お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

気候×情熱=極上の味わい 福島のもも

 くだもの王国ふくしまの中でも、モモはその代名詞です。全国トップクラスの評価を得ている品質だけでなく、生産量でも全国2位となっています。  はつひめ・日川白鳳・暁星・白鳳・あかつき・まどか・川中島白桃・紅錦香(くにか)・黄金桃・ゆうぞら・さくら白桃など、沢山の品種が栽培されています。

桃の先行予約受付中です!

 出荷は夏になりますが、先行予約を受け付けいたしております。
 極上の桃を皆さんに召し上がっていただくため、農家の皆さんの桃づくりは既に始まっています。
 美味しい桃づくりの一年は、まだ雪が降り積もる冬場の剪定作業から始まります。
 剪定作業とは、各枝や幹にまんべんなく光が当たるようにすることで、枝の先端まで養分を行きわたらせるための作業です。  
 剪定作業が終わる春先からは、旨味成分や栄養が桃一つに対して十分に行きわたらせるために余分な蕾を落とす摘蕾作業となります。
 そして、開花後は、受粉作業、摘果、反射マルチシートの敷設による着色管理などを経て、ようやく収穫となります。
 収穫までには生産農家の情熱と実に沢山の手間暇がかかっているのです。

No.1025 【先行予約】ふくしまの桃 3kg 品種お任せ【贈答用】もも モモ

12,000円以上の寄付でもらえる

《先行予約開始しました!》

くだもの王国ふくしまの代表格「モモ」。
生産量は県別で全国2位。
『あかつき』『川中島白桃』『ゆうぞら』『黄貴妃』など、7月下旬から10月上旬まで、その時期の旬の桃を厳選してお届けします。

No.1026 【先行予約】ふくしまの桃 5kg 品種お任せ【贈答用】もも モモ

18,000円以上の寄付でもらえる

《先行予約開始しました!》

くだもの王国ふくしまの代表格「モモ」。
生産量は県別で全国2位。
ふくしまの桃を代表する品種『あかつき』をはじめ、『川中島白桃』『ゆうぞら』『黄貴妃』など、7月下旬から10月上旬まで、その時期の旬の桃を厳選してお届けします。

No.0881【先行予約】 もも まどか 2kg (6玉~8玉)

13,000円以上の寄付でもらえる

福島盆地特有の夏は暑く、冬は寒いという気候。
これに加え朝晩の寒暖差が激しいことが本来の甘味を最大限に引き出します。
その中でも特に選りすぐりの商品をお送りさせていただきます。大果で玉揃いが良く肉厚で果汁も多く果肉も比較的柔らかめで、高糖度で甘みが強く食味は極上のうまさです。ガブッとほおばると口いっぱいに広がる果汁と甘さをご賞味ください。
季節を愉しみ、自然の贅沢を味わってください。  

※【チルド(冷蔵)】での発送となります。

【先行予約】No.0480 川中島白桃3kg

13,000円以上の寄付でもらえる

味に自信あり!飯坂町中野は福島市の中でも標高が高く、寒暖差があるためと国美味しい果物が育ちます。
味も大きさも大満足いただける甘い自慢の桃をお召し上がりください。
3kgは9~11玉

No.0258 先行予約/今、大人気 プチ贅沢な食切りセット 美味しい品種を厳選!『きららのきわみ 1.4kg』

11,000円以上の寄付でもらえる

福島盆地特有の夏は暑く、冬は寒いという気候。
これに加え朝晩の寒暖差が激しいことが本来の甘味を最大限に引き出します。
その中でも特に選りすぐりの商品をお送りさせていただきます。まぼろしのももと言われ、中まで黄色いももです。
マンゴーのようなとろけるような甘さです。
黄色いももの不思議な甘さをご堪能してください。
季節を愉しみ、自然の贅沢を味わってください。

※【チルド(冷蔵)】での発送となります。

桃だけの定期便もご用意しております!

一回の寄附で『何度も』、『様々な品種』をお楽しみいただけます!

くだもの王国ふくしま

 福島市は、夏は高温多湿、年間の降水量は少なく、冬は寒冷の恵まれた風土により、日本でも有数のくだもの生産地です。初夏の「さくらんぼ」にはじまり、「もも」「なし」「ぶどう」「りんご」「かき」など、四季折々の果物を収穫できることから、「くだもの王国ふくしま」と呼ばれています。
 福島市で育まれたくだものは、朝晩の寒暖差により、味が凝縮され、一度食べたらハマること間違いなし『やみつき御免!』の美味しです。

豊かな自然が育んだ美味しいお米と野菜

 「くだもの王国」として有名な福島市は、米づくりや野菜づくりも大変盛んな地域です。
 その理由は、西に吾妻連峰、東に阿武隈高地を仰ぐ、四季がはっきりとした朝晩の寒暖差が大きい盆地性の気候が、稲作や野菜栽培にも大変適しているからです。
 また、国土交通省の河川水質調査で10年連続水質『日本一』に輝いている清流「荒川」や、世界的に権威のある品質評価コンテスト「モンドセレクション2020」において、2017から4年連続で「最高金賞」を受賞中の「ふくしまの水」に象徴される『良質な水』にも恵まれているからです。

福島の豊かな自然と盆地性の気候が育んだ日本一の米

 日本穀物検定協会が本年2月に発表した令和元年産米食味コンテストランキングで、福島市が位置する福島県中通りの「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」が特Aを獲得したのをはじめ、福島県産米は4銘柄で最高位の特Aを獲得しました。福島県は、特A獲得数で3年連続日本一となっています。

旬のお野菜をおとどけします!

 生産者のたゆまぬ努力と福島の豊かな自然によって育まれた旬のお野菜をご用意しております。
 便利な定期便もありますので、是非お試しください!

厳選した福島牛をご賞味ください!

 色は鮮やかで風味は豊か、美しい霜降りと艶、柔らかな肉質、生産者が丹精込めて作り上げた福島牛。
 そのすべてにおいてご満足いただける一品です。厳選した福島牛をどうぞお楽しみください!

とろける肉質、甘く薫る肉!福島牛!

 福島大食農学類の吉永和明准教授(36)は福島牛に含まれる香り成分「ラクトン類」の量が、高級ブランド牛の米沢牛や松阪牛と同等であることを突き止めました。
 ラクトン類は甘い香りを漂わせる香気成分です。吉永准教授が食品中の香り成分を精密に測定できる分析機器を用い、外国産牛と国産牛(福島、米沢、松阪)のラクトン含有量を比較した結果、成分総量は輸入牛より国産牛が圧倒的に多いことが分かりました。
 中でも、福島牛は、ココナッツのような匂いの「γ(ガンマ)-ノナラクトン」、モモに近い香りを放つ「γ-ヘキサラクトン」などの含有量が多く、米沢牛や松阪牛に比べ遜色ないことが分かりました。
 ラクトンは加熱すると質量が増え、火を通すとさらに香りが引き立ちます。
 また、福島牛は、東京の人気飲食店でも数多く提供されているなど、食肉のプロたちからも太鼓判を押されています。
 このように、有名ブランド牛に劣らない品質でありながら、その陰に隠れあまり知られる機会が少なかった福島牛、その上質な味わいを、是非この機会にお楽しみください。

福島の酒!

酒類総合研究所が毎年開催する「全国新酒鑑評会」において、福島県は金賞銘柄数が7年連続日本一となっています。1992年に福島県清酒アカデミー職業能力開発校を設立して以降、技術の共有や継承、人材育成が図られるようになり、現在の成果に繋がりました。また酒米や酵母の研究も長年続けられており、今後の更なる品質向上を目指しています。良質な「水」「米」と蔵元の「情熱」が三位一体となり作られる上質な味わいを是非ご堪能ください。

電子感謝券で福島の温泉や食べ物をどうぞ

 東北の玄関口に位置する福島市は、西に吾妻連峰、東に阿武隈高地を仰ぎ、中心部には緑豊かな信夫山を有するなど、豊かな自然に囲まれ、四季の移り変わりがとても美しい人情味あふれる福島県の県都です。
 また、俳聖松尾芭蕉も訪れたという歴史と伝統に培われた「飯坂温泉」をはじめ、こけしと水芭蕉の里「土湯温泉」や奥州三高湯の一つに数えられる温泉郷「高湯温泉」といったそれぞれに特色のある温泉地を有しているほか、初夏のサクランボにはじまり、夏のモモ、秋のナシやブドウ、初冬のリンゴなど、一年中くだものの絶えない「くだものの宝石箱」として全国の皆様に親しまれております。

寄附金の使い道について

福島市では、皆様からいただくふるさと納税を真の復興に向けた新たなまちづくり等に活用させていただきます。現在は、11の応援メニューに加え、新型コロナウイルス感染症対策メニューを追加しています。

1 「くだもの王国」の農業
2 花見山と美しい環境
3 災害に強い地域づくり
4 古関裕而のまち・ふくしま
5 子どもの夢を育むまち
6 高齢者や障がい者、誰にでもやさしい共生社会
7 にぎわいと活力の県都づくり
8 オリンピックの遺産づくり
9 動物との共生
10 情報発信と都市ブランドの形成
11 とにかく復興、福島市!
12 新型コロナウイルス感染症対策