ガバメントクラウドファンディング

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

よくある質問

ふるさと納税についての質問

ふるさと納税制度ってどんな制度なの?

寄附(ふるさと納税)した金額は全額、税金から控除されるのですか?

2015年のふるさと納税[ふるさと寄附金]の受付はいつから?

ふるさと納税制度の「ふるさと」って生まれた故郷のこと?

控除上限額が30,000円と言われました。一番効率のよい寄附金額はいくらですか?また控除上限額よりも多い場合、少ない場合の控除額を教えてください。

複数の都道府県・市区町村に寄附をすることは出来るのですか。

税金が実際に控除されるのは、いつになりますか。

確定申告をしない場合はどうしたらいいのですか。

寄附金はどのように使われるのですか。

ふるさと納税についての詐欺の心配はありませんか。

ふるさと納税は、毎年することができるのですか。

寄附金の額に決まりはありますか。

そもそも「控除」ってどういう意味ですか?

夫婦で同じ地域に寄附をすることはできますか?

株式の譲渡益がある場合、特定口座でも申告した方がよい、と言われたのですが

ふるさと納税は「現住所の自治体にも出来る」のでしょうか?

62歳の年金生活者です。申告での所得税の課税はありませんが、源泉徴収された株の譲渡益の所得税額が有ります。この場合ふるさと納税の控除対象になるでしょうか?

「この自治体に寄附を申込む」ボタンが表示されません。

家族でメールアドレスを共用しています。二人登録することは可能ですか?

控除上限額は2015年の収入金額がベースになる、と言われたのですが。

ふるさとチョイスについての質問

キャンセルしたい場合の手続き方法は?

ふるさと納税は「寄附」なので原則として寄附後のキャンセルはできません。ただし、何らかの事情でどうしてもキャンセルが必要な場合は直接寄附先の自治体へご相談ください。

申込み時に名前や住所、お礼の品、メールアドレスなどを間違えて入力してしまった!

お手数ですが、寄附をした自治体に直接お問い合わせください。

ワンストップ特例に必要な書類はどこから入手するの?

寄附時に「申請書を希望する」という項目が無かった場合は、寄附先の自治体へ申請書の郵送を要望する旨、寄附者自身にて自治体へご連絡をお願いします。

平成27年度「ふるさと納税」税制改正について

ふるさと納税の制度改正について、法案の元となる「与党の27年税制改正大綱」が発表されました。

<与党の27年税制改正大綱>


<寄附者から見た場合、大きく変更になる点は2点>

  1. 控除(個人住民税所得割額)の限度額を現行1割から2割に引き上げる
  2. 条件によっては確定申告が不要になる

税制改正について詳しくはこちらのページをご覧ください

申し込んだのに「申し込み完了メール」が届かない。

弊社ではAOLメールはご利用できません。またHotmailでも弊社からのメールが届きにくいようです。
また、フリーメール・携帯メールをご利用の場合は、迷惑メールフォルダ等に振り分けられる可能性がございますので、trustbank.co.jpドメインを許可するよう設定してください。

お申し込み内容を入力し、入力内容確認後「送信する」ボタンをクリックし、「送信完了」という画面が表示されていれば、お申し込みは完了しております。
通常では、お申し込み完了後、数分以内にふるさとチョイスよりお申し込み完了メールが自動配信されますが、メールが届かない場合は、以下の理由が考えられます。

  1. 入力したメールアドレスが間違っている。
  2. 迷惑メールフォルダに振り分けらている。
    →迷惑メールフォルダをご確認ください。
  3. メールBOXが一杯になっている。
    →不要なメールを削除し、再度受信を行ってください。
  4. アドレス指定受信をしている。
    →furusato-tax@trustbank.co.jpを登録してください。

ふるさとチョイスからのメールが文字化けしていて読めない

一部のメールソフトにて文字化けが発生する場合がございます。
ふるさとチョイスから送っているメールでは、UTF-8という文字コードを使っていますので、お使いのメールソフトで文字コードを 「UTF-8」に変更して頂くと正常に表示されます。

YAHOO公金決済(クレジット決済画面)に行く前に画面を閉じてしまった!もう一度最初からやると、二重になってしまいますか?

お申込完了時に弊社からお送りしているメールに、Yahoo!公金へアクセスするURLの記載がございますのでそちらのメールをご確認下さい。

申込みから8時間経過してしまった場合、自動的にキャンセル扱いとなりますので、もし8時間経過してしまった場合は大変お手数ですが再度ふるさとチョイスからお申込みをお願い致します。

ふるさとチョイスから申込みし、メールは届いたがその後「お礼の品」や「寄附金控除証明書」についての連絡がないので心配です。

自治体によって、「お礼の品」 の配送に数ヶ月を要する場合がございます。また「寄附金控除証明書」はクレジットカードなどの場合は自治体への業者からの入金後に発送するため、お時間を要する自治体が多いですし、年末に一斉に発送する自治体もございます。
対応が自治体により異なりますので、心配な場合はお申込みした自治体に直接お問合せをして確認することをおすすめいたします。

また、ふるさと納税は自治体への寄附であり、「お礼の品」はあくまで寄附のお礼であることをご承知いただき、通信販売などのサービス業ではないことをご理解くださいませ。

ふるさとチョイスの「ページは開くが文章がまったくない」「申し込みページが開けない」「ページが読むのが困難なくらい崩れて表示される」

こちらの現象につきましては、Google Chromeで、アドオン【Norton Security Toolbar】を使用されている場合に発生します。

Google Chromeで、アドオン【Norton Security Toolbar】

対応策:
表示されているツールバーの左から2番目に上向きの矢印がありますが、こちらでツールバーを隠していただくことで表示が直ります。

隠しても機能上の影響はないとNorton社から回答を頂いております。

ご面倒おかけし申し訳ありません。引続きよろしくお願いいたします。

ふるさとチョイスのホームページが表示されない。

インターネットの接続ができているにもかかわらずホームページが表示されない場合は、ブラウザーのキャッシュが原因になっていることが考えられます。

大変お手数ですが、以下方法でブラウザのキャッシュクリアを行ってみて下さい。
「ツール」→「インターネットオプション」の「全般」タブ→「閲覧の履歴」にある「削除」ボタンを押す。

「閲覧の履歴削除」ウィンドウにある「インターネット一時ファイル及びWebサイトのファイル(T)」にチェックして、「削除」ボタンを押す。
お使いのブラウザのバージョンによって、少し方法が違うかもしれないのでこちらのURLを確認の上、ご対応お願い致します。

Internet Explorerをご利用の場合はこちらをご覧ください。
>>インターネット一時ファイルを削除する方法[Microsoftサポート]

「会員登録はこちら」や「申し込みフォーム」のページが表示されない。

お使いのブラウザが「インターネットエクスプローラー」であれば、以下の手順で設定を見直してください。

  1. 右上の歯車のツールメニューから、
  2. 「インターネットオプション」を選んでいただき
  3. 出てきたウィンドの、「詳細設定」タブをクリック
  4. セキュリティ項目にある、「TLS1.0を使用する」「TLS1.1の使用」「TLS1.2の使用」にチェックを入れる
  5. 「適用」ボタンをクリック
  6. 「OK」ボタンをクリック

これにより、セキュリティが強化されて接続できる可能性があります。

うまくいかない場合は、今お使いのブラウザ以外でのご利用をお試しください。
・インターネットエクスプローラ(IE)
・Firefox
・Google chrome など

「この自治体に寄附をする」ボタンが表示されていない自治体がある。

「この自治体に寄附をする」というボタンが出ていない自治体については、自治体のHPに記載の方法でお申し込みをいただく必要があります。

例えば、新潟県 弥彦村様 ですと、
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/15342
ページの下の方に、自治体HPへのリンクを記載しています。

以下が新潟県 弥彦村様のHPになります。
http://www.vill.yahiko.niigata.jp/furusato-nozei/index.html

こちらの自治体HPに進んでいただき、記載の方法でお申込みいただくことになります。

全ての自治体で「ふるさとチョイス」からお申し込みいただけるよう、徐々に拡大していますが、ご面倒をおかけして申し訳ございません。

寄附を申込する人と寄附のクレジットカード決済をする人が違っても大丈夫ですか?

原則は寄附申込者とその寄附のクレジットカード決済者は同一でなければ、「寄附金税額控除申告書」は有効となりません。寄附控除を受ける方と決済をする方は同一である必要があります。 もし間違えて寄附をしてしまった場合は、お手数ですが、ふるさと納税をした自治体に直接お問合せいただき修正等の依頼をしてください。ふるさとチョイスでは修正することができませんのでご了承ください。

ふるさと納税制度ってどんな制度なの?

ふるさと納税は、「税金を故郷に納税する制度」というように思う方がほとんどですが、実は「寄附」となります。

正式名称は、住民税の「寄附金税額控除」といい、「寄附」を通じて、住民税の一部を「自分のふるさと」である地方公共団体に移す制度なのです。

寄附をする地方公共団体は「生まれ故郷」である必要はありません。自分の好きなところを選ぶことができます。もちろん、生まれ育った街でもいいし、自分の好きな街、お世話になった方が住んでいる街でもいいわけです。地方公共団体であれば、どこでもOKです。

>>もっとくわしく「ふるさと納税」を知りたい

寄附(ふるさと納税)した金額は全額、税金から控除されるのですか?

いいえ全額ではありません。

寄附金控除には適用下限額(2千円)があり、また地方自治体に対する寄附の場合の特例の控除については、個人住民税所得割の「2割(20%)」(法改正)までという制限があるからです。

おおむね個人住民税所得割額の「2割程度」(法改正)までの寄附金であれば、寄附金額から2千円を差し引いた額が控除されることになります。(所得税の軽減分と個人住民税の税額控除分を合計した場合です。)それを超えると税額から控除される割合は減少します。

※源泉徴収票や確定申告書の控えをご用意の上「ふるさとチョイス」を見たとお電話いただければ【無料】で税金控除額(目安)をご案内いたします。

 03-3778-2202  平日10:00-12:00,13:00-15:00  メール:taxmmi@m-m-i-g.com 

※10/13~10/14はエムエムアイグループ全体研修のため、ふるさと納税のご相談をお休みさせていただきます。
※メールでお問合せの際、弊社が受信出来ていない場合がございます。
 3~4営業日返信が来ない場合、お手数ですがお電話にてご連絡下さいませ。

税理士法人エム・エム・アイhttp://www.mmigr.jp/

※控除額等のご質問は、ふるさとチョイスにご連絡いただきましてもご対応しかねますので、税理士法人エム・エム・アイを始め、お住まいの自治体にご相談ください。(※年末にかけてお問合せが多くなるためお電話が繋がりにくい場合がございます。)

>>控除になる寄附金額の目安はこちら

2015年のふるさと納税[ふるさと寄附金]の受付はいつから?

ふるさと納税の受付期間の制限はございません。1年中いつでも受付ています。(※ただし、自治体がお休みの日は受付も休みです。)
ただし、確定申告をして税金控除を考えている方は基本的に2015年1月1日~2015年12月31日の間に寄附した金額を申告することになりますので、2015年に確定申告をお考えの方は2015年12月31日までに寄附を済ませる必要があります。

ふるさと納税制度の「ふるさと」って生まれた故郷のこと?

いいえ。寄附をする自治体は「生まれ故郷」である必要はありません。自分の好きなところを選ぶことができます。もちろん、生まれ育った街でもいいし、自分の愛着のある街でもいいわけです。自治体であれば、どこでもOKです。

しかも、複数の自治体に寄附をすることが可能です。

>>実は、ふるさと納税は自分の生まれ故郷でなくてもできるのです。

控除上限額が30,000円と言われました。一番効率のよい寄附金額はいくらですか?また控除上限額よりも少ない場合の控除額を教えてください。

30,000円が控除上限額の場合30,000円を寄附することが一番効率がよいです。※最低2,000円の自己負担は必ず発生します。

・30,000円を寄附した場合の自己負担は2,000円となります。
  ※この場合の控除額は28,000円となります。

・10,000円を寄附した場合の自己負担は2,000円となります。
  ※この場合の控除額は8,000円となります。

>>ふるさと納税の流れ

複数の都道府県・市区町村に寄附をすることは出来るのですか。

可能です。寄附先の団体数に制限はありません。

都道府県の寄附申込書は、都道府県と市町村のどちらでも申し込みいただけます。
また、都道府県と市町村の両方に寄附ができるところもあります。

なお、複数の都道府県・市区町村に対し寄附を行った場合は、その寄附金の合計額に基づいて軽減される税金の額が計算されます。

税金が実際に控除されるのは、いつになりますか。

2015年1月1日~12月31日までの寄附金は、

住民税の場合→2016年6月以降納めていただく2015年度の税金について、本来納めていただく税額より軽減されます。
サラリーマンであれば、2016年6月頃にお勤めの企業に2016年分の住民税額が記載された「住民税決定通知書」が送られます。その項目の一つに寄附金の税額控除が記載されます。

所得税の場合→2015年の所得税が軽減されます。
所得税は、住民税と違い、直接、寄附者の銀行口座など指定した口座に控除分が振り込まれます。

したがって、寄附金の税額控除は、翌年度分の住民税と当該年の所得税がそれぞれ控除されることになります。

>>例えば4万円納税しても、3万8千円の税金控除されることも!

確定申告をしない場合はどうしたらいいのですか

寄附金を支払った年の翌年1月1日現在の住所地の市区町村に対して、住民税の申告を行えば住民税の軽減を受けることができます。(サラリーマン、年金受給者の場合は、簡易な申告書を提出すればよいこととなっておりますので、自治体からから郵送される「寄附金税額控除申告書」をご利用ください。)

ただし、この場合、所得税の軽減は受けられませんのでご注意下さい。

寄附金はどのように使われるのですか。

さまざまな使い道を選ぶことができる地方自治体もあります。

自分の税金の使い道、使う地方自治体を指定することができるふるさと納税(寄附金)は素晴らしい制度です。

>>使い道はあなたが決める。こんな納税、他にありますか?

ふるさと納税についての詐欺の心配はありませんか。

ふるさと納税(寄附金)は、寄附をしようとする方が申し込みをしたうえで、指定された方法で支払うこととなります。

お申し込みをしていない方に、送金をお願いすることは絶対にありませんので、詐欺行為には、くれぐれも注意していただきますようお願いします。

ふるさと納税は、毎年することができるのですか。

寄附金控除は、毎年受けられます。したがって、毎年同様の手続きを行うことにより、継続してふるさとを応援していただくことができます。

ただし、特産品や特典などは地域によって、年に1度の送付としているところが多いようです。詳しくは各地域(自治体)にお問合せください。

>>寄附する地域を選ぶ

寄附金の額に決まりはありますか。

寄附していただく金額に決まりはありません。いくらでも寄附をしていただくことができます。ただし、寄附金控除の適用下限額は2,000円となっています。

そのため、寄附金額が適用下限額以下の場合は、税の控除を受けることはできません。

ただし、控除の限度額は個人個人で異なりますので、ご注意ください。

>>控除になる寄附金額の目安はこちら

そもそも「控除」ってどういう意味ですか?

控除とは「差し引く」「引く」という意味です。ふるさと納税の例でいうと、寄附をする人の年間住民税のおおよそ2割を上限に控除(差し引き)されます。
例えば年間住民税が30万円の方は6万円程が控除の対象となり、ある年度に6万円の寄附をして確定申告すれば、翌年度の住民税が30万-6万程=24万程となります。
30万円から6万円程が控除され、24万円程となるということです。
住民税の2割というのはあくまで目安ですので、詳しくは国税局へお問合せください。

>>控除になる寄附金額の目安はこちら

夫婦で同じ地域に寄附をすることはできますか?

はい、可能です。夫婦であるないは関係なく、(また家族であるかどうかは関係なく)個人個人で考えます。なので、夫婦で共働きの場合は夫婦共に同一の自治体に寄附をしても税金控除はそれぞれに適用されます。
また専業主婦の場合はその主婦の方個人の寄附をした場合はもちろん税金控除は適用されません。

株式の譲渡益がある場合、特定口座でも申告した方がよい、と言われたのですが

ふるさと納税の控除上限額は、住民税所得割額によって決まります。
 株式の譲渡益は、特定口座の場合は申告不要ですが、申告することで住民税所得割額が大きくなりますので、控除上限額を大きくしたい場合は、特定口座の場合でも申告する必要がございます。
 ※特定口座の株式の譲渡益を申告すると、合計所得金額も大きくなりますので、扶養から外れたり、国民健康保険料が上がったり、その他の税制上の特典が受けられなくなってしまう恐れがございますので、充分にご注意ください。

ふるさと納税は「現住所の自治体にも出来る」のでしょうか?

現住所の自治体にお問い合わせください。
 一部の自治体では、ふるさと納税の寄附は受け付けるが、お礼の品はもらえないなどの規定ございます。
各自治体によって対応は異なる場合がございますので、現住所の自治体にお問い合わせいただくことをおすすめいたします。

62歳の年金生活者です。申告での所得税の課税はありませんが、源泉徴収された株の譲渡益の所得税額が有ります。この場合ふるさと納税の控除対象になるでしょうか?

源泉徴収された、というのは特定口座のお取引であると思われますが、その場合は確定申告をする事によってふるさと納税の控除対象となります。しかしながら、扶養から外れる・国民健康保険料の値上がり等、デメリットがございますので、慎重な判断が必要となります。

簡易的な株式譲渡益のふるさと納税の上限額は、かかる住民税(現状5%)の2割となります。

「この自治体に寄附を申込む」ボタンが表示されません。

「この自治体に寄附を申込む」ボタンは、ふるさとチョイスから直接お申込みをしていただける自治体のみが表示されます。
ボタンが出ていない自治体については、ページの一番したにある「基本情報」に該当のURLが掲載されておりますので、そこから自治体のホームページ等に遷移して申込を行ってください。

家族でメールアドレスを共用しています。二人登録することは可能ですか?

共用することは可能です。
ただし、「寄附申込みフォーム」を開いた際に、会員情報として登録されている情報が自動的に入りますので、共用し、かつ登録した方でない方の名前で寄附をする場合は、入力の際に寄附者名等を修正する必要がございますのでご注意ください。

また、マイページの「寄附申込履歴」はメールアドレスごとに管理され、共用した場合に分けて管理されておりませんので、同一の方が寄附をしたとして表示さます。

「寄附申込履歴」のメモをご活用いただくことで管理することは可能ですが、できればそれぞれの方で別のメールアドレスで登録することをおすすめいたします。

控除上限額は2015年の収入金額がベースになる、と言われたのですが。

2015年の控除上限額は、2016年の個人住民税所得割をベースに計算いたしますが、2016年の個人住民税所得割は2015年の収入金額に基づいて算出されます。したがいまして、正しい控除上限額は2015年12月31日に初めて確定することとなります。
2014年と収入や支出や家族構成が大幅に変わると見込まれる場合(就職・退職・所得の変動が激しい個人事業・多額の医療費など)は、控除上限額が大幅に変動する場合がございますのでご注意ください。

登録した会員情報を変更したいのですが

マイページにログイン後「登録情報変更」メニューより登録内容の編集が可能です

メールマガジンの受信設定はどこからできますか?

会員登録をしている場合は、ログインしていただき、マイページの「登録情報変更」よりメールマガジン受信の可否設定が可能です。
会員登録されていない方で、メールマガジンの受信・解除の設定を行う場合は こちらよりお手続きください。

ふるさとチョイスから寄附を申し込んだのにマイページの寄附履歴に反映されていないことがあるのですが

会員登録をしていた場合でも、いつもと違うブラウザから申し込む等、ふるさとチョイスにログインしていない状態で寄附された場合は寄附履歴に反映されません。この場合はお手数ですが、寄附履歴に手動で履歴を追加できる機能がございますので、こちらをご利用ください。

会員登録しないと寄附申込みができないのでしょうか?

ふるさとチョイスでは会員登録しなくても寄附の申込みが可能です。寄附申込みフォームで「ログイン」を促すウィンドウが表示された場合、ウィンドウ下部の「会員登録しないで進む」をクリックすると、ログインや会員登録をせずに寄附の申込みが可能です。

ふるさとチョイスCafe

使い道で選ぼう!

ふるさと納税とは?

ワンストップサービス

クラウドファンディング

季節特集

おすすめ特集

ふるさとチョイス コラム

 

ふるさとチョイスTV
Japna Innovation Challenge

ページ内の一番上へもどる