届けする、びわを使った加工品

          南房総市からお届けするフルーツをご紹介します

          【寄附金の使い道】

          南房総市の未来を応援してください。

          南房総市では3つの使いみちをお選びいただき、活用させていただいています。
          ①子どもたちの笑顔を育む事業
           子ども医療費助成や特別支援教育総合推進事業に活用します。
          ②自然環境を活かした地域づくり事業
           森林環境整備や河川の水質検査などに活用します。
          ③市民が主役のまちづくり事業
           NPOやボランティアなどの市民活動団体などの活動費助成等に活用します。

          画像は環境啓発活動として市内小中学生を対象として実施した環境ポスターコンクール入賞作品を展示した様子です