お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

昔懐かし!!ルーレット式おみくじ器

古き良き昭和の雰囲気を醸し出す「ルーレット式おみくじ器」、実は!日本で唯一!滝沢市のみで製造・販売されているのです! そんな滝沢の特産品とも言うべき「ルーレット式おみくじ器」をふるさと納税の返礼品として取扱っております。

ルーレット式おみくじ器について

滝沢市の閑静な住宅街の中にある金属加工業「北多摩製作所」、実はこの会社が、誰でも知っている「ルーレット式おみくじ器」を日本で唯一製作している所だとは意外と知られていません。30年以上も前からルーレット式おみくじ器の製作を行っている北多摩製作所ですが、本業は金属加工業なんです。
「うちはあくまでも金属加工がメインでおみくじ器は副業的なもの。それでも一時期、おみくじ器のおかげで社員の給料が払えたこともあったんだ。だからこそ大事にしていきたい」と北多摩製作所おみくじ事業部営業本部長の進藤さんは言います。
古き良き昭和レトロな雰囲気を醸し出すルーレット式おみくじ器の向こうには、製作会社の方々の熱い思いが秘められているんですね。

そんな熱い思いの秘められたルーレット式おみくじ器ですが、ルーツは当時ブームになっていた「灰皿おみくじ器」でした。
ドライフラワーを入れてみたり形を変えてみたりと試行錯誤を繰り返した結果、およそ三年の期間を経て「ルーレットを取り入れる」という現在の形に辿り着きました。
また、一度のレバー操作で、お金の識別・ルーレットをまわす・おみくじの排出など幾つもの動作を同時に行わなければならず、完成するまで相当な時間を費やしたそうです。

昭和から現在まで同じ金型・同じ製法で製作されてるルーレット式おみくじ器には、60個以上の部品が使用されており、その一つ一つを手作業によって組み立てている、ハンドメイドな逸品なのです!
それら部品の僅かな曲げ方によって動作が決まるそうで、金属加工工場ということで自社で調節しながら製作しているというこだわりよう、まさにルーレット式おみくじ器職人ですね!

なんと、中に入ってるおみくじも一つ一つ手巻きされているんですよ!
そんな、作り手の手間と愛情がこめられたルーレット式おみくじ器を製造・販売しているのは日本で唯一、滝沢市の北多摩製作所だけなのです!

滝沢市ふるさと納税で取り扱っているルーレット式おみくじ器のラインナップは以下の通りとなります。 すいかバージョンとチャグチャグ馬っ子バージョンの滝沢特別バージョンでお届けする、スペシャルなルーレット式おみくじ器になります!是非、この機会に手に取って、楽しんでいただけたら幸です。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む