ようこそ ゲスト 様

エリアで検索

事業内容でチョイス

日本で3か所 赤米を活用した農業,観光振興

  • 岡山県総社市
  •   農林水産振興
main_img
目標金額(今年)
6,220,000
目標金額(全体)
22,109,000
プロジェクト締切日:2016年8月2日~2019年3月31日(972日間)
プロジェクトオーナー

事業概要

国内3か所,岡山県総社市,長崎県対馬市,鹿児島県南種子町のみで伝承されている神饌米「赤米」。その伝統文化継承のために,相川七瀬さんを赤米大使として,3市町が「赤米伝統文化交流協定」を締結し,平成26年には南種子町,平成27年には総社市,平成28年には対馬市にて「赤米サミット」を開催しました。
今後は特産品の開発,販売を通じて全国へPRするとともに,赤米製品を大量に生産できるよう,栽培量の拡大を図ります。
また,相川七瀬さんらによるコンサートを中心とする「赤米フェスタ」などの開催や,赤米の田植えやライトアップなど全国へ向けて赤米を発信し続け,そして,歴史文化的にも価値のある『赤米』の日本遺産登録を目指し,観光客など市内への集客アップを図ります。

KPI(成果目標)

【赤米生産量増(俵)】
H28年度30俵,H29年度32俵,H30年度34俵

【赤米製品売上増】
H28年度100万円,H29年度125万円,H30年度150万円

問い合わせ先

総社市役所 総合政策部ふるさと納税推進室
電話番号:0866-92-8211
メールアドレス:furusato@city.soja.okayama.jp
担当者:赤星

【岡山県総社市】企業版ふるさと納税の詳細はこちら

岡山県総社市

map

総社市は,岡山県の南西部に位置し,東部は岡山市,南部は倉敷市の2大都市に隣接しており,市の中央を北から南に岡山県三大河川のひとつである高梁川が流れています。
かつて古代吉備の国の中心として栄えた地域であり,そのことをうかがわせる数多くの古墳をはじめ,古代山城・鬼ノ城,備中国分寺,画聖雪舟が修行をした宝福寺など,多くの史跡が残されています。
高度成長期には,県南工業地帯の発展に伴って内陸工業も発展し,また,近年は高梁川の恵みをはじめとする豊かな自然環境を背景に,住宅都市・学園都市としての発展もみせています。
フルーツがいっぱい。歴史ロマンがいっぱい。災害も少ない,岡山県南の自然豊かな都市です。

ページトップへ