緊急災害支援平成30年7月豪雨に伴う災害支援寄附受付中です詳しくはこちら

涼夏少雪の郷 北海道新ひだか町の豪華絢爛 海の幸づくし!

日高山脈と太平洋に囲まれた、風かおる 優駿桜国「新ひだか町」

新ひだか町は北海道日高振興局管内の中央に位置し、峰々が連なる日高山脈を背に、雄大な太平洋を望む温暖で緑あふれる自然に恵まれた町です。

日本一の桜並木として有名な「二十間道路桜並木」は平成16年に「北海道遺産」に選定されており、5月上旬には直線7キロメートルに渡って咲き誇る桜並木を一目見ようと、全国から多くの観桜客が訪れます。

また、日本一の競走馬の生産地として知られる新ひだか町では春から夏にかけて、無邪気に草原を跳ね回る仔馬の様子が見られ、ゆったりとした牧歌風景を楽しむことが出来ます。
北海道内でも夏が涼しく、冬の降雪量が少ない「涼夏少雪の郷」北海道新ひだか町へ、ぜひ一度お越し下さい。

新ひだか町の浜っ子たちの心の原風景となっているのが、浜いっぱいに敷き詰められた「日高昆布」(学名:ミツイシコンブ)の天日干し。100年以上も変わらず受け継がれてきた製法は、今もしっかりと極上の品質を守り続けています。

海からあがった昆布は、朝早くから全て手作業で浜辺に敷き詰められ、たっぷりと太陽の光を浴びます。砂利浜の小石の空間は、ほどよい通気をもたらし乾燥を促すと共に、浜風によりじっくりと昆布にうまみが凝縮されていきます。独特の風味は、この天日干しでしか出せません。高品質の伝統は、まさに浜の宝となっています。

今回は、この「日高昆布」をはじめ、日高山脈の清流が育んだブランド鮭「銀聖」、良質な日高昆布を食べて育った濃厚な味わいの「ウニ」、秋鮭の卵から厳選した「いくら」、甘みの強い「真ダコ」と、日高の大地の恵みを存分に享受した自慢の品をご紹介します。



日高昆布、毛ガニ、ウニ、いくら、鮭、豪華な海の幸が勢ぞろい!

品切れ中

日高沖で獲れた毛ガニは、贅沢な冬の味覚です。身がしまり、ぎゅっと凝縮された旨味をお楽しみいただけます。身も濃厚なみそも、ぎっしり詰まった新鮮な毛ガニを浜ゆでにしました。
茹で上げそのままの毛ガニをご堪能ください。

品切れ中

日高沖の定置網で漁獲される「銀毛鮭」。なかでも網元のこだわりで一尾一尾選び抜いた、大型で美しい銀毛鮭は、鮮やかなサーモンピンクの身と脂ののりのよさで、「銀毛鮭の王様」と呼ばれています。この銀毛鮭の王様を最高級秋鮭のブランドとして「銀聖」と名づけ、みなさまにお届けしています。
「新巻」「西京漬」「さざなみ漬け」の3種類の味でお届けします。

品切れ中

根昆布はダシはもちろん、おでんのネタなどにも使うことができ、昆布醤油や昆布酢にも適した多用途に使える万能昆布です。
全国ブランドの三石昆布(通称:日高昆布)の一等根昆布をお得なセットにしました。
洗練された旨味をご自宅でいろんなお料理でお楽しみください。

品切れ中

日高沖の新鮮な秋鮭の卵を一粒一粒厳選し、丁寧に漬け込んだ、味わい豊かな醤油漬けいくらです。プチっとはじける食感と、とろけるような濃厚な旨味がたまらない逸品です!

品切れ中

エサが豊富な日高沖で獲れる真ダコは、強い甘みが感じられます。
浜ゆでしてお届けします。
解凍後、刺身などでお召し上がりください。

品切れ中

高級鮭として知られる「ときしらず」は、成長途中の若いサケでウロコや皮が薄くて柔らかく、秋鮭よりもさらに脂がのっていてジューシーなのにしつこくない、上品な味わいです。日高沖で水揚げされた時鮭を「シンプルな塩」「オリジナル西京味噌」「米こうじ」の3種類の味でお楽しみいただけます。



8日より新規受付開始!豪華さが際立つお礼の品です

品切れ中

春ウニの予約受付が始まります。日高の春はウニ漁の最盛期。「日高昆布」を食べて育った「ひだかのウニ」前浜で採れるエゾバフンウニは、味が濃厚で甘味も強く、近年では全国に高級食材として流通しています。

品切れ中

ひだかの海の幸を定期便でお届けします。一年を通して旬の日高の幸を、贅沢にご自宅でお楽しみください。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む