ふるさとチョイス 使い道でチョイス GCF

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

福岡県柳川市

柳川名物55種類

有明海の恵みとのどかな田園風景に包まれた柳川市は、詩聖・北原白秋先生をはじめとする多くの文人を生んだ、文化の香り漂う水郷のまちです。市内の約18万4000㎡が国の名勝に指定されており、まちのいたるところに巡る掘割は、お堀めぐり(川下り)コースとして柳川ならではの時間を演出します。

12月には、お礼の品の全面リニューアルを実施。うなぎや海苔、酒、宿泊プランなど柳川自慢の商品の品揃えをさらに充実させました。また、新たに柳川産博多和牛やプレミアム特産品などを追加。ぜひ、新たな柳川の魅力に触れてみてください。

福岡県柳川市

日本出身力士として10年ぶりの優勝に輝いた大関琴奨菊

大相撲初場所で日本出身力士として10年ぶりの優勝に輝いた大関琴奨菊関。柳川市は琴奨菊関の出身地でもあります。

大関のふるさと納税

大関は、昨年の5月場所から1勝ごとに1万円をふるさと納税として柳川市へ寄付しています。綱とりがかかる春場所は、全勝優勝を期待しています。

限定セット

柳川市では大関琴奨菊関の初優勝を記念し、「大関琴奨菊 初優勝記念 焼酎セット」を300セット限定で受付中。今回は特別に、普段市場に出回らない琴奨菊関の似顔絵入りラベルを含めた3本セット(芋焼酎2本、麦焼酎1本)をお届けします。

焼酎セット
10,000円以上の寄附でもらえる


柳川といえば、名物のうなぎ!

柳川名物うなぎの画像

柳川名物うなぎ

江戸時代からうなぎ料理が盛んだった柳川。現在も、うなぎは柳川グルメの代表格として、観光客などに人気です。

柳川市で年間に消費されるうなぎは、なんと150万匹。栄養価が高いうなぎは、夏バテ予防に最適な食材。また、老化防止や成人病予防にもおすすめです。

 

柳川では、20軒を超えるうなぎ屋が、代々受け継いできた秘伝の製法で腕を競い合っています。

もちろんお礼の品にも、名物うなぎの関連商品がズラリ。かば焼きをはじめ、手軽に楽しめるおにぎりなど10種類のうなぎ商品を取り扱っています。

背景

福岡県柳川市の自慢のうなぎのお礼の品はこちら

 



のびのびと育った柳川産博多和牛

柳川産博多和牛

博多和牛は、登録された農家が、福岡県内産の稲わらを主食とした良質な飼料で育てた黒毛和牛です。その中でも柳川産は、広大な干拓地で、のびのびと育ち、やわらかでジューシーな肉質が特徴。口に含むと、上質な旨みと甘みが口の中いっぱいに広がります。

柳川産博多和牛
背景

柳川産博多和牛のお礼の品はこちら

 



国の名勝に指定された掘割を巡るお堀めぐり(川下り)

川下りの画像1
川下りの画像2

お堀めぐり(川下り)

柳川を最も印象づける川下りの風景。この美しい掘割が「水郷柳河(すいきょうやながわ)」として国の名勝に指定されました。
水郷と呼ばれる柳川市に張り巡らされた掘割の総延長は約930km。川下りでは、この掘割の一部を定員15名ほどの小さなどんこ舟でゆっくりと進みます。木陰さす掘割沿いは桜や菖蒲、紅葉など季節によって風景が大きく変化。また、夏には期間限定で夜の川下りも楽しめます。

川下りの画像3

 

さげもんめぐりの画像

おひな様水上パレード

さげもんめぐり

柳川では、女の子が生まれた初節句に、ひな壇のまわりに「さげもん」を飾るのが慣わしです。毎年2月11日から4月3日にかけて「柳川雛祭り さげもんめぐり」が行われ、期間中さまざまなイベントが開催されます。祭りのメインイベント「おひな様水上パレード」では、雅な衣装で着飾った稚児たちがどんこ舟に乗り込んで川下りコースをパレード。コース沿いには多くの観光客や写真愛好家が集まり、にぎわいを見せます。

335*250

 

大人2名様を柳川1泊の旅にご招待

毎年100万人以上の観光客が訪れる柳川市。そんな柳川自慢の宿泊施設が利用できるペアチケットをご用意しました。

掘割やお堀めぐりなど豊富な観光資源に恵まれている柳川市は、各地へのアクセスも充実しています。西鉄電車を使えば、福岡市中心部から約45分。車で約30分の距離にある佐賀空港を利用すれば、東京からの日帰り旅行なども可能です。

また、隣接するみやま市には九州自動車道「みやま柳川IC」、筑後市には九州新幹線「筑後船小屋駅」があり、九州内はもちろん関西圏からのアクセスも抜群。充実したアクセスを利用して、文化の香り漂う水郷のまち柳川へ、ぜひお越しください。

背景

福岡県柳川市の宿泊プランのお礼の品はこちら

 



干満差日本一の海で生まれた有明のり

市場で高い評価を受ける有明海のノリ

潮の干満差が最大6メートルと日本一を誇る有明海。この干満の差を利用して養殖されたノリは、柔らかさと豊かな風味を兼ね備え、市場で高い評価を受けています。このため、有明海は全国一の海苔の生産地となっています。

有明海のノリ 有明海のノリ

有明の海苔セットは、5商品をご用意

有明海のノリ

 



筑後平野に育まれた純な米と水で作る柳川の「酒」

上質な米と清らかな水、その中で生まれた「国の寿」

柳川市がある筑後地方は、筑後川の豊かな水流と肥沃な土壌を活かし、昔から酒作りが盛んでした。上質な米と清らかな水、その中で生まれた「国の寿」。 手間をかけて厳選された素材は、精米、洗米、麹づくり、酒母づくり、もろみ発酵などの工程を経て、「国の寿」ならではの味になります。

柳川の酒
10,000円以上の寄附でもらえる

 

国の寿 壽限無セット

酒造用米の山田錦と福岡県が開発した夢一献(ゆめいっこん)を交配した酒造米の品種「壽限無(じゅげむ)」。その米を使った、口当たりが良くフルーティな味わいの「純米吟醸」と、スッキリとしたキレが心地よい「特別純米」をお届けします。

この他にも焼酎セットなどを取り揃えています。

 



日本を代表する柳川の詩人北原白秋

柳川を愛し、今も人々に愛されている白秋

柳川が生んだ近代日本文学を代表する詩人であり童謡作家、北原白秋。ふるさと柳川に思いをはせ、心に揺らめく言霊を詩歌にのせた白秋は、絶筆となった『水の構図』に、「この水の柳河こそは我が詩歌の母体である」と創作の原点が柳川にあることを述べています。

白秋の作品は、近代文学に輝かしい足跡を残し、人々の心の中で今も愛され続けています。

市内では、白秋の命日である11月2日を挟んだ3日間「水上パレード」を実施。ほおずき提灯などで飾られた80艘のドンコ舟が、夜のお堀を美しく照らします。また、毎年1月25日に開催される白秋生誕祭では、白秋生家前から白秋詩碑苑までパレードし、詩碑苑で式典を行います。

北原白秋
「水上パレード」

北原白秋抒情小曲集 思ひ出&銘酒「潮(うしお)」

明治44 年に発表された第2詩集「思ひ出」は、白秋が明治の文壇に躍り出るきっかけになった出世作。柳川藩御用達の銘酒「潮(うしお)」とともに白秋の世界をお楽しみください。

北原白秋抒情小曲集 思ひ出&銘酒「潮(うしお)」
10,000円以上の寄附でもらえる

 



使い道で選ぼう!

ふるさと納税とは?

ワンストップサービス

クラウドファンディング

季節特集

おすすめ特集

ふるさとチョイス コラム

 

ページ内の一番上へもどる