ふるさとチョイス 使い道でチョイス GCF

きふたび

寄附者向けセミナー

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • えひめけん
  • いまばりし

愛媛県   今治市

このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

皆さんからいただいた寄附金は、以下の五つのテーマで、まちづくりに活用させていただきます。(寄附申込時にお選びください。)

1.今治を元気にする
○世界的な海事産業の集積を活かした海の都のまちづくり
○みなとを拠点に中心市街地のにぎわいを創出するまちづくり
○多彩な産業を活性化するまちづくり
○多彩な地域資源を磨き、観光や交流を促進するまちづくり
・海事産業の人材育成
次世代に熟練の技能継承を図る「今治地域造船技術センター」への支援や海事教育の推進
・国際海事展の開催
地方都市では日本初となる国際海事展「バリシップ」の隔年開催支援
※2013年は5月23日~5月25日開催
・みなと再生プロジェクトの推進
架橋時代突入により「交通の港」としての機能を失いつつある今治港を「交流の港」として中心市街地と一体的に再生
・しまなみ海道を活用したイベントの実施
自歩道を有するしまなみ海道の特徴を活かした観光振興
※平成26年度は愛媛・広島両県共催の大しま博「しまのわ」を開催
・今治タオルプロジェクトの推進
高品質ブランドとして輸入製品等との差別化を目指す今治タオルプロジェクトを支援
・地産地消の推進 など
島嶼部、山間部、平野部と多彩な地勢の恵みである安全・安心な食を守るため、地産地消を推進
写真:海事産業の人材育成
2.今治の人を育てる
○子どもを中心とした豊かな人間性を育むまちづくり
○みんなの自己実現が可能な社会づくり
○若い世代の未来を拓くまちづくり
○個性を活かして自立する地域社会づくり
・子ども福祉、子育て支援の充実
子どもが真ん中のまちづくりに向け、子育て応援ヘルパー派遣や子育てファミリー応援ショップ事業など地域一丸となり推進
・学校教育の充実
少子化時代に適合した教育環境の創出とともに、小中学校の耐震化の早急実現など地域の宝として子どもを守る
・移住・交流の促進
人口減少に歯止めをかけるため若者の出会い交流を応援するとともに地域おこし協力隊を核に移住促進
・スポーツの振興
平成29年に開催されるえひめ国体(今治開催:ボート、バスケット(成・少年女子)、自転車(ロード)、ソフトテニス(少年男女)、軟式野球(成年男子)へ向けたソフト、ハードの整備)
・文化財の保護 など
国宝の島大三島をはじめ、古くより海上交通の要衝として栄えた今治に数多く存在する文化財の保全・活用を推進
写真:子育て支援の充実
3.今治を守る
○安心して安全に暮らせるまちづくり
○健康で快適に暮らせるまちづくり
○地球にやさしいまちづくり
・高齢者、障害者福祉の推進
お年寄りや体の不自由な方でも安心して暮らせるやさしい町を目指し、ソフト・ハード両面でサポート
・防災体制の充実
東日本大震災を教訓に、自助・共助体制の再構築を図り、公助と合わせた災害に強いまちづくりを推進
・離島航路、生活交通バス路線維持
交通弱者のライフラインを確保しながら、人口減少に対応した新しい交通体系を構築
・瀬戸内海の環境保全
水源の森づくりにより安全な水を供給するとともに東洋のエーゲ海と呼ばれる美しい海洋環境保全を一体的に推進
・環境教育プログラム など
しまなみアースランド「環境教育プログラム」通じ、環境教育・体験都市として地球環境の大切さを世界へ情報発信
写真:山での植林
4.その他(ご希望の分野で)
※寄附申込書の通信欄等をご利用ください。
5.市長に一任
市長が選定した事業に活用

愛媛県 今治市 基本情報

住所
愛媛県今治市別宮町一丁目4-1
URL
http://www.city.imabari.ehime.jp/siminzei/furusato-nouzei/
TEL
0898-36-1510

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 152件 42件 43件
寄附金額 1,319,005円 2,131,500円 2,481,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 66件 358件 1,167件
寄附金額 1,601,500円 7,466,178円 26,836,977円
年度 2014年 2015年
寄附件数 5,112件 13,386件
寄附金額 172,398,277円 506,189,126円
出典: 総務省より
あなたはどっち派?カフェorイベント

ふるさと納税とは?

ワンストップサービス

クラウドファンディング

季節特集

おすすめ特集

Japna Innovation Challenge

ページ内の一番上へもどる