福沢諭吉も愛した下仁田町ミルク特集

標高約1300mの傾斜地に放牧して育てた、脂肪分の高いジャージー種の牛たち。たくさん運動したっぷり草をたべた健康な牛から絞った牛乳は、濃厚で香りが高く、そこからできる乳製品にも深いコクがでます。下仁田町自慢の一品をぜひご賞味ください!

原料は、日本最古の西洋式牧場「神津牧場」のジャージー牛乳

「神津牧場」は、明治20年に下仁田町の西部長野県との県境に開設された、日本最古の西洋式牧場。福沢諭吉の学徒だった創業者が、日本人の体格をより強くするために酪農業をはじめました。
標高約1300mの傾斜地に放牧し、自然に近い形で生育するという、当時のスタイルを現在も継承。脂肪分が高く、たんぱく質やミネラル、ビタミンなどの多い「神津牧場」のジャージー牛乳を原料に、さまざまなおいしい加工品を生産。
全国の皆さまに一度味わっていただきたい逸品ぞろいです。

ジャージー牛&そのミルクから作った自慢の品が勢ぞろい

まだまだあります!下仁田の特産品からペア宿泊券まで

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む