お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          おうち時間を豊かにする“足もとからのおもてなし” ーーオリエンタルカーペット株式会社(山形緞通)

          ――皇居、ヴァチカン宮殿、歌舞伎座。これらは、オリエンタルカーペットが絨毯を納入した場所である。言うまでもなく、誰もが知る建築物だ。 ――奥山清行氏、隈研吾氏、佐藤可士和氏、千住博氏、小林幹也氏。彼らは、オリエンタルカーペットがコラボレーションしたデザイナーたちである。彼らもまた、国内外で活躍する著名なクリエイターだ。 オリエンタルカーペットは、なぜ、これほどまでに人々を惹きつけるのだろう。その魅力は、どこにあるのだろう。 特集「モノづくりを訪ねる」では、山形県山辺町のふるさと納税返礼品事業者を紹介していきます。第1回目は、オリエンタルカーペットです。

          昭和10年、女性の雇用をつくるために創設された

          山形県山辺町は、かつて「山辺木綿」で栄えた染織のまち。江戸末期にはじまり、明治時代には基幹産業となった。「でも、昭和のはじめに冷害でとても苦しんだ時期があったんです」と教えてくれたのは、常務取締役の国井さん。冷害による凶作で子女が身売りに出されるほど事態は深刻化したという。

          「そこで創業者の渡辺順之助が“女性の働く場をつくろう”と立ち上がったんですね。昭和10年のことです。知人から『中国に高級なじゅうたんをつくる産業がある』と聞いた渡辺は、中国から技術者7名を招いて手織り絨毯の製造技術を教わりました。当時、この辺りに絨毯産業はありませんでしたから、織りから仕上げの処理まで全部教えていただいたそうですよ」

          ▲創業当時に建てられたという工場で、今もここで製造している。当時は停電が多かったからか、窓が多く陽光が気持ちよく差し込むつくりになっている。


          日本で最も古い絨毯製造は、佐賀県の「鍋島緞通(だんつう)※」と言われている。そのほか、「堺緞通(大阪府)」、「赤穂緞通(兵庫県)」があるが、これらは全て木綿糸で織られており柔らかい肌触りが特徴だ。一方、オリエンタルカーペットが学んだのは、ウール(羊毛)を用いた毛足の長い中国緞通の技術。肌触りは木綿より硬く、靴で踏むのに適している。そのため、戦中には戦艦「大和」「武蔵」の長官室へ納入し、戦後にはGHQからの注文もあったという。

          ※「緞通」とは、重厚な敷物用織物を示す日本古来の名称で、中国語の「毯子(タンツ)」に由来します。

          ▲2本のたて糸に毛糸を結び、手で織る「手織り」。玄関マットサイズで1日7〜8cmほどしか織れない。


          オリエンタルカーペットの名を一躍有名にしたのが、皇居「春秋の間」への納入(昭和43年)だ。「春秋の間」は、勲章受賞の際や天皇陛下即位時の「饗宴の儀」を行う間である。「手織りの場合、玄関マットサイズでも1日7〜8cmほどしか織ることができません。『春秋の間』は、手織り絨毯では最も大きいサイズでした。ですから、完成まで一年半くらいかかりましたね」。ヴァチカン宮殿への納入も、同時期のことだ。これらの出来事を皮切りに、オリエンタルカーペットの名は一気に広まった。

          「オリエンタルカーペット」から「山形緞通」へ

          当時の主な納入先は、ホテルや企業の役員室、都庁などの施設。一般家庭向けにも販売はしていたが、企業や行政が多かった。しかし、バブルが弾けデフレ経済に入ると、絨毯は“高級品”と見なされ注文は減っていった。さらに追い討ちをかけるように、リーマンショックや東日本大震災が起きる。

          「そんな状況で唯一売上が減らなかったのが、奥山清行さんがデザインしたシリーズでした。あの震災のあとでも、本当に減らなかったんです」と国井さんは当時を思い起こす。奥山清行氏は、イタリア人以外で初めてフェラーリのデザインを手がけた山形県出身の工業デザイナーだ。一方、歌舞伎座ロビーの絨毯を製造した縁で建築家・隈研吾氏もカーペットのデザインに参加。『KOKE』や『MORI』といった独特の風合いのカーペットが好評を博した。

          山形県産 山形緞通 UMIマット(小) (縦60×横95cm ウール100%) F20A-607

          440,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          奥山清行氏デザインの『UMI』。まるで静かな波の音が聞こえてくるかのような波色のグラデーションが美しい一枚だ。

          山形県産 山形緞通 KOKEマット (縦60×横95cm シルク50% ウール50%) F20A-615

          660,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          隈研吾氏デザインの『KOKE』。3種の異なる毛足の糸を組み合わせて苔を表現しており、踏んだ場所によって肌触りが違うのが楽しい作品。


          「ここに活路を見出そう、とブランディングを行うことになりました。我々は、建築の世界では認知度がありますが、一般の方々には知られていない。“オリエンタルカーペット”という名前だけ聞くと、山形で絨毯をつくっているなんてイメージできないですよね。そこで、個人ユース向けブランドを『山形緞通』と呼ぶことにしたんです」
          コンセプトに「足もとからのおもてなし」を据え、新たなスタートを切った。

          ▲隈研吾氏デザイン『KOKE』の製造の様子。こちらはフックガンという道具を用いた「手刺し」という技術。土台に手織りの技術があるため、手刺しのクオリティも高い。

          “足もとからのおもてなし”を、あなたの家にも

          ここで疑問に思う方がいるかもしれない。「ウールは木綿よりも硬いから、素足で過ごす日本の文化には合わないのでは?」と。事実、オリエンタルカーペットが主に使っている糸は、厳しい山岳地帯で暮らす羊の毛からできている。そのままでは、硬くてちくちくするのだ。

          ▲『山形緞通』マークは、原料となる羊の顔と山形の「山」の字を模してつくられている。


          「そこで開発したのが“マーセライズ加工”という技術です」と国井さん。中国の技術者から学んだ仕上げの技術を磨き、昭和25年に実用化した。「織り上がった絨毯の表面を、アルカリ溶液で溶かし、糸を柔らかくするんです。毛並みも出て肌触りがよくなる一方、色が黄変してしまう。黄変することを見越して染色する必要があるので、染色工場がないと難しい技術なんですよ」

          ▲調合後、耐摩擦や対光テストを繰り返し、的確な色をつくり出す。


          オリエンタルカーペットは、糸づくりから染色、織り、仕上げ、そしてアフターケアまで全てを自社工場で職人による一貫生産を行っている。だからこそ、デザイナーたちの高い要求にも応え、素足の生活様式にあった最高の絨毯をしつらえてきた。

          ▲これまで染め上げた2万色程の糸をストックしている。


          「絨毯はとても高価なものですし、なければないで生活にも困らないものでもあります。でも、絨毯を一枚敷くことで部屋の空間が和らぎますよね。お客様をもてなすときはもちろん、自分へのご褒美としても。ぜひ、普段使いをしながら、優雅な気分を味わっていただけたらと思います」


          オリエンタルカーペットの絨毯は、手織りのもので約100年、手刺しのものでも4〜50年は持つそうだ。使えば使うほどに味わいが増し、時代が変わっても暮らしに寄り添ってくれる。あなたの暮らしにも、“足もとからのおもてなし”を取り入れてみてはいかがだろうか。