利用率No.1ふるさと納税サイト

伝統工芸品シリーズ 焼き物特集

毎日の生活を彩る器から、贈答品や美術品へと昇華した逸品まで、全国の焼き物を集めてみました。
日本各地の歴史ある焼き物とこだわりの数々をふるさと納税を通じて触れてみてはいかがですか?

約400年以上の陶芸文化と培われた技術の賜物

【鹿児島県鹿児島市】薩摩焼

薩摩焼は鹿児島の豊かな風土に育まれるとともに、陶工たちの弛まぬ努力によって独自の発展をとげ、堅野系、龍門司系、苗代川系という異なる作風の系統を生みだし今に伝えています。

9C-01薩摩焼 江月窯 白薩摩焼酎カップ(藤文・桜文)ペア

30,000円以上の寄附でもらえる

西洋のワイングラスをイメージし、白薩摩の生地で創作したペアグラスです。薩摩焼の伝統柄である桜文と藤文をデザインした人気商品です。

赤ちゃんから大人までずっと使える”津軽焼”

【青森県弘前市】津軽焼

青森県は雪に包まれる時期が長く、屋内での手仕事の文化が昔から脈々と育まれてきました。江戸時代に始まった津軽焼の他にも津軽塗りや弘前こけしなど、数多くの伝統産業が青森県に息づいています。

aeru 青森県から 津軽焼の こぼしにくい器(ボウル、深皿)

30,000円以上の寄附でもらえる

「こぼしにくい器」は、内側に「返し」をつけることで、食べ物がスプーンにのりやすく、すくいやすい、赤ちゃん・子どもから大人までみんなが、こぼしにくい器です。口径11cmのボウルと、口径13cmの深皿のセットです。お粥やお野菜の離乳食などを、それぞれ盛りつけられます。
離乳食が終わっても、幼児食はもちろん大人になっても長くお使いいただけます

精密な造形と優雅な作風

【佐賀県伊万里市】伊万里焼

「秘窯の里」として入り口に番所を設け厳重に管理し、およそ200年間、採算度外視の特別あつらえの献上品を作り続けた伊万里市大川内山。伊万里焼は、透き通った白磁器なので絵付けの美しさが映えるのも特徴です。

H193伊万里陶苑万歴花文夫婦茶碗

30,000円以上の寄附でもらえる

1902年に京都で生まれ、1968年に伊万里陶苑の初代デザイナーとなった痴陶人。彼の器作りへのこだわりは、職人達に受け継がれ、頑なに守られています。万歴花文は、青・赤・黄・緑の4色で椿の花を描いた美しい夫婦茶碗です。

土の風合いが醸し出す素朴なやさしさと雄大さ

【徳島県鳴門市】大谷焼

大谷焼の始まりは、江戸時代後期に四国八十八ヶ所霊場巡りにきた豊後の国の焼き物細工師が大谷村に立ち寄り、ろくろ細工を伝えました。時代のうつりかわりとともに大谷焼も変換を遂げ、その火は絶やされることなく、今では大甕だけではなくお皿や徳利などの日常で使用される雑器もつくられるようになりました。

I-9 大谷焼 睡蓮鉢2尺

100,000円以上の寄附でもらえる

大西陶器の伝統商品「睡蓮鉢」です。サイズは二尺鉢です。内側色は青色です。大きさも約60㎝と十分あり睡蓮もたくさん植えることができます。青色に水が良く映え、メダカを一緒に入れるとたいへん綺麗です。

十数年で姿を消した 幻の焼き物

【大分県臼杵市】臼杵焼

寛政11年(1799年)ごろから、豊後国臼杵藩 (現在の臼杵市)でほんの数年のみ焼かれていた幻の焼き物が「臼杵焼」です。そして現在、忘れ去られた臼杵の窯業文化を復興させるため、僅かな資料をもとに二人の職人が、「現代版」臼杵焼のブランド化を試みています。

〔臼杵焼〕白磁輪花デザート皿(大中小)3枚セット

40,000円以上の寄附でもらえる

江戸後期臼杵藩で栄えた臼杵焼を現代的な形で仕上げています。島原から来た陶工により伝えられたと言われる白磁の輪花で、大きさの違う入れ子のお皿です。デザートだけでなく様々な料理に活躍すること間違いなしです。

使い込むほど風合いを増す、“育つ器”

【鳥取県倉吉市】国造焼

倉吉市上神一帯の陶土が焼物に適していることに着目した先代が、備前より不入岡(ふにおか)の地に移り住み、
明治23年に開窯。近くには、伯耆国の造(みやつこ)を奉った大将塚があり、「こくぞうさん」と呼び親しまれて
いたことにあやかり、昭和50年に「国造(こくぞう)焼」を創始しました。4代目山本佳靖の作は、シンプルでモダン。盛りつけるものを美しく見せる焼物づくりを探求しています。

N0010.【国造焼】ティーセット

50,000円以上の寄附でもらえる

国造焼四代目の制作です。紅茶、お番茶、緑茶、珈琲と用途に合わせてお使いください。
使い込むほどに白化粧の器に茶の色が染み入り風合いを増す、楽しさをご堪能ください。

約200年の歴史を誇る「内原野焼」

【高知県安芸市】内原野焼

高知県安芸市で約200年の歴史を誇る内原野焼。素朴でありながら、重厚で趣のある伝統工芸品です。舟の上で呑んでも倒れないような安定感のある舟徳利と、お酒を注がれた時に呑みほさないと置くことができない可杯。酒処土佐ならではの郷土豊かな内原野焼酒器セットです

7.-(1)「安芸・内原野焼」浜千鳥舟徳利&可杯セット

18,000円以上の寄附でもらえる

高知県安芸市で約200年の歴史を誇る「内原野焼」。素朴でありながら、重厚で趣のある伝統工芸品です。
高知県安芸市で約200年の歴史を誇る内原野焼。素朴でありながら、重厚で趣のある伝統工芸品である。
舟の上で呑んでも倒れないような安定感のある舟徳利と、お酒を注がれた時に呑みほさないと置くことができない可杯。酒処土佐ならではの郷土豊かな内原野焼酒器セットです!!

一つひとつ丁寧にこころを込め、暮らしの器を創っていきます

【大阪府貝塚市】水間焼

水間焼という名称は古く文献にも登場するのですが、水間焼伏原窯は昭和60年に貝塚市大川村にて私、伏原博之が開窯しました。その際に、自らの氏名を取り命名したものです。
昭和5年頃に水間の中野氏が私財を投じて水間焼を起した事がありますが、しかし窯を営んだ期間は極短く、また残る作品も少なく、今では大変希少なものとされています。

RM001.京焼・青もみじ大鉢【水間焼伏原窯】

170,000円以上の寄附でもらえる

伏原窯人気の青もみじシリーズの大鉢です。初夏の陽光を感じるような明るいも
みじの色合いです。
大勢集まった時の取り分け用に和洋食はもちろん、菓子鉢としてもお使いいただ
くと食卓が華やぎます。

独自に開発された釉薬を使った色彩豊かな陶器

【滋賀県東近江市】布引焼

布引焼は、「七彩天目(ななさいてんもく)」と呼ばれる独自に開発された釉薬を使った色彩豊かな陶器です。陶板や食器などに、特別な釉薬を使って風景や植物を手書きで丹念に描き込んでいきますので、ひとつひとつが個性を持った“1点もの“となります。

090H09 抹茶椀「菖蒲」[高島屋選定品]

90,000円以上の寄附でもらえる

淡く透明感のある布引焼独自の技法「七彩天目」で、木の中でキラキラと輝く日差しをを表現した抹茶椀。手に穏やかに馴染む抹茶椀で至福の一服をお楽しみください。

その他全国のこだわりの焼き物をご紹介

【沖縄県久米島町】やちむん

「やちむん」とは、沖縄の言葉で焼物のこと。ぽってりと厚い形状に力強い絵付けがなされた器や壺は、沖縄の人々の暮らしに深く根付いています。最近では土産物としても人気が高く、県内で定期的に行われる陶器市には地元客だけでなく観光客も多く訪れます。

【やちむん土炎房】マグカップ(小)

10,000円以上の寄附でもらえる

久米島の土を100%使用し、久米島のコバルトブルーの海の色をイメージしながら一つ一つ手作りで仕上げてます。


▼焼き物・工芸品をもっと見たい方はこちら

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む