お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)
お知らせ

現在一時的にクレジットカード情報の登録・変更を停止しております

多忙でお礼の品を選んでいる暇がない場合は、「ポイント制」がオススメ

忙しい年末には…

 ふるさと納税のお礼の品をあれこれ選ぶのは楽しいプロセスですが、「ただでさえ忙しい年末に、のんびり選んでいる暇はない!」という人も多いのではないでしょうか。今年の枠を使いきるには、年末までに手続きをしなければならないため、慌てて選んで申し込み、後から「しまった!」という失敗談を持つ人もいるようです。

ポイント制って何?

 そんな人にオススメなのが、「ポイント制」の自治体です。寄附した金額に応じて寄附先自治体からポイントが付与され、そのポイントの範囲内で後からお礼の品が選べる仕組みです。たとえば、「1万円で300ポイント」など、寄附金額に応じてポイントが交付されます。年末にとりあえず寄附だけすませておけば、お礼の品は年が明けてから好きなときにじっくりカタログ冊子やサイト上から選べるので、慌てて選ぶ必要がありません。スピード勝負の「年末の駆け込み寄附」には強い味方といえるでしょう。

 お礼の品は貯まったポイントの範囲内で、複数組み合わせることも可能です。多くの場合、ポイントは合算できるので、積み立てのような使い方もできます。たとえば、毎年1万円ずつとか、1年目は1万円、2年目は3万円…など、何度かに分けて寄附をして、ポイントがある程度まとまってから高額のお礼の品と交換するという手もあります。 また、旅行券や各種クーポンなどポイント限定のお礼の品を用意している自治体もあります。1つの寄附先自治体で多種類のお礼の品の中から選べ、有効期限内ならいつでも交換できるので、カタログギフトのような感覚で利用できます。特に「ワンストップ特例」を利用する場合は寄附先を5自治体以内に絞る必要があるので、お礼の品の選択肢が広がるポイント制は重宝します。

注意すべき点は?

 ただし、いくらの寄附で何ポイント付与されるかといった付与率や、ポイントの有効期限、合算でできるかどうかなどの条件は自治体によってそれぞれ異なるので、きちんと確認してから申し込みましょう。また、付与率や交換ポイント数は途中で変更される可能性があるので、注意が必要です。

 「ふるさとチョイス」では、寄附の申し込みからポイントの取得や交換までをサイト上で行える「チョイス公式ポイント」導入自治体をまとめて掲載しています。会員登録をして寄附をすると、マイページ内で自治体ごとのポイントを一括管理できて便利です。特に時間の限られた年末の駆け込み寄附では、まずポイント制の自治体から探すという方法が効率的といえるでしょう。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む