利用率No.1ふるさと納税サイト 利用率No.1、欲しいお礼の品が見つかるNo.1ふるさと納税サイト

大火から1年 ~糸魚川市の軌跡~

 

平成28年12月22日 糸魚川市大規模火災発生

平成28年12月22日昼頃、糸魚川市の大町および本町一帯を焼損させる大規模火災が発生しました。

翌日の夕方まで約30時間続いたこの火災は焼損棟数147棟、住宅や店舗などの生活基盤はもとより、長い暮らしの営みが築き上げてきた歴史的、文化的財産も奪うなど、大きな被害をもたらしました。

この火災では17人の負傷者が発生しましたが、幸いにも死者は出ませんでした。

しかし、発災当日は南からの風が強く、広い範囲に延焼し、火元から約300メートル離れた日本海沿岸まで燃え広がりました。

多くの建物に被害を及ぼしたこの大火は地震を原因とするものを除くと、昭和51年の山形県酒田市で発生した酒田大火以来、約41年ぶりとなる大規模な市街地火災となりました。

 

動き出した復興、全国から寄せられた支援

「災害救助法」、「被災者生活再建支援法」が適用され、焼け出された市民への公的支援を行うことになった糸魚川市には多くの寄附が寄せられました。

その寄付額は本災害発生から3日間で約5500万円に上り、現在その額はふるさとチョイス経由のものだけでも約2億5000万円を超え、多くの方の温かい想いが糸魚川市に届けられています。

思い出の品さがし

平成29年1月、被災地では大規模な作業はされていませんでしたが、晴れ間を縫って、静かに思い出の品を探している女性の姿がありました。

「何か見つけられましたか」と聞いてみると、「指輪が出てきました」と。婚約指輪と結婚指輪、揃って2個、見せてくださいました。

ご主人は既に他界されたのことで、見つけられて本当に良かったとおっしゃっていました。

 

 

復興まちづくり  ~カタイ絆でよみがえる 笑顔の街道糸魚川~

糸魚川市では、「安全で安心なまち」「安らぎと緑のあるまち」「歴史と風情が香るまち」「歩きやすいまち」「住んでよし、訪れてよしのまち」という5つのまちの姿を目指しています。

この5つのまちの姿を実現するために、災害に強くにぎわいがあり住み続けられるまちにするという方針のもと、復興活動を行っています。

 

復興に向けて、これからも頑張ります

発災から8か月目となる8月22日に公表した「糸魚川市駅北復興まちづくり計画」の目標には、当市が誇る国石ヒスイのようにカタイ絆で大火から復興し、古くは加賀街道の宿場町として栄えた地域の魅力を磨き輝かせ、被災された皆さまの笑顔と地域の活力をよみがえらせたいとの願いが込められております。

計画の実現に向けては、多くの課題や困難が待ち受けているかもしれませんが、目標に向かって心を一つにして乗り越え、被災前よりもにぎわいと活力のある糸魚川市の姿をお見せすることが全国からお寄せいただいたご支援に対する一番の恩返しになると考えております。

(糸魚川市駅北復興情報サイト「HOPE」より抜粋)

 

糸魚川市のお礼の品をご紹介

もちろん糸魚川市では災害復興だけでなく、産業振興にも取り組んでいます。新潟県のふるさと納税の人気のお礼の品のといえば、やはり「お米」。

その中でも新潟県糸魚川市で作られたお米は、北アルプスの高い山々から流れる雪解け水を使用し、香り・つや・甘み・粘りが優れ冷めてもおいしいという特徴を持ったお米です。

 

10,000円以上の寄附でもらえる

特選米「ひすいの里」 。
地元コシヒカリを100%使用しています。

10,000円以上の寄附でもらえる

早川の清流で育てた「ひすいの雫」。
お米の美味しさにはタンパク含有量が大きく影響しており、タンパク質が少ない方がふっくら炊けるとされています。

新潟県の基準は6.0%以下、29年産のひすいの雫は5.5%で、より美味しく召し上がって頂けます。

10,000円以上の寄附でもらえる

JAひすいの栽培基準に基づき、化学合成農薬成分半分以下に減らし、有機肥料を50%以上に増やして栽培した、粘り気があって美しい安心安全なコシヒカリです。

 

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む