お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          おいしいまち網走の \ お漬物 /

          T-1グランプリ法人の部優勝のお漬物!生産者ストーリーは必見です。

          ~生産者ストーリー~

          (協力:合同会社 大地のりんご 様)

          ~北海道の農産物を全国に届けたい!~

          写真はジャガイモ畑

          フランス語で「じゃがいも」を「Prmme de terre」といい、このポム・ド・テールを直訳すると「大地のりんご」となるのだそうです。
          「じゃがいもは沢山の栄養を持つという敬意の念からこう呼ぶのだと思います。」と大地のりんごの道山さん。
          「弊社は、大地のりんご。すなわち、じゃがいも! 北海道産品をお取り扱いさせて頂く企業です。」
          そんな網走の元気な事業所さん「合同会社 大地のりんご」様をご紹介します。

          日本の農業を大切にしたい!生産者と加工業者を繋ぎたい!

          「合同会社大地のりんご」代表の道山マミさんは千葉県出身で網走市にある東京農業大学 生物産業学部の第1期卒業生。
          心の中にはいつも「日本の農業を大切にしたい!」という気持ちがありました。
          大学卒業後、東京で働き、結婚します。
          子育て中だった30代後半のある時、大学の恩師から「農業支援のベンチャー企業を網走市で立ち上げないか」と声がかかりました。
          居ても立っても居られない道山さん、ご主人と相談し、なんと2人の子どもを連れて網走市で起業する決断をします。
          心の中にいつもあった「日本の農業を大切にしたい!」という気持ちと「ご主人の理解」が背中を押し、「生産者と加工業者を繋ぐ中間支援をしたい」という強い思いで起業するのでした。

          大切なことは人がつながること

          学生の頃から30年来のお付き合いの農家さん

          道山さんは会社を立ち上げ後、「山わさび」のいわゆる規格外品の活用について相談を受けます。
          農家さんの話を聞き回っている時でした。
          ある農家さんで「わさびの粕漬(かすづけ)」に出会います。
          農家さんから「昔は作っているところがあったけれど、最近は家庭で作られなくなったねぇ」と聞きました。
          道山さん「これは失われつつある食文化、失ってはいけない食文化ではないだろうか」と考えます。
          ここで道山さんは持ち前の行動力を発揮します。
          多くの農家さんからレシピを集め、原料や設備・さまざまな知恵を地域の方からいただくことになります。
          そうして「お漬物」が完成していきます。

          「合同会社大地のりんご」が目指すもの

          北海道の東、オホーツク地域は、海産物ばかりでなく、沢山の農産物も生産されています。
          その中で、大きすぎたり、ちょっと傷が入ってしまったりした多くの野菜がいわゆる規格外品として扱われます。
          ところが、そんな野菜たちの美味しさに違いはなく、私たちの食生活を十分豊かにしてくれる可能性をもっています。
          手間をおしまない昔ながらの製法を農家のお母さんから教わりながら、「安心なものを」「手作り感のあるものを」好んで下さる方々に、いろんな形でお届けできたらと考えています。

          漬物日本一を決めるT-1グランプリ法人の部初代グランプリ受賞

          T-1グランプリは地域の食文化である「漬物」の日本一を決定するグランプリ。
          全国5ブロック(北海道、東日本、中部、西日本、九州・沖縄)から集まった作品の中から日本一の漬物を決めるというもの。
          2011年、初の全国大会は東京タワーの特設会場(東京都港区)で開かれ、「法人の部」に出場した網走市の合同会社「大地のりんご」の商品「ガツンと辛い山わさび粕漬け」が初代グランプリに輝いたのです。
          「山わさび粕漬け」は地元産の山わさびから伸びる細い側根を使い、いわゆる規格外の野菜を活用した作品で「野菜の無駄をなくす郷土料理」がコンセプト。
          審査では「北海道の大地の味がする」「パンにも合うのでは」などと高い評価を頂いたのだとか。

          「こうした家庭の味が全国大会へ出場することで地域のモノづくりのきっかけになればと思っています。
          地域の生産現場に地元で考える企画と製造できる小さな拠点が沢山できてほしいと願っています。
          ご協力して下さった皆様、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!!」と大地のりんごの道山さん

          ガツンと辛い山わさびがこれです

          収穫風景 その1

          収穫風景 その2

          御礼

          数ある自治体の中から網走市に寄附していただきまして誠にありがとうございます。
          全国の皆様からの心温まるご寄附のおかげで、小中学校の吹奏楽楽器を購入したり、こども医療助成をはじめ「子どもたちの活動支援」や「特別支援教育推進」、「スポーツ環境整備」、「6次産業化・農商工連携の推進」、「地域医療体制の維持・充実のために」、「地域公共交通の維持・活性化のために」、「公共施設等の耐震化対策のために」、「その他、まちづくりのため」に活用させていただいております。
          これからも貴重な財源として活用させていただきたいです。
          私共も、皆様に喜んでいただける商品作りをしていきます。
          今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

          ~さぁ、大地の恵みをどうぞ~

          お漬物!

          有機栽培玉ねぎのお漬物詰め合わせセット(網走加工)

          15,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          有機栽培玉ねぎのお漬物詰め合わせセット(網走加工)

          2011年T-1グランプリ法人の部全国大会グランプリ最高賞を受賞

          ガツンと辛い山わさびシリーズ2種詰合せ3本セット×2箱 西洋わさびを使用(網走加工)<網走管内特産>

          15,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          2011年T-1グランプリ法人の部全国大会グランプリ最高賞を受賞

          漬物関連のラインナップ

          網走を食べた後は・・・そうだ! 網走を満喫しよう!

          網走に宿泊!網走を拠点に観光!アクティビティ!

          その他の特集はこちらをご覧ください

          【特集】おいしいまち網走の「カップソフトクリーム」♪

          【特集】おいしいまち網走の「メロン」

          【特集】おいしいまち網走の「地ビール・発泡酒」♪

          ご寄附の使い道

          網走を応援する方々の思いを『かたち』にするため、次の取り組みに活用させていただきます。

          1 子どもたちの活動支援のために
          網走で育つ子どもたちが、社会、自然、環境の中での体験活動を通して、自分と向き合い、他者に共感することや社会の一員であることを実感することにより、思いやりの心や規範意識が育まれます。
          ふるさと網走への愛着を深め、次代の網走を創造していく子どもたちを育成していくための事業に寄附金を活用させていただきます。
          .
          2 スポーツ環境整備のために
          「北のスポーツ基地」として、毎年多くのスポーツ合宿を受け入れ、トップアスリートたちが網走で合宿を行っています。また、健康をキーワードにしたまちづくりを進め、WHO(世界保健機関)が提唱する「健康都市連合」に加盟し、健康都市づくりの取り組みを推進しています。上質なスポーツ環境を提供し、利用者が健康で快適にスポーツを行うことができるよう、スポーツ環境の整備に寄附金を活用させていただきます。
          .
          3 特別支援教育推進のために
          網走市では、学校において、障がいのある子どもたちの支援の充実を図っています。
          障がいのある子どもたちが自立し、社会参加するために必要な力を培うことができるよう、子どもたちへの指導体制の充実や教育環境の整備のために寄附金を活用させていただきます。

          4 6次産業化・農商工連携の推進のために
          網走市は、麦などを中心とした一大食料基地として国内の穀物生産を支えるとともに、豊かな漁場と多種多様な漁業資源に恵まれています。
          「おいしいまち網走」ブランドを確立し、地域産業の発展・活性化を図るため、網走市内で生産される安心・安全な農水産物を使用した6次産業化・農商工連携の取組などに寄附金を活用させていただきます。
          .
          5 地域医療体制の維持・充実のために
          住み慣れた地域で将来にわたって安心して暮らせるよう、また、若い世代が安心して妊娠、出産、子育てができるためには、医療体制の維持、充実が 必要です。
          開業医の誘致など、持続可能な地域医療体制、救急医療体制の維持・充実のために、寄附金を活用させていただきます。
          .
          6 地域公共交通の維持・活性化のために
          JR北海道問題を始めとする地域公共交通の維持存続は、網走市にとって大きな課題です。
          地域公共交通の維持・活性化のために寄附金を活用させていただきます。
          .
          7 公共施設等の耐震化対策のために
          網走市には、市庁舎をはじめ、建築から相当の年数が経過し現在の耐震基準に適合しない公共施設が複数存在しており、耐震化への対応が喫緊の課題です。
          公共施設等の耐震化対策のために寄附金を活用させていただきます。
          .
          8 その他、まちづくりのために
          寄附金の使い道を特に指定されない場合は、本項目で寄附金を承ります。