人・暮らし・地域を”元気”にするまち 埼玉県鶴ヶ島市

埼玉県鶴ヶ島市はどんなところ?

深呼吸のしたいまち~つるがしま~

鶴ヶ島市は、埼玉県のほぼ中央、都心から約45キロメートル圏内に位置しています。大きな河川はないものの、飯盛川と大谷川が流れているほか、雷電池や太田ヶ谷沼などがあり、地形はほぼ平坦となっています。
東京への通勤圏に属する良好な居住空間が広がる一方で、雑木林や農地などといった武蔵野の原風景が残されており、自然と市街が調和した暮らしやすいまちです。
鶴ヶ島を紹介した動画がありますので、ぜひご覧ください。

「つるがしまの生活」

交通の要衝~どこに行くにも便利~

鶴ヶ島市には、東京メトロ・東急東横線などとの相互乗り入れを行っている東武東上線の3駅があり、東京都心や横浜などに直接行けるという恵まれた条件を持っています。
また、市内に関越自動車道と首都圏中央連絡自動車道が交差する「鶴ヶ島ジャンクション」、関越自動車道「鶴ヶ島インターチェンジ」、圏央道「圏央鶴ヶ島インターチェンジ」があり、交通の要衝となっています。

伝統行事~脚折雨乞~

「脚折(すねおり)の雨乞い」は、古く江戸時代に端を発したといわれる降雨祈願の行事です。麦藁と孟宗竹で作った長さ36メートル、重さ約3トンの 龍蛇 (りゅうだ)を300人あまりの男たちが担ぎ、雷電(かんだちが)池の中で水しぶきを上げながら雨乞いをする光景は、勇壮無比の一言に尽きます。
この伝統行事は、国選択無形民俗文化財、鶴ヶ島市無形文化財に指定されており、4年に1度実施。次回は平成28年8月7日に開催が予定されています。

あなたのふるさと~つるがしま~

平成27年度は、鶴ヶ島市にゆかりのあるパートナー企業16社から75品の記念品の提供を受けて寄附を募りました。
その結果、平成27年4月から12月末までに、11,217件・約2億5700万円の寄附をいただきました。厚く御礼申し上げます。
これからも市の魅力や話題を広く全国に発信し、いただいた寄附金を活用しながら、誰もが住みやすいまちづくりに取り組んでいきます。

ふるさと納税の効果~市内近隣公園に健康遊具を設置~

ふるさと納税の寄附金で、気軽にストレッチや筋力トレーニングができる健康遊具を市内近隣公園3ヶ所に設置しました。
実は平成27年度当初予算では、財政面から設置要求は採択されない予定でしたが、ふるさと納税の寄附が予想以上に集まったため、設置箇所と数を増やして予算化されたのです。全国のみなさまのおかげで、平成27年度中に事業実施(事業費17,270,000円・寄附充当額7,200,000円)することができました。厚く御礼申し上げます。

埼玉県鶴ヶ島市のオススメのお礼の品をご紹介!

B03 プレミアム冷凍餃子(サイボクハム×ぎょうざの満洲)

B11 茶農家直送の狭山茶と狭山茶スウィーツ詰合せ

B25 自家焙煎ブレンド ベストセレクト

C03 鶴ヶ島龍神ビール 24本セット

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む