お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          陸前高田市の復旧・復興を支えていただいた全国の自治体の方々へ感謝を込めて【東日本編】

          震災直後から陸前高田市では職員不足により全国各地からの派遣職員の力を借りて運営されています。 これまで49自治体、490人もの職員の方から陸前高田市の復旧・復興にご尽力いただきました。 発災から10年が経ち、全国的にコロナ禍で事業者が苦しんでおります中で、これまで複数年にわたり派遣いただいた自治体の応援をすべくおススメ返礼品をご紹介いたします。

          東日本大震災が起こった3.11から10年

          コロナ禍で苦しむ全国の事業者のご支援をお願いします

          令和3年3月11日で東日本大震災発災10年となります。

          陸前高田市では人口の7.3%となる1,761人もの尊い命が失われ、99.5%にも及ぶ家屋が地震や津波により被害を受けました。
          全国はもとより全世界からご支援いただきながら各種復旧・復興事業に取り組み、現在、被災者の住宅再建が進み、中心市街地には事業者のなりわいの再生も進められ、まちににぎわいが見えてまいりました。

          陸前高田市では職員不足から今でも全国各地からの派遣職員の力を借りて運営されています。
          これまで49自治体、490人もの職員の方から陸前高田市の復旧・復興にご尽力いただきました。

          震災からこれまで複数年にわたり派遣いただいた自治体の中から掲載にご承諾をいただきました自治体に、その自治体おススメ返礼品をご紹介いただきました。
          全国的にコロナ禍で事業者が苦しんでおります。
          そんな事業者の返礼品を選択して応援しませんか?

          自治体おすすめ返礼品【東日本編】

          秋田県鹿角市

          秋田県鹿角市

          「鹿角に来たらママの顔見なくちゃね!」メディア紹介も多い鹿角の「美ふじ」は、ママが名物。
          そしてママが作る「美ふじ」の名物はなんといってもきりたんぽ!比内地鶏ガラを5時間以上、じっくり煮込んだ自家製スープが心にも体にも、じわ~っと染み渡ります。

          千葉県我孫子市

          千葉県我孫子市

          我孫子市は千葉県北西部に位置し、東京都心から電車で35分程度の利根川と手賀沼に囲まれた自然豊かなまちです。そんな我孫子市には、日本で「唯一」の鳥専門の博物館である「鳥の博物館」があります。今回ご紹介する返礼品は、「鳥の博物館」が提供する返礼品の中で1番人気の「ハシビロコウグッズセット」です。鳴かない、動かない、目つきは悪いけどなぜか気になる「ハシビロコウ」のぬいぐるみと、ソックス・メモ帳・缶バッジがセットになっていますので、是非チェックしてくださいね。

          東京都武蔵野市

          東京都武蔵野市

          ファッションと豊かな自然が融合した街、吉祥寺で誕生した国産腕時計ブランドMaker's Watch Knotが日本の技術力を詰め込んだハイスペックなソーラーモデルとして提供するレディースソーラーウォッチです。

          神奈川県茅ケ崎市

          神奈川県茅ケ崎市

          横浜オーガスタミルクファームの牛乳100%を使用した、手作りモッツァレラチーズとモッツァレラチーズの中にさいたチーズ、生クリームを入れたブッラータチーズの詰め合わせです。

          神奈川県大和市

          神奈川県大和市

          大和市では今年1月からふるさと納税していただいた方への返礼品の贈呈を開始しました。
          現在は、約70品目の返礼品を取り扱っており、今後も順次提供数を増やしていく予定です。
          ソーセージやお菓子など定番の食料品から、お弁当箱やスケートボードなどの日用品まで、多種多様な返礼品をご用意していますので、ぜひ一度ホームページをご覧ください。

          山梨県甲斐市

          山梨県甲斐市

          皮ごと食べられる香り豊かな甘いぶどう「シャインマスカット」
          山梨県は全国でもぶどう、桃の産地として有名で、その生産量は全国1位を誇っています。ぶどうの収穫量は全国の2割を占めており、桃の収穫量は全国の3割を占めているまさにフルーツ王国の名に相応しい県です。
          そんなフルーツ王国から、大人気の「シャインマスカット」をお届けします。

          あとがき

          震災から10年、津波により流された中心市街地に鳴り響いていた重機の音は、お店や住宅を建てる大工工事の音へと変わってきました。
          まだまだ空き地が広がり、震災前のまちなみには時間がかかると思いますが、ゆっくりと一歩ずつ前に進んでおります。
          10年という区切りのタイミングで、陸前高田市の復旧・復興を支えていただいた全国の自治体をご紹介させていただきたく号外としてお届けいたしました。
          前回の「岩手県内編」に続き、「東日本編」をご紹介いたしました。
          次回は、「西日本編」をご紹介いたしますが、コロナ禍で旅行もままならないですが、全国の返礼品からその土地に思いを寄せていただけますと幸いです。

          陸前高田市の特集いろいろ♪