ガバメントクラウドファンディング

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

もぎたてさくらんぼ!宮城県登米市 2016年5月

写真

 
お米、野菜、お肉。食卓の主要食料を東北で最も供給している、農畜産物供給地帯・宮城県登米市。「環境循環」を市で取り組み、農作物の副産物(稲わら・もみ殻等)を畜産に活用する“耕畜連携”の先進地です。
ふるさと納税も「ふるさとの山・沼・川などの自然環境を守りはぐくむ事業」に活用する登米市がつくる農畜産物と、未来に続く安心・安全な循環型社会をつくる登米市の取り組みをご紹介します。

登米市はポイント制を使用しています

寄附のお申し込みだけではお礼の品のお申し込みは完了していません。ご寄附の後、あらためて「ふるぽ」マイページよりお礼の品を選択してお申し込みください。
ポイント制についてくわしくは「ふるぽ」HPをごらんください。

さくらんぼの申し込み開始!

5月10日より、待望のさくらんぼの受付が始まります★
循環型農業のパイオニア、登米市のさくらんぼは、名産地に劣らぬみずみずしい美味しさ。
100箱のみの季節限定品ですので、ぜひお見逃しなく。

20,000円以上の寄附でもらえる
20,000円以上の寄附でもらえる
写真

登米市のさくらんぼは、もぎたてを直送!
自然あふれる環境のもと、最も適した熟度で発送いたします。

【配送について】
6月5日~15日の間に順次お送りいたします。
※ 収穫時期により、配送日は前後する場合もございます。ご了承ください。

環境保全米のパイオニア、登米市

写真

登米市は、農薬や化学肥料の使用量を半分以下にして育てる環境保全米(特別栽培米)の発祥の地であり、管内の水稲作付面積のうち80%以上で環境保全米を作付しています。登米市の米作りは江戸時代の新田開墾から始まり、現在では宮城県内随一の米生産量を誇る稲作地帯にまでなりました。中でも登米市産「ひとめぼれ」は、財団法人日本穀物検定協会・米の食味ランキングで、最高「特A」ランクを平成16年から連続で受賞しています。安心・美味しい・質の高い登米ブランドをご家庭でお楽しみください。

20,000円以上の寄附でもらえる

A006 極献上(2kg)【60pt】

米1

2kgのお礼品ですが、味にボリュームあり!市場には出回らない希少な一品です。国際名稲会ダイヤモンド褒賞受賞の石井稔さん生産のJAS有機栽培米。一粒一粒しっかりした食感、甘みもある飽きのこないお米です。
容量:ひとめぼれ2kg

20,000円以上の寄附でもらえる

A007 ひとめぼれ・ササニシキセット【60pt】

米2

フードアナリストが厳選した登米市のお米を満喫する2種のセット。宮城県を代表する「ひとめぼれ」、お寿司の銀シャリとして広く親しまれている「ササニシキ」。
容量:ひとめぼれ2kg×1、ササニシキ2kg×1

20,000円以上の寄附でもらえる

J002 平成27年産新米 宮城県登米産特別栽培米ササニシキ(環境保全米)【45pt】

米3

環境保全米を毎日の食卓に。体にやさしく、毎日食べても飽きのこない味は、農家さんの愛情があってこそ。同種類で「ひとめぼれ 5kg」もあります。
容量:ササニシキ5kg

20,000円以上の寄附でもらえる

J005 登米市産環境保全米ひとめぼれパックご飯【45pt】

米4

単身の方やお忙しい方に嬉しいスタイル。登米市産環境保全米ひとめぼれをパックごはんにしました。電子レンジで2分、おいしいごはんが召し上がれます。
容量:ひとめぼれ1食(200g)×24食

20,000円以上の寄附でもらえる

L002 平成27年産新米 登米市産ひとめぼれ10kg精米【60pt】

米5

宮城のひとめぼれは、母親であるコシヒカリの特徴を受け継ぎ、粘り・ツヤ・うまみ・甘み・香りのトータルバランスがよく、色々な料理に合うオールマイティなごはんです。精米したてをお届け。
容量:ひとめぼれ10kg精米1袋(注文頂いた時点で最新のお米をお届けします)

20,000円以上の寄附でもらえる

R001 平成27年度新米 はちみつ米ひとめぼれ精米5kg【60pt】

米6

登米市のひとめぼれ栽培中の田んぼに、病気予防のために殺菌効果があるといわれる「はちみつ」を希釈して無人ヘリコプターで散布した、特別栽培ならではのお米。お米が美味しいことが当たり前だからこそできる技術によってつくられました。他にササニシキもあり。
容量:ひとめぼれ精米5kg

東北を代表する食料供給地帯・登米市の野菜と果物

写真

登米市の中央を迫川、東側を北上川が貫流している肥沃な登米耕土が形成されている登米市。お米は元より、野菜ではキャベツ・キュウリが国の指定産地の指定を受け、にらやナス、にんにく、りんご等も県内有数の産地として知られている登米市は、東北を代表する食料供給率を誇ります。

写真

30,000円以上の寄附でもらえる

J006 宮城登米産「009 きゅうり」【65pt】

きゅうり

漫画家・石ノ森章太郎生誕の地、登米市ならでは!JAみやぎ登米産キュウリのイメージキャラクターに漫画「サイボーグ009」を採用、キュウリ食べる主人公の「島村ジョー」を出荷箱に描き、009のロゴの「9」はキュウリに…!
容量:50本入り/箱(A品)

30,000円以上の寄附でもらえる

R005 季節の野菜セット【65pt】

野菜

大地の栄養を多く含んだ野菜たち。新鮮で美味しい野菜をお届けします。季節の野菜詰め合わせなので、何が届くかが楽しみですね。
容量:季節の野菜セット(約10~15品目)※画像はイメージです。季節により詰合せる野菜が異なります。

30,000円以上の寄附でもらえる

甘くて美味しいアスパラガス2kg

アスパラガス

登米市の安心・安全野菜、春の野菜アスパラガスがお目見え!低農薬、化学肥料の使用量削減により、有機栽培と土作りにこだわった高品質のアスパラガス。5月までお楽しみに♪
容量:アスパラガス2kg
受付期間: 2016年5月1日〜2016年7月31日
配送期間: 2016年5月8日〜2016年8月10日

お米、野菜に続き、和牛生産量本州1位!
   “耕畜連携”で育てられる和牛と赤豚

写真

登米市の豊潤さは農作物だけではありません!なんと和牛生産“本州1位”を誇ります!登米市で育つ家畜のえさは、稲作時に出る稲わら。農業と畜産の連動する資源循環型農畜業により、高品質の肉を日本全国に出荷しています。

特に「仙台牛」は、枝肉規格でA5・B5に格付けされたもののみを「仙台牛」と名乗ることができる選ばれた肉。「伊達の純粋赤豚」は宮城県が8年の歳月をかけて作り上げた肉豚。こちらも厳格な審査を通過した豚のみが生肉として出荷されます。

写真

40,000円以上の寄附でもらえる

K010 宮城県登米産仙台牛バラ鍋物用【100pt】

肉1

宮城県内で出荷される和牛の中でも約3割だけが「仙台牛」として名乗ることができる最高ランクの牛肉。霜降りと赤身のバランス、きめの細かい肉質。使いやすいバラ肉の鍋物用が登場!
容量:300g

50,000円以上の寄附でもらえる

L027 仙台牛A5ランク(登米市生産者限定)サーロインステーキ用【125pt】

肉2

登米市東和町錦織の千葉正一さんが育てた牛です。限定した生産者から直接お客様へお届けいたします。
容量:200g×2枚

20,000円以上の寄附でもらえる

D002 赤豚しゃぶしゃぶ Bセット【50pt】

野菜米セット

「伊達の純粋赤豚」は宮城県が8年の歳月をかけ造り上げた、「しもふりレッド」を純粋交配して作り上げた肉豚です。柔らかくジューシーな肉と、融点の低い脂身はまさにしゃぶしゃぶ向き。
容量:肩ロース130g、モモ100g、バラ230g、ゆずポン酢100ml×1

登米市の郷土愛たっぷりの食材「油麩」

写真
登米市名物「油麩」は油で揚げた珍しいお麩。
うどんやみそ汁、煮物などに入れると、コクと風味が出て料理が一層引き立ちます。また、B-1グランプリで有名な油麩丼の材料としても使われ、多くの人たちに愛されている食材です。

背景

油麩のお礼の品をご紹介

油麩のお礼の品
20,000円以上の寄附でもらえる
・登米市油麩はっとセット
・あぶら麩2本入(6ヶ箱詰)
・登米食彩工房北上食品おためしコース
・登米食彩工房北上食品あぶら麩丼セット
・登米食彩工房北上食品あぶら麩色々食べ比べセット
30,000円以上の寄附でもらえる
・あぶら麩2本入(10ヶ箱詰)
・登米食彩工房北上食品どっさりコース

B-1グランプリに出場した絶品“油麸丼”レシピ♪

油麩丼

材料:1人前

油麸(1cm位の輪切りにしたものを6枚)
長ネギ1/4本(又は玉ネギでもよい)
卵1個、だし汁75cc、砂糖 大さじ1/4
しょうゆ 大さじ1、みりん 大さじ1

作り方

1 鍋にだし汁を入れ軽く沸騰させ、砂糖・しょうゆ・みりんを加え、かき混ぜます。
2 そこに、斜め薄切りにした長ネギと、輪切りにした油麩を入れます。
3 油麸を裏表しながら、煮汁をしみこませます。
4 一煮立ちしたら、溶き卵を回し入れ、半熟程度に火を通します。
5 丼に盛ったご飯の上にのせて、出来上がり。
6 お好みで、紅ショウガ等をのせます。

食だけではありません!多くの漫画家を輩出したまち

登米市は「仮面ライダー」「サイボーグ009」など、数々の名作を世に送り出した漫画家・石ノ森章太郎先生をはじめ、『AKIRA(アキラ)』などの作品で海外でも名高い漫画家・大友克洋先生に加え、『夢みる惑星』、『ワン・ゼロ』の佐藤史生先生、スポーツ漫画の奇才・鎌田洋次先生、『HOTELアネックス編』のシュガー佐藤先生の出生地です。
また、漫画以外にも、日本画家の高倉勝子先生(高倉勝子美術館)、フランス在住の造形作家サトル・サトウ先生(Satoru Sato Art Museum(サトル・サトウ・アート・ミュージアム))、直木賞作家の熊谷達也先生、ピアニストの及川浩治先生など多くの芸術家を輩出しています。
登米市の豊かな自然と風土が、芸術家としての感性をはぐくんでいくのかもしれません。

背景

石ノ森章太郎ふるさと記念館

石ノ森章太郎ふるさと記念館

所在地:987-0601 中田町石森字町132番地
電話番号:0220-35-1099
開館時間:午前9時30分~午後5時
※7月1日~8月31日までは午前9時~午後6時
休館日:毎週月曜日 ※月曜日が祝日の場合はその翌日12月29日~1月3日
URL:
http://www.city.tome.miyagi.jp/kinenkan/

登米市の寄附の使い道をPICKUP!

ふるさとの山・沼・川などの自然環境を守りはぐくむ事業

写真

登米市周辺は、ラムサール条約に指定された国際的にも重要な渡り鳥の飛来地で、冬にはハクチョウやガンをはじめとする渡り鳥が越冬します。特にマガンは日本に渡ってくる8割が飛来し、早朝の飛び立ちや夕方のねぐら入りなどの雁行は壮観です。
また、翁倉山は 国の天然記念物「イヌワシ」の生息地として知られており、鱒淵川には国の天然記念物「ゲンジボタル」が乱舞し、幻想的な世界を味わおうと県内外から多くの人が訪れます。登米市は、このような環境の保全に力を入れています。

写真

イヌワシの住む翁倉山            鱒淵川に住むゲンジボタル

 
ふるさとの歴史的な街並みや文化財の保全及び活用に関する事業

写真

明治時代、県庁所在地だった登米市登米町には、明治時代に作られた小学校、県庁、警察署などの歴史的建造物が多く残されており「みやぎの明治村」と呼ばれています。

特に、白いバルコニーが印象的な旧登米高等尋常小学校の校舎は国の重要有形文化財に指定されており、現在では「教育資料館」として保存公開されています。2階の教室には再現教室なども常設され、口ヒゲに山高帽姿の校長先生が見学者を生徒に見立てて、壇上から愉快な講義をしてくることも。また、予約をすれば昔懐かしい昭和30年代の献立を再現した学校給食を味わうことができ、若者にも年配の方にも好評です。

登米市ではこのような歴史的な街並みや文化財の保全にも力を入れています。

みやぎの明治村

教育資料館と再現教室

警察資料館

警察資料館

水沢県庁記念館

水沢県庁記念館

※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

自治体紹介icon自治体紹介

自治体紹介_画像

宮城県登米市

宮城県の北東部に位置する登米市は、北上川や迫川、伊豆沼、長沼などの豊富な水資源と、穏やかな気候と農地、山林等の自然資源に恵まれ、数多くの農林畜産物の生産する東北最大級の食糧基地です。特にお米は、古くは伊達藩時代から名産地として知られ献上米となり江戸の食を支えました。現在も、赤とんぼが舞う稲穂マークを目印に、管内90%以上の農家が減農薬に努める環境保全米に取り組み、市を上げて環境にも人にも優しい循環型農業を推進しています。

PICK UP / おすすめのお礼の品

  • 【5/10発送開始】旬の味!アスパラガス(Lサイズ2㎏)

    低農薬と土作りにこだわった自慢のアスパラガスを、糖度が高く一番美味しい期間にお届けします!
    2017年5月2日(火)19時00分
  • 『はちみつ米』ひとめぼれ精米5kg(2袋)
    2017年3月24日(金)9時17分
  • グッドデザイン賞受賞☆『BON』
    2017年3月21日(火)9時38分
  • お豆腐の濃厚チョコケーキ【精進ショコラ】4号
    2017年3月21日(火)9時36分
  • 『はす肌』化粧水・クリームセット
    2017年3月8日(水)9時00分

自治体ランキングiconお気に入り数ランキング

この自治体への応援メッセージ

2017年5月8日 22:27
いつも美味しいお米をありがとうございます。
2017年4月27日 3:57
父親の故郷である石越町のために少しでもお役に立てればと思います。
2017年4月21日 20:34
子供の教育がんばってください
2017年4月16日 21:08
福祉の充実に
2017年4月11日 4:11
子供の教育の充実を願います。
2017年4月3日 10:27
今後の医療体制のさらなる充実に期待しています。
2017年3月31日 17:44
米どころ、がんばって!
2017年3月31日 11:11
今後のより一層の発展を祈ります。
2017年3月28日 23:30
震災後の東北、応援しています。
2017年3月26日 10:15
がんばれ!!宮城県登米市!!
2017年3月26日 7:26
いつか、家族で遊びに行きたいです。
2017年3月25日 22:52
がんばってください 
2017年3月23日 0:38
一度、訪れてみたいと思っています。応援しています。
2017年3月21日 14:12
より安全なハムなどの加工品を待っていました!
2017年3月20日 10:54
美味しいいちごを沢山作ってください!
2017年3月19日 17:51
私の母校でもある石森小学校の学生の皆さんが快適に過ごせるように。
元気に健康に明るく楽しい小学校生活をおくってほしいです。
2017年3月12日 19:35
2011年の震災後、沿岸部に向かう途中で立ち寄って美味しいお昼をいただきました。これからもどうぞ頑張ってください。
2017年3月12日 16:04
災害に負けず頑張ってください。一神戸市民より
2017年3月11日 22:27
子どもたちのために使ってください。
2017年3月8日 22:32
イチゴに惹かれて寄付させていただきましたが、先ほど長沼ボート場のある場所だと気づきました。オリンピック会場にならなかったのは残念でしたが、ぜひ捲土重来を応援しております!
2017年3月6日 22:34
御地の発展を念じます
2017年3月4日 17:50
頑張ってください。
2017年3月2日 0:14
この寄付が登米市に貢献できることを楽しみにしています!
2017年2月28日 17:33
がんばれ
2017年2月26日 10:00
地域活性のために!子供たちの未来に!
2017年2月14日 18:32
宮城県の発展を願う。
2017年2月12日 22:01
産業振興に役立てて下さい。
2017年2月7日 23:14
いつも楽しみに美味しく頂いています。
2017年2月5日 14:46
子供が農業体験でお世話になりました。ありがとうございました。
2017年2月2日 0:09
登米市の皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたします。

ページ内の一番上へもどる