利用率No.1ふるさと納税サイト

北海道伝統の旭川家具<スツール・チェア編>

豊かな自然に恵まれている旭川には豊富な森林資源があり、その森林資源を使用した「旭川家具」は北海道内でも屈指のブランドとなっています。 今では北海道内の家具の6割は旭川家具で、良質な木材を活かしシンプルで長い間使い続けることが出来る旭川家具はとても人気です。 そんな旭川家具のシンプルでも個性豊かなスツール・チェアを集めました。

軽く持ち運びが出来る便利なスツール

マインスツール ウォルナット

100,000円以上の寄附でもらえる

座面のウェーブがお尻にフィットして、背もたれが無いのに疲れにくい形です。
1脚あるだけで空間が引き締まります。
厚板を削り出して波の形をつくっていきます。

エントランススツールと靴べら(S)のセット メープル

100,000円以上の寄附でもらえる

エントランススツールは場所をとらない大きさで、神社仏閣などにみられる「反りとむくりの美」を取り入れたデザインで、小ぶりな中にも伝統的美しさが息づくデザインです。
安定感のある座り心地なので、お子様を膝に乗せて靴を履かせるとき、ブーツを履くとき、靴の紐を結ぶときにも重宝します。

個性豊かなデザインが目を引くチェア

ルントオム チェアー(座張)/ 北海道タモNF/革張(アイボリー)

200,000円以上の寄附でもらえる

旭川の家具メーカー カンディハウスのロングセラーモデル。北海道産材を使った、あたたかみのある椅子です。
「円(runt)」を表す名の通り、丸い座面が印象的なロングセラー商品。発売45年余りの間に、さらなる完成度を求めてリデザインを重ねてきました。軽快感とスタッキング機能で公共空間にも数多く採用され当社を代表するアイテムとして支持をいただいています。

旭川家具 山室家具製作所 LINEA(リネア) No.509 アームチェアー ウォールナット

300,000円以上の寄附でもらえる

『北海道・旭川で昭和19年創業の長い歴史を持つ熟練家具職人が生み出す家具』
当社の自信作でもあるLINEAのチェアーは、旭川在住の家具デザイナーと木工家具職人が「機能とデザインの融合」を合言葉にして開発された逸品です。重厚かつ優雅な曲線を描く背板からひじ置きまでの流れるようなライン。

【寄附金の使い道】ふるさと納税で、あさひかわのまちづくり。

旭川市では14の事業及び使途を指定しない寄附(一般寄附)の中から寄附先を選択していただき、本市のまちづくりに大切に活用させていただきます。
 〇具体的な活用方法
 ・旭山動物園の展示施設の建設・改修や新しい動物の購入
 ・経済的理由により修学が困難な子どもを支援
 ・職業体験事業「あさひかわキッズタウン」の開催
 ・社会福祉施設等の設備,備品等の整備
 ・外来種対策の実施による生物多様性を保全   など

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む