ふるさとチョイス 使い道でチョイス GCF

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

伊勢志摩の玄関口 三重県玉城町 ~松阪牛が広まるきっかけは玉城町から~

古来より伊勢参宮の宿場町、世界遺産・熊野古道の街道起点をなす要衝・伊勢志摩の玄関口

マップ

玉城町の取り組みについて

伊勢へと繋がる、伊勢本街道(参宮街道)

町の中心・田丸は古来陸上交通の要衡であり熊野古道や初瀬街道が伊勢本街道を通り、伊勢に通じていました。
今もJR参宮線田丸駅は町の中央にあり、南方を伊勢自動車道が走り、玉城ICからは伊勢・鳥羽・志摩のアクセスとしてサニーロードがつながっています。伊勢神宮、志摩へは玉城ICからが便利です。

伊勢と大和を結ぶ

最古の街道、初瀬街道 伊勢と大和(奈良)を結ぶ最も古い街道で、伊勢神宮を定めた倭姫命(やまとひめのみこと)も歩いたといわれている。南北朝時代以降は、街道沿いに城下町が築かれたことや参宮の人気の高まりにより、多くの旅人が歩いた。

田丸から出発し熊野へと続く、熊野街道

松阪牛

田丸を起点として熊野へと続く道。

かつて伊勢神宮の参拝を終えた一部の旅人は、さらに聖地を目指し熊野へと歩いたといわれている。

田丸はそんな旅人が巡礼の白装束姿に着替え、出発の準備を整える地として栄えた。

玉城町のシンボル田丸城跡

田丸城跡

田丸城跡

約680年の歴史が刻まれた田丸城跡。南北朝時代に北畠親房(きたばたけちかふさ)が築いたのが始まりで、戦国時代には織田信長の次男、信雄(のぶかつ)が天守を築いて居城とした。

現在、城跡には石垣や天守台などの建造物が当時の姿を留めるほか、1年を通して自然や景観が楽しめるスポットとして多くの人が訪れている。

ページイメージ

神宮ゆかりの地を巡る

伊勢神宮の摂社・末社

125の宮社から成り立つ伊勢の神宮。天照大御神(あまてらすおおみかみ)をまつる内宮と、豊受大御神(とようけのおおみかみ)をまつる外宮の2宮の正宮以下、別宮14宮、摂社43社、末社24社、所管社42社が存在する。

摂社とは平安時代成立の国家法令(ほうれい)「延喜式神名帳」(えんぎしきじんみょうちょう)に記載された神社のことをいう。また、末社は神宮で最も古い記録書の「延暦儀式帳」(えんりゃくぎしきちょう)に載せられた神社を指す。

神宮ゆかりの地を巡る

伊勢神宮と玉城町

玉城町は古代から伊勢神宮と深い関わりがある町。町内には摂社10社(内御同座2社)と末社3社の計13社が鎮座している。

そのいくつかは御杖代(みつえしろ)として天照大神を伊勢に導き、神宮を創始した倭姫命(やまとひめのみこと)がご巡幸の途中に定めたもの。

また玉城町は、内宮の神主を務めた荒木田氏が原野を開拓して暮らした土地でもあった。そのため、荒木田氏を通して内宮との繋がりが生まれ、町内の摂社・末社は全て内宮に所属をしている。

お礼の品の紹介 松坂牛

「松阪牛」を世間に広めるきっかけとなった玉城の人

松阪牛

人生をかけた牛追い道中

一時は明治、「文明開化」が叫ばれている「東京」では、牛鍋が流行。一般家庭でも牛肉が食卓にのぼりつつあった。山路徳三郎は、牛の需要が増えることを予測。東京へ牛を運び、販売しようと考えた。

ところが、車もなければ東京行きの汽車もない時代。考えられる手段は「徒歩」のみ。売物の牛を大切にし、痩せないように牛用のわらや寝床を手配。川渡りなど道中の環境整備を整えるよう計画した。

さて、実行したのは明治10年、徳三郎38歳の時。3班体制を組み、まず10数頭、続いて50数頭、残りは50頭ほど。数日おきに出発し、一人あたり3頭を追いながらの道中だった。1班200mの長さに及び約20日をかけての旅となった。

そして、この光景はめずらしく、人々は〝珍風景〟として見物。商売でも信頼が厚く繁盛した。しかし、明治22年東海道線に鉄道が開通し、幕を閉じることとなる。

毎年5〜6回ほど繰り返された牛追い道中がなくなり、寂しくなったが、平成となった今も語り継がれている。

伊勢神宮と玉城町

○松阪周辺の決められた22市町村での肥育が最終最長である

○黒毛和種のメス牛で未経産

○松阪牛個体識別管理システムに登録している

お礼の品の紹介 玉城豚

手塩にかけて大切に育てあげた新鮮で 臭みのない玉城が誇るブランド豚

豚

玉城豚

「玉城豚」は玉城町で育てられ、年間20,000頭出荷されている。玉城町の人口が15,000人ほどなので、人よりもはるかに多い。 養豚組合では、良い品種の豚を使ったり、共同で飼料のブレンドをしたり、ノウハウを持ち寄り、玉城豚の品質向上に取り組んでいる。 そのため、血色、毛並み、つやなどがより良い玉城豚ができあがるのだ。

お礼の品の紹介 お米

清流宮川が流れる豊かな自然がおいしいお米を育み秋になると稲穂が辺り一面の田園を黄金色に染める。

米作りに欠かせない条件が揃う恵まれた土地と、 農家の人々の温かい気持ちが、おいしいお米を育てている。

お米

玉城町のお米がおいしい!! なぜ!?

豊かな土壌と清流宮川の水

玉城町は伊勢平野の南部にあたり、平坦な地形と温暖な気候、肥沃な土壌に恵まれている。また町内には、国の水質調査で何度も日本一に認定されている清流宮川が流れており、この宮川を水源としてお米が育てられている。

農家の人の温かい愛情

おいしいお米には、長年培われた技術と多くの時間がかけられている。田んぼ作りから稲刈りまでに約半年がかかり、その間に必要な作業は力仕事が多く、とても重労働だ。それでも農家の人々は、食べてもらう人に喜んでもらいたいと想いを込めて作り続けている。

三重県玉城町のオススメのお礼の品をご紹介!

玉城産松坂肉すき焼き「徳三郎(とくさぶろう)」
50,000円以上の寄附でもらえる

玉城産松坂肉すき焼き「徳三郎(とくさぶろう)」

優れた資質、行き届いた肥育管理によって日本でもトップクラスの肉牛として認められた松坂牛。味のすばらしさは「肉の芸術品」として全国のみならず、世界からも称賛されるほどです。

きめ細かいサシ(霜降り)と甘く深みのある上品な香りや、長期肥育することで脂肪の溶け出す温度(融点)が低く舌触りが非常に良いことなどが大きな特徴です。

内容量松坂牛(ロース)1kg

玉城産松坂肉すき焼き「牛追い道中」
30,000円以上の寄附でもらえる

玉城産松坂肉すき焼き「牛追い道中」

優れた資質、行き届いた肥育管理によって日本でもトップクラスの肉牛として認められた松坂牛。味のすばらしさは「肉の芸術品」として全国のみならず、世界からも称賛されるほどです。

きめ細かいサシ(霜降り)と甘く深みのある上品な香りや、長期肥育することで脂肪の溶け出す温度(融点)が低く舌触りが非常に良いことなどが大きな特徴です。

内容量松坂肉(ロース、肩ロース、ウデ)1kg

玉城産松坂肉すき焼き「玉城(たまき)」
10,000円以上の寄附でもらえる

玉城産松坂肉すき焼き「玉城(たまき)」

優れた資質、行き届いた肥育管理によって日本でもトップクラスの肉牛として認められた松坂牛。味のすばらしさは「肉の芸術品」として全国のみならず、世界からも称賛されるほどです。

きめ細かいサシ(霜降り)と甘く深みのある上品な香りや、長期肥育することで脂肪の溶け出す温度(融点)が低く舌触りが非常に良いことなどが大きな特徴です。

内容量松坂肉(ウデ、モモ、肩ロース)500g

玉城豚のとんてきセット(ふるさと味工房アグリ)
10,000円以上の寄附でもらえる

玉城豚のとんてきセット(ふるさと味工房アグリ)

自然豊かな玉城町で、餌から吟味し、丹精込めて健康に育てた「玉城豚」はジューシーで臭みが 無いのが特徴です。

「食の神」伊勢神宮の外宮に奉納した「玉城豚」のロスとんてき肉5枚と、“粒コショウとパプリカ味”のピリ辛ステーキ1枚、“ハーブとコショウ味”の香り豊かなステーキ1枚をセットにしました。

アグリオリジナルの「とんてきのたれ」で、本格的なとんてきをお召し上がりいただけます。

内容量ロースとんてき肉5枚 ピリ辛ステーキ1枚 ステーキ1枚 とんてきのたれ

玉城豚 焼肉4品食べくらべセット
10,000円以上の寄附でもらえる

玉城豚 焼肉4品食べくらべセット

「健康に育った玉城豚」の第二弾! 自然豊かな玉城町で、餌から吟味し、丹精込めて健康に育てた「玉城豚」をシンプルに味わっていただけるセットです。 ジューシーで臭みの無い鮮やかなピンク色をした上質な肉質は新鮮で健康な豚の証拠。今回のセットでは、この上質な豚肉の部位を4種揃えました。

内容量玉城豚ロース焼肉用300g 玉城豚肩ロース焼肉用350g 玉城豚モモ焼肉用300g 玉城豚バラ焼肉用350g

玉城豚のウインナー・ソーセージ詰合せ(ふるさと味工房アグリ)
10,000円以上の寄附でもらえる

玉城豚のウインナー・ソーセージ詰合せ(ふるさと味工房アグリ)

自然豊かな玉城町で、餌から吟味し、丹精込めて健康に育てた「玉城豚」を100%使用しています。

上質な「玉城豚」の旨味を生かした味付けをし、保存料・着色料・増量剤を使用せずに、一つ一つ丁寧に手造りしております。アグリのウインナーは、保存料を使用していないことから、賞味期限を短く設定しております。お早目にお召し上がり下さい。

内容量ウインナー・ソーセージ詰合せ

H27年度 玉城産お米「伊勢ごころ」15kg
10,000円以上の寄附でもらえる

H27年度 玉城産お米「伊勢ごころ」15kg

玉城町は伊勢平野の南部にあたり平坦な地形と温暖な気候、肥沃な土壌に恵まれています。また町内には清流「宮川」が流れており、この宮川を水源に育てた玉城産コシヒカリを使用した「伊勢ごころ」。

選別時に使用する網目を、一般的なものよりも大きくすることで粒ぞろいの良い玉城産のお米だけをJA伊勢にて厳選しました。つや、香り、弾力に優れたお米をぜひご賞味ください。

内容量玉城産コシヒカリ「伊勢ごころ」15kg H27年産(JA伊勢)

H27年産新米 玉城産米「伊勢ごころ」10kgと季節の特産物セット
10,000円以上の寄附でもらえる

H27年産新米 玉城産米「伊勢ごころ」10kgと季節の特産物セット

玉城町は伊勢平野の南部にあたり、平坦な地形と温暖な気候、肥沃な土壌に恵まれています。また町内には清流「宮川」が流れており、この宮川を水源に育てた玉城産コシヒカリを使用した「伊勢ごころ」。

選別時に使用する網目を、一般的なものよりも大きくすることで粒ぞろいの良い玉城産のお米だけをJA伊勢にて厳選しました。つや、香り、弾力に優れたお米をぜひご賞味ください。

さらに、玉城町で採れた新鮮で旬な特産物等も少しお付けします。

内容量玉城産米「伊勢ごころ」10kg 平成27年産(JA伊勢) 玉城季節の特産物等1~2品

H27年産 玉城産米「伊勢ごころ」5kgと玉城町特産品セット
10,000円以上の寄附でもらえる

H27年産 玉城産米「伊勢ごころ」5kgと玉城町特産品セット

玉城町は伊勢平野の南部にあたり、平坦な地形と温暖な気候、肥沃な土壌に恵まれています。また町内には清流「宮川」が流れており、この宮川を水源に育てた玉城産コシヒカリを使用した「伊勢ごころ」5kg。

さらに、創業300年余の伝統を誇る醤油店・伊勢古里屋が造るこだわりの「伊勢うどん」、一村逸品大賞(日本農業新聞主催)金賞を受賞した「玉城豚ジャーキー」、玉城豚を使用した特製カレー『まめまめブーブーカレー』、田丸城にちなんだ銘菓『お城最中』、お姫様の姿 ・ 気品 ・ 優雅さを最中に込めた『姫最中』の豪華詰合せです。

内容量玉城産コシヒカリ「伊勢ごころ」5kg H27年産(JA伊勢) その他の特産品【予定】 伊勢うどん(ミエマン醤油) お城最中・姫最中(吉祥庵) まめまめブーブーカレー(野の花亭) 玉城豚ジャーキー(ふるさと味工房アグリ)

伊勢の味 うどんアラカルト4食入り×4箱(ミエマン醤油西村商店)
10,000円以上の寄附でもらえる

伊勢の味 うどんアラカルト4食入り×4箱(ミエマン醤油西村商店)

第62回神宮式年遷宮記念セット。ミエマン自慢の伊勢うどん2食、的矢かきのエキスが決め手の伊勢志摩焼うどん1食、30種類のスパイスに蜂蜜とりんごが合わさった伊勢スタイルで味わうカレーうどん1食が入った、3種類のうどんが楽しめるアラカルトセットを4箱お届けします。

内容量アラカルトセット4箱 伊勢うどん2食 伊勢志摩焼うどん1食 カレーうどん1食

生ゆば詰合せ(伊勢屋豆兵衛)
10,000円以上の寄附でもらえる

生ゆば詰合せ(伊勢屋豆兵衛)

三重県内で契約栽培された大豆「ふくゆたか」のみを使用し、甘みと香りの高い大豆製品を製造している創作ゆば専門店「伊勢屋豆兵衛」。大豆は高タンパク低カロリーで健康に良い「畑のお肉」と言われており、子供から高齢者の方々の健康に寄与します。

生ゆば、手作り豆腐、豆乳の他、甘味料を一切用いず、大豆本来の甘みを極限まで引き出したスイーツ「豆醍醐」の詰合せです。三重県産大豆のほのかな甘味と香りをご堪能ください。

内容量生ゆば 手作り豆腐 豆乳の他 スイーツ「豆醍醐」

使い道で選ぼう!

ふるさと納税とは?

ワンストップサービス

クラウドファンディング

季節特集

おすすめ特集

ふるさとチョイス コラム

 

ページ内の一番上へもどる