お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

さくらの名所・弘前公園のさくらオーナーを期間限定で募集!

青森県弘前市にある弘前公園は、52種、2,600本ものさくらが咲き誇ります。2020年で100回目となる「弘前さくらまつり」には毎年200万人以上が訪れるさくらの名所です。ひろさき応援寄附金(ふるさと納税)では3月~5月の期間限定で、「日本一の『さくら』応援コース」に1万円以上寄附いただいた方を、弘前公園のさくらオーナーに認定する企画を実施します。

さくらオーナーとは?

3月1日~5月31日の期間中に寄附の使い道として「日本一の『さくら』応援コース」を選択し、1万円以上寄附いただいた方を、弘前公園のさくらいずれか1本の「さくらオーナー」として認定します。
オーナーの期間は2021年の弘前さくらまつり終了期間までとなります。

さくらオーナーには以下の特典があります。

【特典1】オーナー証の送付

オーナーとなるさくらの木の樹木番号を記したオーナー証をお送りします。ぜひオーナーとなったさくらに会いにきてください。

【特典2】オーナー限定体験イベントの実施

弘前公園のさくらや管理方法について学びながら体験できるイベントを実施します。イベント内容が決定後詳細をお知らせします。
(オーナーとなっている木への剪定体験や施肥体験を予定していますが、内容が変更となる場合があります)

【特典3】さくらの剪定枝の発送

弘前公園のさくらの剪定枝を数量限定でお送りします(申し込み多数の場合は抽選となります)。弘前公園のさくらを一足早くご自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか。

※また、5万円以上寄附いただいた方は、「最古のソメイヨシノ」「日本一太いソメイヨシノ」のオーナーとなることもできます。「最古のソメイヨシノ」「日本一太いソメイヨシノ」のオーナーをご希望される方は、お申込みの際にコメント欄にてお知らせください。

令和元年さくらオーナー限定体験イベントの様子

弘前公園のさくらを管理する桜守(さくらもり)から説明を受けながら、オーナーとなっている木への施肥(せひ)体験や剪定体験などを行いました。

参加者の感想

・手間暇をかけてさくらの管理をしていることが分かった
・秋の桜オーナーの体験イベントは、弘前城の桜の手入れの仕方などが聞けて、実際に体験することができて、とてもよかったです。

日本三大さくらの名所・弘前公園のさくら

弘前公園(弘前城跡)には、52種、約2,600本ものさくらが植えられており、さくらの名所として知られています。
弘前公園のさくらは、りんごの栽培技術を応用した「弘前方式」と呼ばれる独自の方法により管理されます。ソメイヨシノの寿命は一般的に60~80年といわれますが、「弘前方式」により管理される弘前公園のさくらは、樹齢100年を超えるソメイヨシノが400本以上あり、毎年見事な花を咲かせます。
ひろさき応援寄附金(ふるさと納税)では、「日本一の『さくら』応援コース」に寄せられた寄附金を、苗木の育成やソメイヨシノの各種病害や管理方法、延命策の研究、樹木の管理など、弘前公園のさくらを後世へ受け継いでいくために活用しています。

弘前公園のさくらスポットを一部ご紹介

最古のソメイヨシノ

樹齢130年を超える弘前公園最古のソメイヨシノ。
今でも毎年見事な花を咲かせます。

日本一太いソメイヨシノ

弘前公園三の丸にある幹周5.37mのソメイヨシノ。
樹齢100年を超える古木。

花筏(はないかだ)

散ったさくらの花びらが濠を埋め尽くす花筏。
さくらが散り始めたわずかな期間のみ見ることができる絶景。

西濠

西濠はさくらのトンネルやボートからのさくらなど
見どころ満載。ライトアップされた夜桜も必見です。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む