お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

中山道一の山車まつり!本庄まつり特集!

11月2日・3日は”本庄まつり”が開催されます。

本庄の街並みを笛や太鼓、鐘などによる華やかなお囃子とともに
絢爛豪華な10基の江戸型山車(だし)が巡行し、
古くから親しまれているお祭りです。

今回はこの「本庄まつり」を特集します!

金鑚神社の附祭り「本庄まつり」

「本庄まつり」は、本庄の「鎮守様」として市民から親しまれている
金鑚神社(かなさなじんじゃ)の大祭として、
毎年11月2日・3日に開催されます。

お祭りは開催期間中の安全を祈願する
11月2日の宵祭り(前夜祭)から始まります。

翌11月3日午前10時には神社本庁より
献幣使(※)を迎え例大祭が行われ、
正午に神輿が神社を発御し町内を渡御します。
山車はそのお供で巡行し、これを附祭りと呼んでいます。

※:献幣使(ケンペイシ)
 神社本庁から各地の神社へ、神への捧げ物を奉献するための使い

祭りを彩る10基の山車

お祭りの主役は、各町内が保有する10基の山車です。
このうち明治5年から大正13年までに製作された8基の山車は、
市の文化財に指定されています。

本庄の山車は江戸型の形式を残しています。
山車には、金箔や漆彩色で仕上げられた
見事な彫刻や精巧な彫金、華麗な文様の緞帳が飾られているほか、
伊達柱には精緻な「登り龍・降り龍」が彫刻され、
二重幕や三重幕は豪華な刺繍が施されています。
また、山車の上に飾られる人形は
原舟月(はらしゅうげつ)などの有名作家の手によるものです。

山車に乗っている、子供たちも加わった囃子方の奏でる
優雅なお囃子の音色が、独特な祭情緒をかもし出します。
百年の歴史を誇る絢爛豪華な山車が巡行する様子は、
まるで時代絵巻を見るようであり、
その様子こそが「中山道一の山車祭り」と呼ばれている理由です。

祭りのハイライト・10基の山車が集合!

「本庄まつり」の見所は3つあります。

まずは11月3日正午の金鑚神社。
神社から山車が出発する場面です。
全ての山車が勢揃いして中山道を優雅に巡行します。

次は同日午後3時頃、本庄駅北口・駅前通り。
市内を巡行した全ての山車が集まり、
三重高欄と山車人形がせり上げられます。
ゆっくり山車を見たい方にはお勧めのポイントです。

そして何と言ってもハイライトは同日夜7時頃、はにぽんプラザ前。
10基の山車が再度集結します。
提灯やぼんぼりなどでライトアップされた山車が一堂に会する様は、
幻想的で圧巻の一言に尽きます。

当日は、山車アプリにより山車の位置・お祭り情報を確認いただけます。
11月2日・3日はぜひ本庄市に足をお運びください!

「本庄まつり」にちなんだ返礼品

この「本庄まつり」にちなんだふるさと納税返礼品も
本庄市ではご用意しています。

【11211-0034】山車あられ 郷愁の香 9袋セット

10,000円以上の寄附でもらえる

国産米を原料に香ばしく焼き上げたあられです。
豪華な山車が行き交う本庄まつりにちなみ
「山車あられ」と名付けました。

このほかにも多数の返礼品をご用意しております。
ぜひチェックしてみてください!

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む