お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

お礼の品をもらって「がんばる地域」を応援しよう特集

がんばる地域の具体的な取り組みをふるさと納税で応援できる、ガバメントクラウドファンディング(GCF)。そんなふるさとチョイスGCFにも魅力的なお礼の品が盛り沢山。今回の特集ではGCFのお礼の品をご紹介します。魅力的なお礼の品をもらって、「がんばる地域」を応援しませんか?

ガバメントクラウドファンディング®(GCF®)

ガバメントクラウドファンディング®(GCF®)

GCFは、自治体が抱える社会・地域課題の解決に必要な資金を集めるため、課題・解決策を具体的なプロジェクトとして公開し、ふるさと納税を通じて寄附を募るクラウドファンディングです。

寄附金は「子供の貧困問題」「災害復興」「文化財保護」などの様々な課題解決に役立てられています。

目次

 

「お肉」のお礼の品で地域を応援

【佐賀県】

佐賀県の取り組み

佐賀県の取り組み

本取り組みでは、産後ケア専門家にオンライン相談できるアプリを開発し、身体に大きなダメージを抱えながら慣れない育児を行い、外出が難しく医療機関や行政からの支援も受けにくい出産直後の母親と父親の悩みや不安の解消を目指します。

誰一人として孤立せず皆が笑顔で子育てできる社会の実現に向けて、みなさんのご支援をお願いいたします。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 

【静岡県御殿場市】

静岡県御殿場市の取り組み

静岡県御殿場市の取り組み

秩父宮記念公園は、1941年から約10年間、秩父宮両殿下が実際にお住まいになられていたご別邸を、秩父宮妃勢津子殿下がお亡くなりなられた際のご遺言により御殿場市にご遺贈いただいた歴史ある建造物です。秩父宮両殿下の思いが詰まった母屋を後世に残していくためGCFに挑戦中です。

美しかった茅葺屋根を修復し、母屋がこれからも美しい姿で末永く存在することによりシビックプライドが醸成され、市民の意識の向上にも期待できます。

茅葺という日本の伝統文化の継承、そしていつまでも美しい景観を創出することにより、日本人だけでなく訪日外国人客に日本の伝統、当市の魅力を発信していきます。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 
 

「魚介」のお礼の品で地域を応援

【大阪府阪南市】

大阪府阪南市の取り組み

大阪府阪南市の取り組み

阪南市では、子どもたちと『英語』との新たな出合いを作りあげるため、GCFに挑戦中です。

子どもたちは、小学校3年生から『外国語活動』として学習を行っています。しかし、子どもたちからは、「英語を使うことははずかしい」「英語ってむずかしい」という言葉を耳にします。

この英語ミュージカルを鑑賞することで、そんな英語を使う際に感じてしまう心の壁をとりはらい、子どもたちが楽しんで英語を口にし、「もっと英語を使いたい!」と思えるような機会にしていきたいと思います。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 
 

「お米」のお礼の品で地域を応援

【千葉県木更津市】

千葉県木更津市の取り組み

千葉県木更津市の取り組み

木更津発のオリジナル有機米の生産に向け市内5名の生産者からこのプロジェクトが始まりました。生産規模はまだわずか1.8ヘクタールですが、市内の小中学校給食へ届けるため、顔の見える農業から、本当においしい、安心安全な有機米を体感し、感動し、地域の繋がりと関心を持てる取組が本取り組みの目的のひとつです。

子どもたちへの関心と、環境にやさしい農業。これらが共感され、拡大できるように、そして木更津市の未来への投資となるよう挑戦しています。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 

【新潟県】

新潟県の取り組み

新潟県の取り組み

新潟県内にある若栃集落は、2004年発生の中越大震災で震度6強の揺れに襲われ、家屋や農地に大きな被害を受け、住民が生活の基盤をなくしたことで、過疎高齢化が進む集落です。

小学校の廃校や復旧の遅れで元気のなくなった村を活気づけるため、村の有志が集まり、築160年の古民家を買い取り、民宿「おっこの木」を開業。「おっこの木」は、わかとちの歴史・営みを象徴する建物であるとともに、訪れる人に「わかとちのおもてなし」を味わってもらう場になっています。

今回の取り組みでは、古民家に空調設備を設置します。猛暑日を記録する日も増えてた近年、空調を整備して、子どもからお年寄りまで快適に過ごすことの出来る民宿にしたいと考えています。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 
 

「お酒」のお礼の品で地域を応援

【鹿児島県天城町】

鹿児島県天城町の取り組み

鹿児島県天城町の取り組み

約500年前から続く闘牛文化を継承し、広めていくために、雨や風などの天候に左右されることなく大会を開催できる全天候型多目的施設(ドーム闘牛場)整備のため、GCFに挑戦中です。

現在、天城町にはドーム闘牛場がありません。毎年開催される「トライアスロン大会in徳之島」やクルーズ船の寄港の際には、おもてなし大会を開催していますが、天候が悪いとやむなく中止となってしまいます。

全天候型のドーム闘牛場の建設のほか、駐車場の整備やトイレの整備も行います。さらに観光拠点としても整備し、そこへ訪れた観光客や島民の方々がいつでも闘牛文化に触れられるような多目的施設として整備します。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 

【福岡県八女市】

福岡県八女市の取り組み

福岡県八女市の取り組み

八女市には、名器ピアノが3台もある市民会館おりなす八女があります。このポテンシャルの高い施設を活用して、市民が質の高い音楽に触れる機会を作るために、GCFに挑戦中です。

大都市と比べてクラシック音楽を聴く機会の少ない市民にとって、近現代ピアノ音楽に的を絞った音楽塾となる日本で初めての試みは大きな刺激となります。また、音楽を愛好する市内の子どもたちや、全国から集まる若手音楽家にとっても成長の場となることでしょう。

ベーゼンドルファーをはじめとするピアノをもっと活用し、市民の文化芸術の教養を高めることを目標として近現代ピアノ音楽塾を八女市に招致します。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 
 

「お菓子」のお礼の品で地域を応援

【広島県神石高原町】

広島県神石高原町の取り組み

広島県神石高原町の取り組み

日本では国民の4人に一人が花粉症患者とされています。その発生の要因となるのがスギやヒノキなどは、戦後、植林されたスギやヒノキなどの針葉樹はその後、需要の低迷や林業従事者の後継者不足などから、山林で放置された状態となっています。

さらに、針葉樹は広葉樹に比べて根が浅いため、近年相次ぐ豪雨や水害によって、倒木が押し寄せる土砂災害の原因を引き起こすなどの一因と指摘されています。

この取り組みでは、花粉飛散や土砂災害の要因となるスギやヒノキを間伐して、日本の里山に合った広葉樹に植え替えます。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 

【千葉県柏市】

千葉県柏市の取り組み

千葉県柏市の取り組み

手賀沼は古くから地域の生活や産業を支える重要な資源ですが、都市化が進むなかで生活排水などで手賀沼の水質は急速に悪化し、日本一汚れた湖沼として、有名になってしまいました。

しかし、近年、水質の浄化が進み、手賀沼トライアスロンや手賀沼花火大会などのイベントも開催され、市内外から多くの人が訪れる憩いの場所として、首都圏では貴重な地域資源になっています。

この手賀沼の魅力を次世代に繋げ、「首都圏随一の憩いの場・水辺空間」とするため、柏のふるさと「手賀沼」応援プロジェクトを実施しています。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 
 

「GCF限定」のお礼の品で地域を応援

ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディング(GCF)では、掲載している取り組み(プロジェクト)を応援することでしか申し込めない「GCF限定」のお礼の品がございます。一部ではありますが、「GCF限定」お礼の品をご紹介いたします。

【岩手県陸前高田市】

岩手県陸前高田市の取り組み

岩手県陸前高田市の取り組み

陸前高田市では、東日本大震災の津波で人口24,246人のうち1,761人(行方不明者含む)が犠牲となりました。

未曾有の被害を受け、誰もが人の助けなしには生きていけない社会的弱者としての経験をしたからこそ、復興・まちづくりを進めるにあたり、年齢や性別、国籍や障がいの有無に関わらず、誰もが安全で安心に暮らすことのできる「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」を基本理念に掲げています。

震災の復興支援を機につながりが生まれた、共生社会づくりの先進国シンガポールをお手本に、誰ひとり取り残されることなく全員が活躍できるまちを目指しています。

今回、シンガポールの障がい者アーティストを招へいし、アートを通じた文化交流を進めるとともに、市民がシンガポールから共生まちづくりを学ぶ機会を創る取り組みへチャレンジします!

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 

【広島県府中市】

広島県府中市の取り組み

広島県府中市の取り組み

府中市に無人航空機(ドローン)産業を興し、魅力的な雇用を創出することで長期的に人口減少の解決に挑戦しています。世界で活躍するドローンレーサーを育成することで、市内外にドローン文化を広げ、高い操縦技術を持った人材を育てることを目指しています。

海外のドローンレースの世界では既に多くの10代の選手が活躍しています。2019年1月に開催し注目を浴びた世界初のお寺でのドローンレースでも中学生が優勝しました。

今回の取り組みでは、ドローンレース部活動の支援とドローンレースの開催をすることで、地域で中高生が切磋琢磨できる環境を作り、世界で活躍するドローンレーサーの輩出に挑戦します。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 

【福井県勝山市】

福井県勝山市の取り組み

福井県勝山市の取り組み

2020年春にオープン予定の道の駅「恐竜渓谷かつやま」は、中部縦貫自動車道勝山インターから市内の各観光施設にアクセスするルート上にあることから、多くの観光客に立ち寄っていただけることを期待しています。

道の駅への立ち寄り誘導を促す効果や、観光客等が一緒に写真撮影を行いSNSにアップすることにより、話題性が広がる等、集客効果を上げることを目的に、勝山市最大の魅力である恐竜資源を活かした恐竜モニュメント遊具の設置を行います。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 

【愛媛県上島町】

愛媛県上島町の取り組み

愛媛県上島町の取り組み

古来、多くの人や物が行き交った瀬戸内海の島々は、陸上交通の発達で急速に廃れ、上島町でも人口がこの30年間で3分の2に減りました。一方、サイクリングや国際芸術祭など、景観を生かして新たな魅力をつくる動きも近年盛んになり、瀬戸内海は世界の富裕層の注目を集めています。

豊島(とよしま)は無人島ですが、2016年に現代芸術の巨匠ゲルハルト・リヒターのガラス作品の一般公開が始まると、国内外から多くのアーティストや愛好者が訪れるようになりました。

ライブラリーの建設などを通して、「現代アートの聖地」としての豊島の価値をさらに高め、瀬戸内海が「世界の宝石」としての輝きを増すための活力を生み出すことが、この取り組みの目的です。

■この取り組みを応援できるお礼の品

 
 
 
 

いかがでしたでしょうか?

ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディング(GCF)では、まだまだ「がんばる地域」のプロジェクトを公開しています。

今回の特集でご興味が湧いた方は、ぜひ、ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディングへお越しください。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む