お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          お礼の品をさがす

          該当のお礼の品:
           件

          はじめての方へ

          現在受付中の災害支援

          宮城県からのご案内

          2020/07/10(金) 11:46 寄附金の使いみちに 「絆がつなぐ伊達なみやぎの観光を応援」を追加 寄附金の使いみちに ,「絆がつなぐ伊達なみやぎの観光を応援」を追加しました。
          新型コロナウイルス感染症の発生は,観光客の減少など県内の観光産業にも大きな影響を及ぼしています。
          いただいた寄附金については,震災・防災教育などの教育旅行の誘致,観光施設等の受入環境の整備,新たな観光資源の発掘と磨き上げ支援などに取り組んでいくための財源として,活用させていただきます。
          2020/05/01(金) 00:00 寄附金の使いみちに「新型コロナウイルス感染対策を応援」を追加 寄付金の使いみちに,「新型コロナウイルス感染症対策を応援」を追加しました。
          いただいた寄附金については,感染患者の治療や一日も早い終息に向け,最前線で感染症対策にあたる医療機関及び医療従事者をはじめ,厳しい経営環境に置かれた地元企業への支援など,新型コロナウイルス感染症対策に幅広く活用させていただきます。
          2019/11/27(水) 10:57 自治体からのお知らせ ●特産品(返礼品)の贈呈は,宮城県外にお住まいで,2万円以上のご寄附をいただいた個人の方を対象としています。
          2019/09/02(月) 13:00 ふるさとチョイスからの受付を開始しました。 宮城県へのふるさと納税について,ふるさとチョイスからの申込みを開始しました(クレジットカード決済限定)。
          東日本大震災からの復興に向かう被災地(東松島市)を訪ねるツアーのほか,ふるさとチョイス限定の返礼品も順次掲載いたしますので,ぜひ,ご覧ください。
          2019/07/23(火) 16:48 自治体からのお知らせ 宮城県では,令和元年7月から寄附金の使いみちをお選びいただけるようになりました。

          宮城県の人気ランキング

          次へ

          前へ

          絞込み検索

          災害支援への応援メッセージ

          • 度重なる災害に、今でも心が痛みます。
            少しですが支援に繋がればと思い、寄附させていただきます。

            2020/11/10(火) 15:29

          • 滋賀から皆様の復興を願っています。

            2020/06/06(土) 14:19

          • 少しですが復興に役立てて下さい。
            宮崎県から応援しています。

            2020/05/24(日) 10:38

          自治体への応援メッセージ

          • "動物愛護”に尽力されている活動に、微力ながら、応援させていただきます。

            ”コロナ禍”の中、いろいろご苦労も多いことと思いますが、1日でも早く”殺処分”という言葉がなくなりますよう
            ”言葉で伝えることができない小さな大切な命”のために、微力ではありますが、お役立てください。

            2021/08/19(木) 16:44

          • 昨年仙台を訪れる予定でしたが、新型コロナの関係でいまだに行けず残念に思っています。震災から10年たちましたが、九州の小さな街からずっと応援しています。

            2021/07/01(木) 23:09

          • 学生時代4年間仙台でお世話になりました
            宮城県にも友人がいますのでコロナに負けずがんばってください

            2021/05/21(金) 19:50

          選べる使い道

          • 1)新型コロナウイルス感染症対策を応援

            新型コロナウイルス感染症の世界的な流行は,東日本大震災や令和元年東日本台風からの復興途上にある宮城県の医療体制や地域社会においても深刻な影を落としています。

            宮城県では,医療従事者の命と地域医療を守るため,入手が困難となりつつあるマスクや防護具などの一括調達と医療機関への配布を行うとともに,苦しい経営状況に置かれた飲食業・宿泊業をはじめとした地元企業の雇用の維持と事業の継続に向け,日々,全力で取り組んでいます。

            新型コロナウイルス感染症を克服し,一日も早く平穏な日常を取り戻せるよう,皆様の善意の気持ちを新型コロナウイルス感染症対策に幅広く活用させていただきます。

            〈主な使いみち〉
            ・マスクや防護具の配布など,最前線で新型コロナウイルス感染症対策にあたる医療機関及び医療従事者への支援
            ・厳しい経営環境に置かれた地域経済を支える地元企業への支援 など

          • 2)東日本大震災からの復旧・復興応援

            東日本大震災で大きな被害があった宮城県。

            被災地では生活インフラや復興まちづくりなどが着実に進んできました。一方で,被災者の心のケアや新たな地域コミュニティの形成,失われた販路の回復などソフト面での課題には,対策の強化だけでなく中長期的な対応が必要となっています。

            県では,引き続き,被災者支援,教育支援,農林水産業支援,商工業支援,震災の記憶風化防止・教訓の伝承に取り組んでいきます。

            〈主な使いみち〉
            ・住民主体の地域コミュニティ再生活動への助成
            ・県産農林水産物の安全性と消費拡大に向けた情報発信
            ・販路開拓に向けた商品開発等への助成
            ・大津波を後世に伝承する津波浸水表示板の設置 など

          • 3)地域をつなぐマイレール阿武隈急行線(あぶ急)応援

            阿武隈急行線は宮城県柴田町の槻木駅と福島県福島市の福島駅を結ぶ第三セクター鉄道です。

            令和元年東日本台風からの災害復旧が完了し,全線で運行が再開されましたが,新型コロナウイルス感染症の影響などにより,利用者が大幅に減少し,厳しい経営が続いているため,沿線自治体が連携して利用促進を図る必要があります。

            県では,角田市,柴田町及び丸森町が行う利用促進事業に対して支援しておりますが,そのための財源として寄附金を活用させていただきます。
            多くの皆様からの寄附をお待ちしております。

            <主な使いみち>
            ・沿線の観光資源を活用したモニターツアーへの助成
            ・沿線施設と阿武隈急行のコラボ事業への助成

          • 4) 救える命,ニャンとかしたい!

            犬猫の殺処分は,大きな社会的関心事となっています。
            引き取り数,殺処分数ともに猫の割合が圧倒的に多く,そのうち離乳前の子猫が約9割を占めています。

            県では,「飼い主のいない猫の不妊去勢事業」として,引き取り件数を減らす入口対策の取組を拡充することとしています。

            また,出口対策として,引き取った多くの離乳前の子猫の生存率を上げるため,譲渡が可能となる月齢まで適切な飼育を行うミルクボランティアの導入など,効果的な動物愛護推進施策により,譲渡件数を増やし,処分件数をゼロに近づけることを目指してまいります。

            皆様からの温かい御支援により,救える命を救い,すべての犬猫と人が共存し,幸せに暮らせる社会の実現に活用させていただきます。

            〈主な使いみち〉
            ・ミルクボランティア制度の導入
            ・SNS等を活用した情報発信
            ・動物愛護を推進する団体,個人等への助成 など

          • 5)困難を抱える子どもに笑顔と輝く未来を

            子どもは,宮城の希望であり,未来を創る大切な存在です。
            しかし,貧困や児童虐待など,困難な環境に置かれている子ども達も多く存在しており,生まれ育つ環境によって,子ども達の将来の希望が閉ざされることがないよう,支えていくことが必要です。

            県では,地域において子ども達が安心して過ごせる居場所づくりを支援するとともに,児童虐待の未然防止を目的とした見守り支援など,子どもの安全を最優先とした早期対応に努めています。また,子ども・若者やその家族に対し,どんな困りごとでも相談できる窓口を設置し,適切な支援につないでいます。

            どのような環境にある子ども達も,希望に満ちた,輝く未来を心に描き,笑顔で暮らすことができるよう,皆様の温かい応援の気持ちを,子ども達への支援に活用させていただきます。

            〈主な使いみち〉
            ・子ども食堂をはじめとした子どもの居場所づくりに取り組む団体への助成
            ・児童虐待の防止対策や児童相談所の体制強化
            ・児童を保護する一時保護所の環境改善
            ・子ども・若者,その家族等向けワンストップ相談窓口の設置と支援機関のネットワーク強化   など

          • 6)絆がつなぐ伊達なみやぎの観光を応援

            宮城県には,自然,歴史,体験,食,癒やしなどの魅力ある観光資源が数多くあります。
            多くの人に来て楽しんでもらい,震災からの復興や地域の活性化につなげていけるよう,県内一体となって取り組んでいます。

            県では,震災の経験を次世代につなげ,風化を防止するための震災・防災教育など様々な体験と感動がある教育旅行の誘致や豊かな自然・食を楽しむための受入環境の整備,地域の新たな観光資源の発掘と磨き上げ支援などに取り組むための財源として,皆様からの寄附金を活用させていただきます。

            ▽仙台・宮城観光PRキャラクター「むすび丸」から一言▽
            「たくさんの人がみやぎの観光を楽しめるよう応援をよろしくお願いします!」

            〈主な使いみち〉
            ・教育旅行の誘致等への取組
            ・観光施設等の受入環境の整備
            ・新たな観光資源の発掘と磨き上げ など

          • 7)日本一を目指すみやぎの「お米」応援

            「「お米は食べ分ける時代。だから,みやぎ米。」
            美味しいお米は,ひとつじゃない!「みやぎ米」は,食べる方の好みにあった,様々な銘柄をラインナップ。その日の料理や気分によって,お米を食べ分けることを提案しています。

            そんな「みやぎ米」が誇るのは,玄米の常識を覆す「金のいぶき」と天下をとる旨さ「だて正夢」。
            「金のいぶき」は,通常の玄米よりも栄養素が豊富で美容や健康に良く,さらには手軽においしく炊くことができます。
            「だて正夢」はもちもちした食感と強い甘みが特長で,冷めてもおいしいため,おにぎりやお弁当にもピッタリです。

            この「金のいぶき」「だて正夢」を積極的に生産拡大・PRすることで,宮城の農業の担い手を支援していきます。

            〈主な使いみち〉
            ・「金のいぶき」「だて正夢」の高品質・安定生産への支援
            ・「金のいぶき」「だて正夢」の県外消費者へのPR活動

          • 8)頑張るみやぎの水産業を応援!

            宮城県の海は親潮と黒潮が混ざり合う豊かな漁場で,サンマやカキなどの様々な海の幸が水揚げされます。

            東日本大震災により壊滅的な被害を受けましたが,水産業関係者は多くの温かい御支援をいただきながら一丸となって復興に取り組み,美味しくて安全・安心な水産物をこれまで以上に多くの方々にお届けできるよう頑張っています。

            県では,将来を担う子供たちにふるさと宮城の水産業や美味しい水産物について知ってもらい,食べてもらうための取組などを行っており,皆様からの寄附はこのような取組に活用させていただきます。

            〈主な使いみち〉
            ・子ども食堂等への水産物の提供にかかる経費の支援
            ・魚食普及活動で使用する説明資料・ポスター等の作成費用 など

          • 9)日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」文化財で地域を元気にしよう!

            文化庁は地域の特色ある歴史文化ストーリーを世界に発信するため,「日本遺産(Japan Heritage)」を全国で104件認定しています。宮城県では伊達政宗と仙台藩の文化に関連する文化財が「政宗が育んだ“伊達”な文化」(平成28年度認定)として認定されています。

            県では,この日本遺産を保護し、国内外に魅力を発信することによって,教育や観光を軸とした特色ある地域づくりと地域活性化を推進していきます。

            〈主な使いみち〉
            ・日本遺産を通じた地域の歴史文化教育を推進し次世代育成を行うための親子文化財見学プログラム開催・副読本制作等
            ・地元と連携したガイド講座・ワークショップ開催・除草や文化財清掃など地域支援の実施・文化財保護の仕組みづくり など

          • 10)知事おまかせ

            上記1~9のいずれかの事業に活用します。