利用率No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

お礼の品をさがす

該当のお礼の品:
 件

はじめての方へ

北海道広尾町からの使い道情報

  • 子ども農山漁村交流から始めるまち・ひとづくり

    2019/10/14(月) 22:20

    北海道広尾町では、厳しい現代社会の中で「生きるチカラ」が身につき、健やかな子どもたちの成長を応援する取組みとして、東京の小学生を対象に「家族のようなふれあい」や「大自然の雄大さ」、「食や命の大切さ」を実感できる機会をつくることを目的に農山漁村ホームステイ事業を実施しています。
    平成30年度は広尾町の農業者、漁業者宅で東京都の小学生の2泊3日のホームステイを受入れたほか、受入校の学校給食へ広尾産の海産物を提供する取組み、またホームステイの受入家庭が受入校を訪問し、子どもたちと交流事業を実施したことにより、民泊でのふれあいや農業・漁業体験を通して子どもたちの力強い成長を支えるだけでなく、都市部との交流により本町の産業振興や地域活性化が図られました。
    この取組みは「ふるさとチョイスAWARD2017」で優秀賞をいただきました。広尾町では引続きふるさと納税寄附金を活用し、この事業に取組みます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 公園遊具の整備に活用しました

    2019/10/14(月) 11:09

    北海道広尾町では、ふるさと納税寄附金を活用して公園内遊具の修繕や更新を実施しています。
    地域コミュニティの場であり、子どもから高齢者まで多くの町民の方が憩いの場として利用する公園を、誰もが安心して利用できる環境にするため、平成30年度は老朽化したブランコのチェーン取替えやすべり台の支柱修繕を行い、公園環境の整備が図られました。
    今後も引続き子どもたちが笑顔で遊べる、町民が安心して休めるよう公園環境整備を行っていきます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 子ども農山漁村交流から始めるまち・ひとづくり

    2019/10/13(日) 22:22

    北海道広尾町では、厳しい現代社会の中で「生きるチカラ」が身につき、健やかな子どもたちの成長を応援する取組みとして、東京の小学生を対象に「家族のようなふれあい」や「大自然の雄大さ」、「食や命の大切さ」を実感できる機会をつくることを目的に農山漁村ホームステイ事業を実施しています。
    平成30年度は広尾町の農業者、漁業者宅で東京都の小学生の2泊3日のホームステイを受入れたほか、受入校の学校給食へ広尾産の海産物を提供する取組み、またホームステイの受入家庭が受入校を訪問し、子どもたちと交流事業を実施したことにより、民泊でのふれあいや農業・漁業体験を通して子どもたちの力強い成長を支えるだけでなく、都市部との交流により本町の産業振興や地域活性化が図られました。
    この取組みは「ふるさとチョイスAWARD2017」で優秀賞をいただきました。広尾町では引続きふるさと納税寄附金を活用し、この事業に取組みます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 広尾町で獲れる希少な魚の維持増大に役立っています

    2019/10/13(日) 14:14

    北海道広尾町沿岸で漁獲され、資源量が少ないものの比較的魚価の高い有望な魚種(ハタハタ、マツカワ等)を新しい漁業として確立させ、漁業全体の所得向上及び経営の安定を図るために必要な事業(種苗生産、中間育成、放流等)に対し、ふるさと納税寄附金を活用して補助金を交付しています。
    平成30年度は補助金を活用し、ハタハタ卵203,000粒の自然ふ出放流などに取組みました。
    今後も有望魚種の資源増大を目指すとともに栽培漁業としての実用化基礎資料収集を行うことによる沿岸漁業者の所得向上や生活安定を図ります。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 子ども農山漁村交流から始めるまち・ひとづくり

    2019/10/12(土) 22:19

    北海道広尾町では、厳しい現代社会の中で「生きるチカラ」が身につき、健やかな子どもたちの成長を応援する取組みとして、東京の小学生を対象に「家族のようなふれあい」や「大自然の雄大さ」、「食や命の大切さ」を実感できる機会をつくることを目的に農山漁村ホームステイ事業を実施しています。
    平成30年度は広尾町の農業者、漁業者宅で東京都の小学生の2泊3日のホームステイを受入れたほか、受入校の学校給食へ広尾産の海産物を提供する取組み、またホームステイの受入家庭が受入校を訪問し、子どもたちと交流事業を実施したことにより、民泊でのふれあいや農業・漁業体験を通して子どもたちの力強い成長を支えるだけでなく、都市部との交流により本町の産業振興や地域活性化が図られました。
    この取組みは「ふるさとチョイスAWARD2017」で優秀賞をいただきました。広尾町では引続きふるさと納税寄附金を活用し、この事業に取組みます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 子ども農山漁村交流から始めるまち・ひとづくり

    2019/10/12(土) 16:10

    北海道広尾町では、厳しい現代社会の中で「生きるチカラ」が身につき、健やかな子どもたちの成長を応援する取組みとして、東京の小学生を対象に「家族のようなふれあい」や「大自然の雄大さ」、「食や命の大切さ」を実感できる機会をつくることを目的に農山漁村ホームステイ事業を実施しています。
    平成30年度は広尾町の農業者、漁業者宅で東京都の小学生の2泊3日のホームステイを受入れたほか、受入校の学校給食へ広尾産の海産物を提供する取組み、またホームステイの受入家庭が受入校を訪問し、子どもたちと交流事業を実施したことにより、民泊でのふれあいや農業・漁業体験を通して子どもたちの力強い成長を支えるだけでなく、都市部との交流により本町の産業振興や地域活性化が図られました。
    この取組みは「ふるさとチョイスAWARD2017」で優秀賞をいただきました。広尾町では引続きふるさと納税寄附金を活用し、この事業に取組みます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 町民による町民のための活動を支援しました

    2019/10/12(土) 10:09

    北海道広尾町では、町民で構成された団体が実施する公共性のある事業や活動に対して交付金による支援を行うため、ふるさと納税寄附金を活用しています。
    平成30年度は、町民向け音楽ワークショップ、絵本の読み聞かせ活動の2団体に交付し、文化の振興や子どもたちの健全な育成が図られました。
    まちづくり活動への支援を行うことで、事業実施による産業振興、交流人口の増加やまちづくりへの町民の参画意欲向上に引続き取組んでいきます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 子ども農山漁村交流から始めるまち・ひとづくり

    2019/10/11(金) 23:32

    北海道広尾町では、厳しい現代社会の中で「生きるチカラ」が身につき、健やかな子どもたちの成長を応援する取組みとして、東京の小学生を対象に「家族のようなふれあい」や「大自然の雄大さ」、「食や命の大切さ」を実感できる機会をつくることを目的に農山漁村ホームステイ事業を実施しています。
    平成30年度は広尾町の農業者、漁業者宅で東京都の小学生の2泊3日のホームステイを受入れたほか、受入校の学校給食へ広尾産の海産物を提供する取組み、またホームステイの受入家庭が受入校を訪問し、子どもたちと交流事業を実施したことにより、民泊でのふれあいや農業・漁業体験を通して子どもたちの力強い成長を支えるだけでなく、都市部との交流により本町の産業振興や地域活性化が図られました。
    この取組みは「ふるさとチョイスAWARD2017」で優秀賞をいただきました。広尾町では引続きふるさと納税寄附金を活用し、この事業に取組みます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 子育て世帯にゴミ袋を支給しました

    2019/10/11(金) 17:45

    北海道広尾町では、子育て家庭に対する支援の1つとして平成21年度より、ごみ有料化に伴う家庭の負担軽減を図るために子育てによって生じるおむつ等のごみを処理するためのごみ袋の支給を実施し、その一部にふるさと納税寄附金を活用しています。

    平成30年度実績
    支給数      48世帯
    総支給枚数  5,405枚

    子育てにより生じたごみ処理のためのごみ袋を支給することで、家庭の経済的負担の軽減につながっています。
    令和元年度についても、皆さまからいただいたご寄附も活用してこの支援を実施します。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 小・中学校の備品購入に活用しました

    2019/10/10(木) 13:48

    北海道広尾町の小・中学校では、備品の老朽化が進んで更新時期を迎えているとともに、様々な授業への対応として新たな教育資材が必要となっています。
    そこで、授業で使用する備品、読書習慣を育てる児童・生徒用図書、教師用指導図書や英会話学習資材などをふるさと納税寄附金の一部を活用して購入しました。
    平成30年度はタブレットパソコンを購入しました。端末にデジタル教材を導入することで、児童生徒が視覚的に学習内容を理解することができ、さらなる学習意欲の向上につながっています。それ以外にはクラリネット、シンバル、絵画作品乾燥棚、サッカーゴール、生徒用机・椅子、児童生徒用図書を購入しました。
    教育資材の充実による、学習への意欲向上や読書習慣の確立、英会話教育への意識向上などを図っていきます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 北海道広尾町は「サンタランド」のまち

    2019/10/09(水) 14:17

    北海道広尾町は昭和59年、当時のノルウェーのオスロ市から日本初「サンタランド」の認定を受けて以来、広尾サンタランドとして、サンタのまちに相応しいまちづくりを進めています。
    ふるさと納税寄附金を活用し、平成30年度はサンタランドツリー点灯式を開催し、クラシックやハンドベルの演奏、また点灯式来場の子供向けプレゼントの実施を行いました。
    サンタランド事業の取組みにより、サンタランドのまちとして再認識が図られ、今後のまちづくりにつながっていくとともに、町外に対しサンタランドのPRを友好的に行うことにより誘客につながり、広尾町の商工観光振興及び産業振興に役立っています。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 広尾町150年の記念事業に活用しました

    2019/10/08(火) 13:14

    北海道の十勝で最も古い歴史を持つ広尾町は、平成30年9月20日で開町してから150年を迎えました。「つくる、つなぐ。広尾町」をキャッチコピーに、150年の節目の年を祝う様々な記念事業を実施するため、一部にふるさと納税寄附金を活用しました。
    平成30年度は、音楽イベント事業や北海道日本ハムファイターズ応援大使事業、サンタからのプレゼント事業、歴史を振返るパネル展示などの記念事業を1年通して実施したほか、例年開催している各種まつり等のイベントも冠事業として行い、町全体を挙げて節目の年を祝うことができたほか、町の歴史や文化などをPRすることができました。
    北海道広尾町は200年に向けて新たな一歩を踏出しました。今後とも応援よろしくお願いします。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 中学生までの医療費を無料にしています

    2019/10/07(月) 22:16

    北海道広尾町では、北海道が行っている重度心身障害者並びにひとり親家庭等の父母及び児童又は乳幼児への医療費の一部助成事業に町単独で事業の拡大を行っています。
    特に北海道で対象としない中学生までの児童及び乳幼児の通院・入院に係る医療費の自己負担分を世帯の所得に関係なく全額助成するため、ふるさと納税寄附金を活用しました。

    平成30年度 乳幼児等医療費助成実績
    未就学 5,219件
    小学生 3,373件
    中学生 1,416件

    乳幼児及び児童の医療費を助成することにより、保険の向上に資するとともに福祉の増進を図り、さらに疾病の早期発見と早期治療の促進を目的としています。
    広尾町の子育て支援策として中学までの医療費を助成するものであり、今後も継続して実施していきます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 広尾高校に通うための助成等に活用しています

    2019/10/04(金) 14:48

    北海道広尾町は十勝の最南端にあり、遠距離より通学する生徒の保護者には通学費が大きな負担となっています。
    そこで、遠距離又は下宿等から広尾高校へ通学する生徒の交通費や下宿にかかる費用の一部をふるさと納税寄附金を活用し、助成しています。
    平成30年度は13名の生徒に助成を行い、これによって保護者の負担軽減と広尾高校の魅力向上が図られ、入学者数の確保につながりました。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • さけ・ます資源の維持増大に活用しています

    2019/10/03(木) 14:21

    北海道広尾町の主要漁業である秋サケ漁業の生産安定及び漁業経営基盤確立のための資源維持を図るため、広尾川等で捕獲した親魚を再生産に最大限利用し、卵ふ化・稚魚育成・放流までの資源管理事業に対し、ふるさと納税寄附金を活用して補助金を交付しています。
    広尾町におけるさけ・ます資源の増殖事業を安定的かつ効率的に展開し、さけ・ます資源の維持増大に努めることで、地域経済の安定、将来に向けての資源増殖強化を図り、国民生活に必要な水産物の安定供給の確保を目指します。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 不妊症や不育症の治療費助成に活用しました

    2019/10/02(水) 08:29

    現在、特定不妊症治療や不育症治療は「経済的に負担が重い」、「専門的な医師が少なく、適切な検査や治療ができない」などの理由で出産をあきらめる方が増えてきています。
    そこで北海道広尾町としては、ふるさと納税寄附金を活用し、北海道が実施する特定不妊症治療費や不育症治療費に対する助成で補えない部分を町が独自に助成します。また専門医療機関が町から遠方であることから、通院にかかる交通費の一部を助成し、自己負担の軽減を図ります。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 保育園等の備品購入に役立てました

    2019/10/01(火) 22:23

    北海道広尾町では、「広尾の子どもは広尾で育てる」ことを理念としていく中で、幼稚園・保育所の一元化への環境を整えることが最優先とされていました。
    子どもたちの安全で安心な保育環境を整えるため、棚やロッカーなどの備品購入にふるさと納税寄附金を活用させていただきました。
    子どもたちがのびのび育つよう、今後もより良い環境を整えていきます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 花畑「サンタの丘」の造成に活用しました

    2019/10/01(火) 16:00

    北海道広尾町の大丸山森林公園は、広尾サンタランドのシンボル地であり、町の代表的な観光施設として存在しています。平成25年度から公園内に花畑「サンタの丘」を造成・植栽し、公園の魅力向上を図る事業を行ってきました。
    平成30年度はふるさと納税寄附金を活用し、サンタの丘の花畑を追加造成し、更なる誘客に向けた取組みを行いました。
    今後もこの取組みにより広尾町の商工観光振興・産業振興を図っていきます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 外国語指導助手による英会話指導に活用しました

    2019/09/30(月) 22:45

    北海道広尾町では英語指導力の向上を図るため、国際理解教育や英語教育に関するコンサルティングやレッスンの企画及び提案、講師による英語指導業務などをふるさと納税寄附金を活用し行っています。
    平成30年度は広尾町の小・中学校へ外国語指導講師を配置し、町が実施する国際理解教育(海外派遣研修事業等)への協力、学校行事へ参加するなど、ネイティブの英会話に触れる機会を設けたことで、学校における外国語の向上及び教員の負担軽減、児童生徒の外国への興味・関心の向上が図られました。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 妊産婦通院費の助成に活用しています

    2019/09/30(月) 16:16

    北海道広尾町では、人口減少対策の一環として、分娩可能な医療機関まで距離が遠い妊産婦の心身や経済的負担の軽減、また産後の母子の異常の早期発見につなげるため、検査や健診に係る費用の助成にふるさと納税寄附金を活用しています。

    平成30年度実績
    交通費助成 妊婦健診:38人、375回
    出  産:25人
    1か月健診:産婦28人、児4人
    健診費用助成 新生児聴覚検査:39人
    1か月健診:産婦37人、児38人

    出産のための医療機関が遠方であり、健診費用や交通費の負担が大きいことから、経済的負担を軽減し必要な検診を受診することで、妊産婦及び児の健康保持、異常の早期発見の一助となっています。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • 広尾サンタランドを考える「サンタプロジェクト」

    2019/09/27(金) 09:29

    広尾サンタランド事業のひとつとして、サンタクロースからのクリスマスカードを届ける事業が「ひろおサンタメール」です。17万通の発送数をピークに減少し、サンタメール事業を含むサンタランドの活性化が喫緊の課題となっています。
    平成28年度から札幌市の大学生や広尾高校生の協力をいただき、サンタプロジェクトを立ち上げ、町民を含めたサンタランドの活性化施策案の提言を行うワークショップを開催し、サンタメールに対する意見をいただいています。
    平成30年度は北海学園大学の研究所と広尾高校生による「学びのプラットホーム」を形成し、サンタランド活性化施策案(サンタメール事業)の提言を町に対し行いました。
    ふるさと納税寄附金を活用したこの事業によりサンタランドの活性化が図られ、また町の課題を検討することで地域に対する帰属性が養われるほか、的確な着眼点と豊かな発想力を身につける人材育成に役立っています。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

  • まちづくり人材の育成に役立てました

    2019/09/23(月) 13:22

    北海道広尾町の将来を担うまちづくりリーダーとなる人材の育成を通し、町民と行政がひとつとなって持続可能な地域を築き上げることを目的とした講座「ひろお未来塾」を平成29・30年の2年間、ふるさと納税寄附金を活用して開催しました。
    平成30年度は自らのスキル向上のための講座受講のほか、広尾町が開町して150年となる節目の年であり、塾生が町の歴史を伝えるツールとして、自分たちで興味のある分野について取材・執筆作業を行い、町の歴史をまとめた小冊子「次代へ。-写真が語る、あの頃の広尾」を作成しました。
    2年間の活動を通して塾生たちはまちづくりの手法と自分たちの町の歴史を学びました。学んだことを今後それぞれの職場や地域などで活かし、まちづくりのリーダーとして活躍することが期待されます。

    北海道広尾町のふるさと納税はこちら

22件中
1~22件表示

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む