自治体のもつ課題をふるさと納税で解決!

人口減少、少子高齢化…。地域の課題は山積しています。
しかし、地域にはそれに負けない潜在力を持った人材もいます。
海外で学びたい。無尽蔵の資源を開発したい。ハンディに打ち勝ち、自分自身に挑戦したい。海外の人に日本の魅力を知ってもらいたい。

やりたいテーマを持ちつつ、今、立ち上がろうとする人たちに声援を送り、資金面でバックアップする。ふるさと納税にはそんな力もあるのです。
多くの人からの背中を押す寄附を受けて、動き出す地域の様子をレポートします。

特集第1弾:かわいい子には、ふるさと納税で旅をさせよ!

◆ ふるさと納税で青少年留学支援 ◆

今、必要とされているのは世界で活躍できる、グローバルな視野と素養を持つ人材です。
しかし今、日本でのそうした人材育成の取り組みは未だ十分ではありません。
その一方で、海外留学をしたい意欲ある若者が、資金難で断念しなければならない事例も多くあります。
今、あらゆる場面で国際的に活躍できる人材を育てるべく、地方の若者にも海外経験を積んでもらおうと、全国の自治体が動き始めました。
ふるさと納税で、意欲あふれる若者の旅立ちを支援しませんか?

特集第2弾:風・水・木・光…その場にある自然を受け取る

◆ ふるさと納税で自然エネルギー推進 ◆

当たり前だと思っていた快適で、便利な生活。それが途切れたときはじめて、エネルギーやインフラあってのものだったと思い知らされます。大規模なエネルギーは生活を豊かにしてくれます。
しかし、それに頼り切っていいのかという疑問から、自然エネルギーが注目されています。
昔たきぎを集めていたように、その場にある無尽蔵のエネルギーを集めて活用する。
未来のあり方を考える自治体のそうした動きを、ふるさと納税で応援しませんか?

特集第3弾:すべての人が活躍できる場と手段を

◆ ふるさと納税で障がい者支援 ◆

人は境遇を選んで生まれることはできませんし、突然ハンディキャップを背負う人もいます。
障がいを抱える人は毎日のように生活で思いどおりにならない場面に出会うことを、多くの人は見落としがちです。
障がいを持つ、持たないにかかわらず、すべての人が自分の意欲を活かして活動し、活躍できる社会にしたい。
そうした願いを一歩実現に近づける、ふるさと納税の使い方を紹介します。

特集第4弾:誰もが自己実現できるまちに 障がい者スポーツの機会と場づくりへ力を

◆ ふるさと納税で障がい者スポーツ支援 ◆

身体を動かし、仲間と楽しさを分かち合い、高い目標を乗り越えていく。
スポーツは最も身近な自己実現です。
「やりたいことに誰もが挑戦できる」ことは当然の願いですが、
参加したい障がい者の前には見えない壁が立ちはだかります。
練習の道具や場があるか。練習や試合に出かけられるか。
これらの壁を壊すため、積極的にサポートに取り組む自治体が出てきました。
この動きをふるさと納税で応援しませんか?

特集第5弾:インバウンド観光客に感動のおもてなしを 地域の魅力、積極発信

◆ ふるさと納税で外国人観光客誘致 ◆

有名観光地だけでなくそこだけの体験求め、地域に入る海外からのお客さんは増加の一途。
せっかくの来日、地元の人と交流して、土地の魅力に直接触れて、
満足の笑顔とともに思い出をお土産に持ち帰ってもらいたいですね。
今、多くの自治体でも独自の観光資源を発信しつつ、
多言語対応などおもてなし準備に余念がありません。
憧れの場所や行って好きになった土地をもっと多くの人に体験してもらうため、
ふるさと納税で応援しませんか。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む