お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

ふるさと納税をして秋田県鹿角市にいこう!

秋田県鹿角市(かづのし)は、秋田県の北東部にあり、北東北3県のほぼ中央に位置しています。
かつては日本屈指の銅山「尾去沢鉱山」をはじめとする鉱業が盛んであったことや、北に十和田湖、南に八幡平の国立公園があり、有形無形の歴史文化遺産が数多くあることなどから、人の往来も多く、固有の文化を育んできました。

鹿角市は・・・
☆きりたんぽ発祥の地です
☆「北限の桃」、「かづの牛」、「淡雪こまち」など、数多くのブランド農産物があります
☆「大日堂舞楽」、「毛馬内の盆踊」、「花輪祭の屋台行事(花輪ばやし)」と3つの国指定重要無形民俗文化財があります。「大日堂舞楽」と「花輪祭の屋台行事(花輪ばやし)」はユネスコ無形文化遺産に登録されております。

 

電子感謝券とは?


電子感謝券とは、発行地域限定で使える電子化された感謝券のことです。 今回は鹿角市が発行する電子感謝券のため、鹿角市が定めた加盟店での宿泊や飲食に利用することが可能です。
ふるさと納税を行う自治体を選びます
自治体に寄附すると電子感謝券がもらえます
QRコードを読むだけで簡単に利用できます
電子感謝券とは、発行地域限定で使える電子化された感謝券のことです。今回は鹿角市が発行する電子感謝券のため、鹿角市が定めた加盟店での食事や宿泊などに利用することが可能です。
 

使えるお店一覧

※利用可能店舗は随時拡大中です!お楽しみに

■ 道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)


2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」のコンセプトは”縁が輪になる、大湯のえんがわ。”。鹿角市内の特産品を堪能できるカフェやマーケットのほか休憩スペースや足湯など、ゆったりと楽しめる空間です。毎月4と9のつく日には朝市が開催されるそう。地元の方と観光で訪れた方との「縁」が生まれるようなしかけも考えられているのも魅力です。2020年東京五輪の会場である新国立競技場の設計も手掛けた隈研吾氏によって設計された建物は、細部まで見どころにあふれています。

[住所]秋田県鹿角市十和田大湯字中谷地19番地
[電話]0186-22-4184
[URL]https://yunoeki-oyu.jp/(道の駅おおゆの公式ページへ)
[営業時間]
大湯えんがわショップ:9時〜18時
大湯えんがわカフェ:11時〜16時 テイクアウト:9時〜18時
拉麺大湯縁ヶ輪軒:11時〜15時(4と9のつく日 定休日)
※時間は変更する場合がございます。
※年中無休(年末年始等一部休業日あり)

■アクセス・営業時間

 

使い方

①電子感謝券の申し込み

②アプリをダウンロード

 iOSの方はコチラからダウンロード

 Androidの方はコチラからダウンロード

③現地で使う

 

Q&A

Q. 電子感謝券はどのように利用するのでしょうか?
A. 店頭のレジにて「支払いに電子感謝券を利用する」旨をお伝えください。
Q. 電子感謝券は寄附申込と同時に発行されますか?
A. 決済完了後、即時発行されます。ただし、電子感謝券の決済方法はクレジットカード決済のみとなります。
Q. 電子感謝券は現金で購入できますか?
A. 電子感謝券は現金などでご購入いただけません。お礼の品としての提供になるため、ふるさとチョイスより鹿角市への寄附の手続き・決済を行ってください。
Q. 買い物途中で、残高不足になってしまった場合はどうすればよいですか?
A. 不足分は再度鹿角市へふるさと納税の寄附手続きを行い、電子感謝券を取得していただくか、不足分を現金その他の支払い方法で直接お支払いください。
Q. 電子感謝券は換金できますか?
A. 換金はできません。
Q. 使用しない場合、他の人へ譲ってもいいでしょうか?
A. 電子感謝券の譲渡は禁止されています。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む