ふるさとチョイストップへ

新ふるさと納税のすすめ 法改正でどう変わる?新ふるさと納税のすすめ 法改正でどう変わる?

2019年6月1日から法改正後のふるさと納税制度がスタートします。
ふるさと納税がみなさんにとって魅力的で、「地域のためになる」ことはこれからもなにも変わりません!
むしろ、新たなふるさと納税では、これまで以上に”地域の魅力を体験できる”制度に変わると思います。

などの気になる項目をぜひチェックしてみてください。

ふるさと納税って何が変わるの?

みなさんにとっての「魅力的なこと(税控除、お礼の品がもらえる)」、「簡単な寄附の手続き」は、基本何も変わりません! みなさんにとっての「魅力的なこと(税控除、お礼の品がもらえる)」、「簡単な寄附の手続き」は、基本何も変わりません!

法改正後は、以下のルールが徹底されます! 法改正後は、以下のルールが徹底されます!

お礼の品の返礼割合は3割以内 お礼の品の返礼割合は3割以内

例えば、10,000円の寄附に対して7,000円相当のお礼の品を贈ってしまうと、寄附先の地域で使えるお金は3,000円しか残りません。返礼割合を3割以内にすれば、寄附先により多くのお金が残ります。いただいた寄附が少しでも地域で活用されるよう、このルールが徹底されます。

お礼の品はその地域の地元の産品に限る お礼の品はその地域の地元の産品に限る

お礼の品を外国製の製品や、自分たちの地域に関係ない品にしてしまうと、お礼の品の代金を地域外の企業等に払うことになり、結局はその地域ではない人たちが潤ってしまう現状があります。地元の品に限定することで寄附した地域の産業の活性化にもつながるのです。

総務大臣の指定を受けた自治体だけが控除対象です 総務大臣の指定を受けた自治体だけが控除対象です

法改正後は、ルール1、2を守っているか等を考慮し「ふるさと納税の対象となる団体」として指定されます。指定されていない自治体に寄附した場合は控除対象にはなりません。ちなみにふるさとチョイスでの寄附は、指定外自治体(東京都庁、大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町)への寄附はできなくなります。

ルールがあれば、ふるさと納税はもっと楽しくなる! ルールがあれば、ふるさと納税はもっと楽しくなる!

ルールが徹底されると、今まで以上に、みなさんの寄附がその地域に活用されるようになり、その地域の活性化につながります。さらに、自治体側は、決められたルールの中でより地域の魅力を発信しようとお礼の品開発に創意工夫を凝らし、「これまで知らずにいた名品」「体験型の品」など、新たな楽しみも寄附者に届けてくれることになります。

だから、新しいふるさと納税は、地域にも寄附者にもよりハッピーなものになるのです!だから、新しいふるさと納税は、地域にも寄附者にもよりハッピーなものになるのです!

さらに、改正後の気になる疑問を解決! さらに、改正後の気になる疑問を解決!

  • Qふるさと納税の「指定外自治体」はどのようにしてわかるのでしょうか?
  • Q5/31以前に、指定外自治体に寄附をしたのですが、
    税控除対象になりますか?
  • Q指定外自治体へ5月中に申し込みをしましたが、
    お礼の品が届くのは6月になっても問題ないでしょうか?

など、2019年6月法改正に関してのQ&Aでご確認ください

いよいよ新ふるさと納税!どうせなら夜のため、自分のため!さらにふるさとチョイスで「いいチョイス」をしよう!いよいよ新ふるさと納税!どうせなら夜のため、自分のため!さらにふるさとチョイスで「いいチョイス」をしよう!

ふるさとチョイスなら、こんなのほしかった!という理想の品に出会えるふるさとチョイスなら、こんなのほしかった!という理想の品に出会える

ふるさとチョイスなら全国1,788の自治体のうちの約80%、1,500超(2019年3月時点)の地域とつながれるので、きっとあなた好みのお礼の品や取り組みを見つけられるはずです。せっかくなら本当に「よかった!」と思えるものを。

これしかないの?では選べない!
妥協せず本当に好きなものを見つける!

お礼の品から探す

※3)株式会社トラストバンク調べ 2018年10月13日時点

ふるさとチョイスなら、実際に地域の人たちと触れ合える ふるさとチョイスなら、実際に地域の人たちと触れ合える

ふるさとチョイスには、リアルに地域の人たちと触れ合える機会がたくさんあります。例えば、都内の「ふるさとチョイスcafé(実際にふるさと納税について教わり、寄附ができる!)」。こちらでは地域の特産品を実際に見たり食べたりできるスペースや、各地域のプロジェクトリーダーを招いてのトークイベントなどを積極的に行っています。

また、実際に寄附した自治体の方と寄附者のみなさんが交流できる「ふるさとチョイス大感謝祭」などの大型イベントも実施。

寄附しっぱなし、ではなく、寄附をきっかけに、リアルな場でも交流を行えるのもふるさとチョイスならでは。他では体験できないリアルな触れ合いを大切にしています。

寄附しっぱなしで終わらない、いい出会いがある!

ふるさとチョイスCaféの詳細を見る

ふるさと納税なら地域が大変なときに、すぐあなたが役に立てる ふるさと納税なら地域が大変なときに、すぐあなたが役に立てる

「ふるさと納税で災害支援」が話題になったことをご存知でしょうか。地震や台風などの被害にあった地域に、ふるさと納税なら迅速に寄附を送れるのです。募金などは地域にお金が届くまでに時間がかかり、募金団体への手数料なども発生することも。ふるさとチョイスの災害支援は、手数料を一切いただいていません。

また、災害にあって大変な地域での事務作業を、協力すると手を上げてくれた別の地域が「代理寄附」として、代わりに受け付けてもらえる仕組みもできました。

思い立ったらすぐ誰かのために行動できる!

ふるさと納税で被災地を支援する

同じお礼の品なのに、ふるさとチョイスなら地域によりお金が届きます! 同じお礼の品なのに、ふるさとチョイスなら地域によりお金が届きます!

ふるさとチョイスは地域が主体となってふるさと納税を運営することが、地域の自立になり、最終的に地域の利益になると考えています。そのため、一部報道等で「ポータルサイトが自治体からいただく手数料は10%」などと言われていますが、ふるさとチョイスでは寄附金額の平均2~3%ととし、なるべく多くの寄附金を地域に届けられるようにしています。

また、配送やヘルプデスクもあえて請け負わず、可能な限り自治体や地域の事業者が自分たちでできるようにサポートしています。

手数料を安くして、より多くの寄附金を地域に届ける!

※1 )契約によっては、手数料が異なる場合もございます。
※2 )お礼の品の有無、送料等によって変動はございます。

決済手数料までも地域に届くように取り組んでいます! 決済手数料までも地域に届くように取り組んでいます!

せっかくの寄附金、クレジットカード決済の手数料であっても、地域に届けるために、 ふるさとチョイスは工夫しています。 42都道府県57社の地域金融機関系カード会社と組み、クレジットカード決済を提供。 決済手数料までしっかり地域内に落ちる 仕組みを作りました!

小さな金額?と思わず
できる限り各地域にお金が循環することを考える!

さらに詳しくは「ふるさとチョイスは地域により多くの寄附金を届けます」

「いいチョイス」をしよう!そんな気持ちになったら、次はさっそく、“寄附先”を探してみよう「いいチョイス」をしよう!そんな気持ちになったら、次はさっそく、“寄附先”を探してみよう

注目の特集注目の特集

  • ふるさとチョイスのオリジナル!
  • ふるさとチョイスのオリジナル!

  • あなたのふるさと納税が地域の課題解決に!
    「ガバメントクラウドファンディング®」

  • 「自分のためでなく“誰かのため”になる」
    「社会貢献に繋がる」お礼の品