ふるさとチョイス 使い道でチョイス GCF

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • ほっかいどう
  • しみずちょう
  • 北海道
  • 清水町
このエントリーをはてなブックマークに追加

使い道の最新情報

  • 2016年4月26日(火)16時38分

     

    次代を担う子どもたちの健全育成事業について

    日頃より、北海道清水町のふるさと寄附金にご賛同いただき、大変ありがとうございます。
    清水町では、親が赤ちゃんとゆったりとした時間を一緒に過ごし、「ことば」を語りかけることで、赤ちゃんが喜びを感じ、大切にされていることを知る機会として、ブックスタート事業を行っています。 赤ちゃんの笑顔が親や係わる人にとっても心ふれあうひと時になるよう、生後7~8ヶ月児相談の会場で絵本を聞く体験と一緒に絵本を手渡しています。 この事業では市販の絵本2冊と町民ボランティアの方たちが作成した「とかちしみずあかちゃんえほん」などをコットンバッグに入れてプレゼントしています。この事業はふるさと納税で「次代を担う子どもたちの健全育成」に指定していただいた浄財を活用させていただいています。

  • 2016年4月6日(水)11時11分

     

    アイスホッケーのまちづくり事業について

    北海道清水町のふるさと寄附金では、5つの使い道を指定して寄附をしていただくことができます。そのうちの1つアイスホッケーのまちづくりでは、アイスホッケーによる青少年の育成やアイスホッケーを通じた地域振興に寄附金を活用しています。清水町アイスアリーナを練習拠点とする女子チーム、フルタイムシステム御影グレッズは全国女子チームのトップ8で行われる、日本アイスホッケー連盟主催全日本女子アイスホッケー選手権(Aプール)において準優勝を果たしました。このチームに所属する小野粧子選手、武田莉奈選手、近藤真衣選手は日本女子代表に選ばれ、この3月27日から4月4日までカナダで開催された、2016IIHF女子世界選手権にも参加しています。今後も、選手、チームの育成強化と各種大会の開催、出場への支援などにより、個性的なアイスホッケーのまちづくりに取組んで参りますので、よろしくお願いいたします。

  • 2016年2月5日(金)17時34分

     

    皆様のご支援で快挙達成‼

     1月24日に群馬県伊香保で開催された全国中学アイスホッケー大会で、十勝管内西部の清水御影・芽室・新得屈足で構成する十勝連合Dチームは、準決勝、決勝で強豪の釧路、苫小牧勢を連破し、見事に初出場、初優勝を飾りました。 練習拠点の「清水町アイスアリーナ」がある清水町御影地区では、古くからアイスホッケーが盛んで、町村では珍しい屋内アイスホッケー場を設け、町内はもとより、十勝管内の幼児から一般までの育成強化、大会開催、学生や社会人チームの合宿などで、競技の普及と地域振興に努め、これまでの取組みが大きな実を結びました。 ふるさと寄附金では、5つの使い道の一つに、アイスホッケーのまちづくり事業を設定し、アイスアリーナの施設・環境整備に充ててアイスホッケーの振興や選手育成に取組んでおり、ご寄附をいただいた皆さんのお力添えに深く感謝いたします。 今後も、皆様のご支援とご協力をお願いいたします。

  • 1

選べる使い道

本町では大正時代や昭和の時代から文化やスポーツ活動に親しんできました。そのことが1980年の第九演奏会や清水高校アイスホッケー部の全道制覇などに実を結び、本町の特色として、全国に清水町の名が知られるようになりました。これらの特徴的なまちづくりを更に進めるため、5つの使い途を設定し、寄附する方が指定することができます。

1 第九のまちづくり事業
1980年清水町文化センターのこけら落としとして開催した「第九演奏会」は、以来本町のまちづくりの基軸のひとつとして様々な事業を行っています。第九演奏会など、第九に関連する事業に活用します。例:第九演奏会や第九合唱祭、第九を奏でるからくり時計の維持など、第九に関連する文化的な事業に活用します。
2 アイスホッケーのまちづくり事業
アイスホッケーによる青少年の育成や、異世代交流は本町のまちづくりの特徴です。アイスホッケーを通じた地域振興などに活用します。例:幼児、小中学生、高校生、一般のチームの育成強化や各種大会の開催及び出場への支援などに活用します。
3 次代を担う子どもたちの健全育成事業
少人数学級の推進など、子どもたちが心身ともにいきいきと学び、遊べる環境づくりや、地域全体で育てていく環境づくりを行います。例:少人数学級の推進、児童図書の充実、放課後子どもプランの実践、地域の見守り活動の支援など子育て支援事業の推進などに活用します。
4 森と水・景観の保全事業
日本の食糧基地である十勝・清水町での安全で安心な農業の推進や本町の森やきれいな水を守る活動を行います。例:レクリェーションの森の整備、きれいな水を守る環境の保全、クリーン農業、安全・安心の農業の推進、桜並木、農村風景の維持保存、町内の遺産的価値のあるもの(しみず遺産)の発掘と維持保全などに活用します。
5 花で彩るまちづくり事業
町内を花で飾り、来町する方へのホスピタリティーを表現します。例:シーニックバイウェイ沿線路線の植栽、町内各所花壇の整備、公共施設等の植栽などに活用します。
指定なし
清水町に一任とさせていただきます。

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 11件 13件 19件
寄附金額 617,158円 1,822,140円 1,886,100円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 16件 16件 16件
寄附金額 2,160,000円 3,105,000円 2,050,216円
年度 2014年 2015年
寄附件数 29件 1,097件
寄附金額 2,982,000円 18,156,000円
出典: 総務省より
※2015年は4月~9月の期間の情報になります。

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 9,858人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 33.3%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • -89人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 15.5%全国平均17.7%
  • 過疎状況※平成26年4月1日時点
  • 過疎地域市町村
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 42.1%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

北海道 清水町 基本情報

住所
北海道上川郡清水町南4条2丁目2番地
URL
http://www.town.shimizu.hokkaido.jp/hometown/index.html
TEL
0156-62-2114(内線221)
  • 101.二十世紀梨(JA鳥取中央)【倉吉産】

    爽やかな酸味の中にすっきりとしたやさしい甘みがあるのが特徴!倉吉市では他にも様々な果物をご用意しています!
    2016年4月20日(水)10時35分
  • 特選わら焼き土佐の鰹タタキ 2節入り
    2016年4月1日(金)21時23分
  • 1億円突破!深谷市x田野畑村 復興応援プロジェクト
    2016年4月1日(金)21時06分
  • 濃厚な甘さときめ細やかな食感!クラウンメロン!
    2016年3月22日(火)9時49分
  • くるりん純生ロール&さっくりクッキーシュー
    2016年5月16日(月)14時42分

ふるさと納税とは?

ワンストップサービス

クラウドファンディング

季節特集

おすすめ特集

ふるさとチョイス コラム

 

ページ内の一番上へもどる