利用率No.1ふるさと納税サイト

平成30年に発生した災害へ、ふるさと納税で継続的な支援を。

あなたの力を、被災地支援に役立ててみませんか。

平成最後の年だった平成30年、日本各地は様々な災害に見舞われました。2月には北陸や北海道で豪雪が。7月には西日本を中心に豪雨や台風が猛威を振るい、大阪北部や北海道胆振東部では震度6を超える地震が人々の生活を脅かしました。そして、九州南部の新燃岳や群馬県草津では噴火が起こるなど、驚くほど多くの地域や人々が、将来への不安な思いや、日常の様々なことに不便さを強いられ生活しなければいけない状態に陥っています。

そんな地域に暮らす人たちのため、あなたのふるさと納税寄附限度額の中から余った分を使ってみませんか。ふるさと納税は被災地への支援としても即効性があり、とても有効な手段。

あなたの心の温かさが伝われば、きっと多くの人の希望を持てるはずです。

平成30年台風24号・25号

大型で強い台風第24号は、9月29日に沖縄・奄美地方に近づき、30日に九州南部に接近した後、近畿、東海、関東、東北地方を縦断した後、10月1日に三陸沖に抜けました。

また台風25号は、沖縄地方では10月5日に猛烈な風となり、その後、強い勢力のまま6日に九州北部地方に接近した後、日本海に進み、九州北部地方をはじめ、西日本や北陸地方、北日本では暴風を伴った激しい雨となりました。台風は、7日に暴風を伴って津軽海峡の西海岸に進み、北日本を通過しました。

災害支援を受け付けている被災地域

鳥取県、鹿児島県、京都府

平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震

9月6日3時7分に、北海道胆振地方中東部を震源として発生した地震で、地震の規模はマグニチュード6.7、震源の深さは37km。最大震度は、震度階級で最も高い震度7で、北海道では初めて観測されました。

災害支援を受け付けている被災地域

北海道

平成30年台風21号

台風第21号は9月4日、非常に強い勢力で徳島県に上陸した後、速度を上げながら近畿地方を縦断。台風の接近・通過に伴って、西日本から北日本にかけて非常に強い風が吹き、非常に激しい雨が降りました。特に、四国や近畿地方では、猛烈な風が吹き、猛烈な雨が降ったほか、これまでの観測記録を更新する記録的な高潮となったところがあります。

災害支援を受け付けている被災地域

滋賀県、岐阜県、京都府、大阪府

平成30年7月豪雨

平成30年7月豪雨は、6月28日から7月8日にかけて、西日本を中心に北海道や中部地方など全国的に広い範囲で記録された台風7号および梅雨前線等の影響による集中豪雨になります。

災害支援を受け付けている被災地域

岡山県、徳島県、愛媛県、広島県、島根県、京都府、福岡県、佐賀県、山口県、兵庫県、鳥取県、岐阜県、高知県

平成30年大阪北部地震

大阪府北部地震は、6月18日7時58分ごろ、日本の大阪府北部を震源として発生した地震になります。地震の規模はマグニチュード6.1で、震源の深さは13 km。最大震度6弱を大阪府大阪市北区・高槻市・枚方市・茨木市・箕面市の5市区で観測しました。

災害支援を受け付けている被災地域

大阪府

平成30年新燃岳噴火

新燃岳(しんもえだけ)は、九州南部の霧島山中央部に位置し、3月1日8時頃から火山性微動が観測され、11時頃に噴火が確認されました。3月6日には火口内に溶岩が確認され、14時半頃、爆発的噴火が7年ぶりに発生しました。

災害支援を受け付けている被災地域

宮崎県

平成30年北陸・北海道豪雪

ただいま、寄附の受付は終了しております。

2月5日から8日にかけて、北陸西部では福井県嶺北地方・石川県加賀地方を中心に記録的な大雪となりました。特に福井市では、7日に積雪深が147cmとなり、1981年の昭和56年豪雪以来、37年ぶりに140cmを超える積雪が観測されました。

災害支援を受け付けている被災地域

北海道、福井県

平成30年草津白根山噴火

1月23日10時2分頃、群馬県の草津白根山の本白根山で噴火が発生しました。草津白根山は複数の火山から構成されており、これまで湯釜やその周辺での噴火が知られていましたが、本白根山では火口の地形は残るものの、記録に残る明確な噴火の記録はありませんでした。

※現在でも草津白根山、本白根山の火山活動が継続しておりますが、温泉街も以前と変わらぬ賑わいを取り戻しつつあります。

災害支援を受け付けている被災地域

群馬県

 

ふるさと納税でできる災害支援

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む