芸術の秋!伊参スタジオ映画祭in群馬県中之条町

中之条の秋の風物詩「伊参スタジオ映画祭」

中之条町は群馬県北西部、吾妻郡にあり、新潟県や長野県に接する県境の町です。電車では上野駅から特急で2時間程。また、練馬ICから関越自動車道を利用して2時間弱と首都圏からの車でのアクセスも便利です。

そんな小さな山里で、毎年開かれている小さな映画祭、「伊参(いさま)スタジオ映画祭」が今年は11月18日(金)から20日(日)までの予定で開催されます。

「伊参スタジオ映画祭」とは?

「伊参スタジオ映画祭」が初めて開催されたのは2001年。中之条町内外のボランティアスタッフらが、一から手作りで企画した映画祭も、今年で16回目を迎えます。映画祭では「伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞」の受賞作品や、中之条町に縁のある作品が上映されています。

「伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞」とは、全国から公募で集まった脚本から大賞2本を選び、中之条町周辺で撮影をして、翌年の映画祭で公開する取り組みで、映画を志す若い人の登竜門として、新しい作品を生み出し発表する場となっています。ロケは映画祭会場である中之条町周辺で行われ、映画はかつて町の学校だった建物「伊参スタジオ」で公開されます。

また、映画祭当日には地元の方々が腕をふるい、カツ丼やうどんなどの温かくておいしい食べ物のお店が出店されたり、キャベツの収穫体験を実施するなど、地元ならではのあたたかみにあふれる映画祭となっています。

映画祭存続のために

町内外のボランティアスタッフが活躍し、町のイベントとして今まで愛されてきたイベントですが、年々来場者が減ってきており、存続が心配されています。映画祭をこれからも開催するために、中之条町ではクラウドファンディングを行いました。みなさまからの寄附とあたたかい応援メッセージをいただき、ありがとうございました。

決して派手な映画祭ではありませんが、素朴な中に人々のあたたかさを感じる、大切な映画祭です。ぜひ一度「伊参スタジオ映画祭」にお越し下さい。

伊参スタジオ映画祭 開催概要

【会場】群馬県中之条町 伊参スタジオ(群馬県吾妻郡中之条町大字五反田3527-1)
【期間】2016年11月18日(金)~11月20日(日)
【公式HP】http://www.isama-cinema.jp/

映画と一緒に、秋の中之条町を満喫

お礼の品でもらえる感謝券

中之条町では、寄附をいただいた方に感謝券とお礼の品を進呈しています。

この感謝券は中之条町にある旅館やホテルでの宿泊、買い物や飲食、さらには町内の施設利用やアウトドア体験などにも使うことができます。感謝券を使って、映画祭と一緒に中之条町での旅をお得に満喫してみてください!

秋の中之条町で紅葉狩り

これからの季節、紅葉が美しい中之条。標高1,830mにある日本屈指の高層湿原である芳ヶ平湿原は、ナナカマドやダケカンバの紅葉が鮮やかに色づき絶景となります。特に日本国道最高池点である渋峠からの眺めはまるでジオラマのようだと話題で、人気のスポットになっています。

他にもチャツボミゴケの東アジア最大の群生地「穴地獄」では、秋の紅葉はもちろん、冬の雪に覆われ白銀世界でのスノーシューハイキングなども人気です。中之条でしか見られない景色に出会うことができますよ!

温泉めぐりも楽しめる!

秋から冬の旅行の楽しみはやっぱり温泉!中之条町は、四万(しま)・沢渡(さわたり)・尻焼(しりやき)などの9カ所以上の温泉が集まる、古くからの温泉地。数多くの温泉宿が軒を並べています。お礼の品の感謝券は、町の温泉宿でも利用することができますので、ぜひ宿に泊まってゆっくりと過ごしてみて下さい。

  ■感謝券が利用できる温泉宿はこちらをチェック!

感謝券が使える温泉宿は四万温泉など50ヶ所以上!あなたならどの宿を選びますか?
※下のバナーをクリックすると、感謝券が利用できる宿泊施設の紹介ページが開きます。

都心から約2時間!中之条町への行き方

  ■都心からJRで行く

  ■車で行く

  ■高速バスで行く

・ 上州ゆめぐり号(新宿駅~草津温泉)
新宿駅新南口→中之条駅入口(約3時間)→長野原草津口(約40分)

・ 四万温泉号(東京駅~四万温泉)
東京駅八重洲通り→中之条駅入口(約3時間)→四万温泉(約30分)

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む