筑西が誇るおすすめ返礼品をご紹介!

これからの季節におすすめ返礼品と人気の特産品返礼品をご紹介します。 【キングポーク】 筑西市が誇るブランド豚です。 肉質はきめ細かく、弾力があり、口の中でとろける豊かな風味と、なめらかでさっぱりとした脂が味わえ、味の良さから「茨城県うまいもんどころ」にも認定されています。

筑西(ちくせい)市は、東京から北へ約70km、茨城県の西部に位置し、鬼怒川・小貝川などが南北に貫流した肥沃な田園地帯を形成しています。特に農業が盛んで、特産の米、梨、こだまスイカ、キュウリ、トマト、イチゴ、常陸そばは、全国の消費者から高い評価を受けています。
特産品の中から、これからの季節にオススメの生産者や返礼品をピックアップしてご紹介いたします。

筑西産銘柄豚「キングポーク」から造りだした逸品

キングポークとは?

筑西市協和地区の生産者が母豚繁殖から飼育まで一貫生産しており、皮が薄く、毛が短く軟らかいのが特徴です。
肉質はきめ細かく、弾力があり、口の中でとろける豊かな風味と、なめらかでさっぱりとした脂が味わえます。
味の良さから「茨城県うまいもんどころ」にも認定されています。

1. 食べておいしいこと
2. 肉質が美しいこと
3. 脂肪が適度にのって白くなめらかであること
飼料と血統にこだわって生産した銘柄豚肉です。

「キングポーク」を使用した手作りのハム・ベーコン

筑西市で手作りハムの製造を行っている「ハム工房 風實(かざみ)」さんは
キングポークを使った拘りの熟成ハムや燻製ベーコンを丁寧に作っています。

〜ハム工房 風實(かざみ)〜 その他の返礼品

オリジナルのハム・ソーセージを製造している下館工房

「品質一本、真向勝負」伝統の中にも新しい酒造りに挑む来福酒造

日本酒は、お米から始まり、人が造る作品である。
お米は農業であり、人は技術。
農と技の両面から造られるのが、日本酒という作品である。
お米を作る農家の物語があり、酒を醸す酒蔵の物語、思いやこだわりがある。
どんな人が、どんな思いで造ったか。どんな工夫や技が込められているか。
お酒の背景にあるストーリーを知れば、お酒はもっと味わい深く、おいしくなる。

来福酒造は、1716 年(享保元年)、近江商人が筑波山麓の良水の地に創業いたしました。
創業当時からの銘柄「来福」は、俳句の「福や来む 笑う上戸の 門の松」に由来するものです。
お飲みになるお客様のもとに福が来ますことを願い、日々お酒を製造しております。

茨城県産「紅はるか」を使用している【塚田商店の干し芋】

KEKグループで安定栽培を実現した新鮮野菜

日本ハム特集はこちらから

国産豚肉原料ハムギフト売上、15年連続No1!!
人まかせにしたら、本物はつくれない。そんなこだわりから生まれたハム。
それが「美ノ国」です。豊かな自然の中で、愛情を持って豚を育てる国内自社農場。
時間をかけて熟成させることで、上質な美味しさをとことん引き出す、匠の技。

ハムづくりに最適な原料をもとめて私たちは自社農場で、健康な豚を育むことからはじめています。
おいしいハムをつくるために、ひとつひとつ丹念に、手間をかけて熟成し、お肉の旨みを引き出します。
農場で豚を育むまなざしが、おいしさを作り上げる熟練の技へとつながる・・・ そこに私たちが求めた品質があります。

筑西市産コシヒカリ

その他のおすすめの返礼品

~茨城県筑西市~選べる使い道

筑西市では皆さまからご寄附いただきました寄附金は
当市の発展のため以下事業に活用させていただいております。